高千穂峡ボート大幅値上げ3名乗船だと6000円に|2021年秋より2年半休止?

▶ in ニュース・地域の情報他 posted 2020.01.19 Sunday / 10:30

今回は、高千穂峡のボートに関する話題「3月より高千穂峡のボート料金の大幅値上げ」「高千穂峡のボートは2021年秋より2年半の間乗れなくなる可能性」この2つを掲載します。

高千穂峡ボート3人乗船の場合 現行2000円→6000円に値上げ


 高千穂町観光協会は1月14日、同協会が運営する高千穂峡貸しボートの料金を3月1日より、現行の30分2000円から、最大6000円に値上げすると発表しました。

新緑の高千穂峡 真名井の滝とボート
新緑の高千穂峡 真名井の滝とボート
(自然景観的には、ボートが少ない方が嬉しいが・・)


値上げ前 値上げ後のボート料金(30分間の料金)

一艇乗船人数現在の料金3月改定後の料金
一人2000円4000円
二人2000円5000円
三人2000円6000円
未就学児含む場合4人まで2000円未就学児は500円


二人で30分5000円 学生さんなどには辛い出費かも?

高千穂町観光協会は、値上げに踏み切っても貸しボートの利用者数に影響はないとみていて、ボートによる収入はこれまでの倍以上に増えると予想しているようです。

どうでしょうね? 
リピーターなどは、高いから乗らないという人もいると思います。

ボートは圧倒的に2人乗船が多いと思いますが、2人乗船の場合 2,000円→5,000円となり2.5倍もの値上げとなります。
この価格設定、学生さんとか辛いのではないでしょうか? 学割とかあっても良さそうな気もします。

年間を通して一律料金ではなく、閑散期の平日などは割引料金にした方が稼働率が上がり収益も上がるので良いのではないでしょうか?

GWを目途にボートは完全予約制に、また宿泊者の優先枠を確保

高千穂峡のボートは、ゴールデンウィークをめどにインターネットによる完全予約制に移行するほか、宿泊者の優先枠を確保して待ち時間の解消につなげたい考えとのことです。

高千穂峡のボートは高千穂観光協会の大きな収入源

高千穂峡ボートの2018年度の利用料収入は 約1億3718万円(高千穂観光協会の収益の46%)、高千穂神楽の拝観料 約3348万円を併せると約56%を占めるようです。
2010年に発生したボートへの落石事故での一時事業休止や、16年に起きた熊本地震の影響による利用者激減で債務超過に陥った時期もあったようで、今回の利用料金値上げで経営の安定強化を図り、安全対策も強化するとのことです。

観光客向けの「高千穂神楽」は700円→1000円に

毎夜、高千穂神社神楽殿で観光客向けに4番公開されている「高千穂神楽」の拝観料は、現在の700円より1000円となるようです。
増収分は、次世代への伝統継承に向けた活動費に充てる予定とのことです。
高千穂神楽
観光客向けに毎晩公開されている「高千穂神楽」


高千穂神楽の1000円への値上げは、十分その価値はあると思いますし、理解できます。しかし・・高千穂峡のボートの大胆とも思える価格設定には、正直言って驚きました。

高千穂峡のボート・高千穂神楽料金値上げのお知らせ

(画像は高千穂観光協会サイトより)
高千穂峡ボート・高千穂神楽 料金値上げのお知らせ
 


続きを読む>>

- | -

高千穂観光メインページへ戻る


-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

PAGE TOP