back 戻る宮崎観光ページへ〕   〔高千穂観光ページへ〕  

高千穂峡(たかちほきょう) [五箇瀬川峡谷(高千穂峡谷)]

Takachiho Gorge (Takachiho Town)

高千穂峡のボートより真名井の滝・御橋
高千穂峡のボートより真名井の滝・御橋


高千穂峡はうらぎらない

観光地に行って、こんなもの?と、落胆した経験はありませんか?
ご安心ください、高千穂峡へ行けば、イメージしたままの、いや、それ以上の光景がそこにあります。

ボートに乗らずして高千穂峡を語るなかれ

高千穂峡のメインスポットである真名井の滝周辺は、遊歩道沿いの展望所からからも一応見る事は出来ますが、遊覧ボートからの眺めは全く違い、とにかく素晴らしいです! 

高千穂峡のボートより真名井の滝・御橋
高千穂峡のボートより真名井の滝・御橋


高千穂峡は阿蘇山噴火の溶岩流跡

高千穂峡は約12万年前と約9万年前の二回の阿蘇火山活動の際、噴出した溶岩流(火砕流)を五ヶ瀬川が浸食した侵食谷です。ボートからは、阿蘇山の2回の大噴火による溶岩流の後(柱状節理など)を目の当たりに見られ、大自然の織りなす絶景を堪能できます。

高千穂峡のボートより柱状節理と真名井の滝
高千穂峡のボートより柱状節理と真名井の滝


遊歩道沿い、御橋上から撮った写真


高千穂峡(遊歩道沿いより) 高千穂峡(御橋上より)
是非、神々の宿る高千穂へ足を運び、体感してください。

このページは、高千穂町観光協会主催の「高千穂検定」に合格した宮崎市在住の高千穂ファンが作ったページです。
写真主体のページで1920pixの拡大写真も多くリンク拡大しますので、出来ればパソコン、タブレットなどの大きな画面での閲覧をオススメします。


 
高千穂峡 秋 朝

阿蘇山の溶岩流で生まれた高千穂峡

高千穂峡は約12万年前と約9万年前の二回の阿蘇火山活動の際、噴出した溶岩流(火砕流)を五ヶ瀬川が浸食した侵食谷。
上流の窓ノ瀬から下流の吐合間が中心で、1934年(昭和9年)11月10日 五ヶ瀬渓谷(ごかせがわきょうこく)として、名勝及び天然記念物に指定され、一帯は昭和40年3月に祖母傾国定公園に指定されました。
柱状節理のそそりたつ断崖、岩をかむ激流、千古の謎を秘めた深淵、湧く岩清水、高千穂峡は四季を通じて雄大にして清々しい景観です。
高千穂峡は年間約150万人が訪れる高千穂町を代表する観光スポットです。
緑の美しい新緑の頃、そして紅葉の秋、が特にお奨めです。
(真名井の滝など、見た目は涼しそうに見えますが、結構歩きますし、夏の観光は暑いです(^^;)

 
高千穂峡(五ヶ瀬川峡谷)
上掲載「真名井の滝」画像は、この写真絵画風に画像処理したものです。

最近の高千穂峡関連観光情報・その他



Takachiho Gorge

Takachiho gorge is a deep narrow gorge produced by lava now after the Mt. Aso's voIcanic activity.
It was carved by the Gokase river and the feature is like the range of pillars. Takachiho gorge was designated as a scenic beauty protected species.

This is a V-shaped ravine created by the erosion of lava from Mt. Aso. The area shows its true beauty in the green of early summer, and the red and yellow leaves of autumn.
TakachihoGorge Information


高千穂峡のスライドショー動画作成しました。

美しい高千穂峡の真名井の滝や、ライトアップ・紅葉・周辺の自然などをスライド動画でご紹介。
高千穂峡 スライド動画 Youtube


高千穂峡遊歩道

 
高千穂峡の新緑 4月 02
ボート
高千穂峡のボート


 


高千穂峡へのアクセス

高千穂町の位置宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井  高千穂町の天気予報
高千穂峡の場所(Mapfanへリンク) 
緯度経度情報 & マップコード
  N=32.41.55.7 E=131.18.12.2(日本測地系)32.70218623/131.30100576(WGS-84系)
    マップコード 330 711 821 
カーナビの設定は、高千穂峡淡水魚水族館 TEL:0982-72-2269 などで。
JR延岡駅、JR熊本駅、熊本空港(阿蘇くまもと空港)、博多駅からバス→高千穂へのアクセス参照
高千穂町街中心部から高千穂峡までのタクシー料金 概算880円


高千穂峡周辺マップ

高千穂峡周辺マップ(地図)

高千穂峡の駐車場

真名井の滝に一番近いのはボート乗り場近くの駐車場です。(一回500円)
お年寄りの方や足のご不自由な方同伴でしたらここへ駐車した方が良いですが、連休等は常に満車となるのがネックです。
次にあるのが神橋近く、道路沿いの「あららぎ駐車場」です。(一回300円)
高千穂峡沿いの遊歩道を歩いて真名井の滝へ向かいます。
高千穂峡の見所はこの神橋~ボート乗り場付近ですので、結局どちらに停めても往復する事になろうかと思います。
その次にあるのが、国道沿いにある大型車も駐車出来る駐車場 (こちらは無料)
普通に健脚で、時間に余裕があるのでしたら、ここに停めて歩くのも良いかと思います。
ただ、真夏等の階段や坂道は汗かきかき、結構辛いものがありますが(^^;)。
詳しい駐車場案内・地図等は → こちらのページに記載しております。
渓谷周辺の県道は九十九折の10R程度のヘアピンカーブ連続、運転にはお気をつけください。(上記詳細地図リンク/案内看板画像等を参照して下さい)

2020年 高千穂峡シャトルバス運行予定 日程

高千穂峡周辺はゴールデンウィークや週末、お盆期間中など混雑が予想される為、高千穂峡周辺の駐車場を循環するシャトルバスを運行。

【2020年 令和2年度 高千穂峡シャトルバス運行予定日】
7月 23日・24日・25日・26日
8月 8日・9日・10日・13日・14日・15日・16日
9月 19日・20日・21日・22日
11月 21日・22日・23日

料金:小学生以上 1乗車100円(※現金のみ)
運行間隔:約20分間隔で運行
運行時間:9:00~17:00
※天候・混雑状況により変更になることもあります。



高千穂峡周辺マップ

高千穂周辺マップ
 
高千穂観光イラストマップ

▲ 高千穂観光イラストマップ-天孫降臨の伝説を今に伝える高千穂町

高千穂町内のイラスト観光マップです。 (高千穂町発行)
高千穂観光マップ拡大 (別のウインドウで開きます。)
詳しい説明 (別のウインドウで開きます。)

 
 
高千穂峡イラストマップ

▲ 高千穂峡周辺ガイドマップ

高千穂峡周辺の見所を紹介した、イラスト観光マップです。(高千穂町発行)
高千穂峡周辺ガイドマップ拡大 (別のウインドウで開きます。)
マップの詳しい説明 (別のウインドウで開きます。)
Takachiho Gorge Guide Map(English edition) 
別のイラストマップ >高千穂峡ガイドマップ 2017入手 

 
 
高千穂峡 真名井の滝と柱状節理
阿蘇山の溶岩流が柱状節理に。
下側、縦の柱状節理が12万年前の噴火
上側は9万年前の噴火の際の溶岩流。
■夜の高千穂
オススメ!夏季に真名井の滝(日本の滝100選)玉垂れの滝、周辺道路はライトアップされます。高千穂峡の神秘的な夜の姿と、高千穂神社神楽殿で毎夜開催される神楽(ダイジェスト版)20:00~21:00はいかがでしょう。(観光向けのダイジェスト版ですが高千穂の神楽の雰囲気は十分味わえます)
当方で撮影した高千穂の夜神楽の画像 1 神楽の画像2


 

ボートから見る渓谷に流れ落ちる美しい 真名井の滝  (日本の滝 100選)

 
高千穂峡 真名井の滝 をボートより見る 01
亀の頭石と亀甲岩
高千穂峡 真名井の滝 をボートより(ボート乗り場付近より)
高千穂峡 真名井の滝 をボートより見る 02
亀の頭石と亀甲岩
高千穂峡 真名井の滝 をボートより(御橋下付近より)
高千穂峡 真名井の滝 をボートより見る 03
亀の頭石と亀甲岩
高千穂峡 真名井の滝 をボートより(真名井の滝付近より)

 
Selected as one of Japan'sTop100 Waterfalls.It's about17m high
You can take a boat out to the basin of the waterfall
The Waterfall viewpoint on the footpath has the prettiest view

貸ボート料金・営業時間等の情報

高千穂峡に行ったら、是非 貸ボートに乗ってみて下さい。展望所から見る景色とはまた違い、素晴らしい絶景を堪能することができます。
関連ページ  高千穂峡の貸しボート

定員:3名(未就学児を含めた場合のみ最大で4名)
乗船時間:基本30分
※延長料金 10分/300円(※下船時に現金のみ)
乗船料金:基本料金(1艇3,000円) + 乗船料金 大人1,000円/未就学児500円×乗船人数分

(例)大人二人で乗船の場合 3000円+1,000円×2人=5,000円

営業時間:8:30~17:00(※最終受付16:30)
※待ち時間が発生した場合は、受付終了時刻が繰り上がります。
ペット乗船禁止
受付方法:事前のインターネット予約枠(2日前の9時までに予約される場合)と「当日受付枠」があります。

高千穂峡は、割と頻繁に大雨で河川増水してボートは運休となります。
一度増水すると水位は何日も引きませんので、梅雨や秋の長雨の時期などは運休が一月に及ぶこともあります。
どうしてもボートに乗りたいという方は、梅雨、台風の時期、秋の長雨など、雨が予想される時期は避けた方が無難です。
増水以外にも、定期的な安全点検日や、急遽安全点検を行う場合があり休止となることもありますので、高千穂町観光協会サイト内 ボートの運行状況ページで事前ご確認を。


高千穂峡遊歩道沿いの、見所など

 
高千穂峡 亀の頭石と亀甲岩 亀の頭石と亀甲岩
手前が亀の頭石、この奥の丘陵岩が亀甲岩です。亀は鶴とともに長生きの象徴として崇められています。この頭石を触ると不良長寿、また子宝にも恵まれ元気に育つといういわれがあります。
高千穂峡 仙人の屏風岩 仙人の屏風岩(高さ約70m)
対岸に広がる屏風面の岩を仙人の屏風岩といいます。不老不死の術を得、神通力を持つ仙人の屏風岩を、この下流、約50mの亀甲岩は、まさに長寿国日本、心のふるさと高千穂の自然の造形美。
高千穂峡 鬼八の力石 鬼八(きはち)の力石(約200t)
高千穂神社の祭神 三毛入野命(みけぬのみこと)は弟の神武天皇とともに大和に行かれますが、伝説では再びお帰りになり、高千穂郷一帯で悪行をはたらいていた鬼八を退治し、この一帯を治めたといわれています。
この時、鬼八が三毛入野命に投げ、力自慢をしたという石といわれております。
 → 鬼八の力石

 
 
高千穂峡 遊歩道 遊歩道

坂道階段も忘れ、雄大な
高千穂の景色に癒されます。
高千穂峡 おのころ池 おのころ池
昔、この池には桜川神社(滝津妙見神社)があり、鵜の鳥はこの神社に仕える神聖な鳥であったといわれています。
高千穂神社の春祭では、御神幸の御輿がおのころ池を3回回って禊をします。
高千穂峡 玉垂れの滝 玉垂れの滝
高さ約5m、幅約15m。神話で天村雲命という神様が水種を移した天真名井の水が地下を通ってここへ流れ落ちていると伝えられています。天の真名井を水源としている。

 
 
高千穂渓谷をまたぐ橋 高千穂渓谷をまたぐ橋と新緑
苔むした石橋神橋と近代的アーチ峡
奥より、神都高千穂大橋
高千穂大橋、神橋
高千穂峡の新緑 高千穂峡の新緑
高千穂峡周辺の新緑が素晴らしい。(御橋上より撮影)
真名井の滝周辺の新緑 真名井の滝の新緑
高千穂峡のメインスポット真名井の滝
御橋から新緑と共に望む。

 

その他の高千穂峡内見学スポット

高千穂峡 見所スポット 追加写真
-

(当サイト内「高千穂ブログ」記事へリンク)


高千穂峡にある歌碑


ひく水に 麻のをひてて 月まつは 清き河原の天地根元作りの家 / 北原白秋
天孫降臨の際、水の種を移したところとされる天真名井とそのそばを流れる神代川で麻の皮を水に浸して洗う「おこぎ小屋」の夜の情景を詠んだものです。白秋は昭和16年3月に高千穂を訪れています。

幾山河 こえさりゆかば 寂しさの はてなむ国ぞ けふも旅行く / 若山牧水
日本を代表する詩人若山牧水は日向市東郷町出身です。明治34年に高千穂を訪れています。




ここでちょっとブレイク・・ 二つの高千穂 天孫降臨 話題・・ 高千穂と霧島

天の逆鉾 (高千穂峰山頂)
高千穂峡のある高千穂町と言えば・・記紀(古事記・日本書紀)によると照大御神(アマテラスオオミカミ)の命令での迩迩芸命(ニニギノミコト)を地上の国へとつわかし、天孫による支配を確立するきっかけとなった。「天孫降臨」の地ですが、天孫降臨の地には二つの説があります。

もうひとつの天孫降臨の地とされているところは、宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山にある「高千穂峰」(高原町)です。高千穂峰山頂にはニニギノミコトが天孫降臨の際突き刺したという「天の逆鉾」があり、かの坂本龍馬もお龍と天の逆鉾を見る為に高千穂峰に登ったと言われております。
(これが後に、日本で最所の新婚旅行と言われたりもしております。)


宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画の紹介
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画

以下は高千穂峡に関するページの更新履歴、昔の記事です(アーカイブ)

***以下は旧記事のログです。***
 過去ログ

高千穂峡(宮崎県東臼杵郡高千穂町)
高千穂関連は→高千穂関連ページサイトマップでご確認を。
【当サイトブログ他】|毎日更新(目標)アラカルトブログTwitterFacebookPage

サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メールで。

カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Copyright © MORIMORI All Rights Reserved.

-PhotoMiyazaki -

Back to Top