高千穂町「高千穂の湯」「天岩戸の湯」の休館や閉館を含めて検討

▶ in ニュース・地域の情報他 posted 2020.07.19 Sunday / 14:16



 高千穂町が運営する公衆浴場「高千穂の湯」・「天岩戸の湯」2施設について、入館者数の減少で累積赤字が計15億7千万円(3月末現在)と膨んでおり、高千穂町は、今後の運営について、休館や閉館を含めて検討していることを、7月19日、宮崎日日新聞で報じられておりました。

平成18年(1998年)度、計24万7千人をピークに入館者数は年々減り、2019年度は9万7千人まで落ち込んでいたようです。

今年は、新型コロナ感染拡大防止で、約3カ月間の休館、6月から再開したものの、客足は前年の半分とか・・、お年寄りなども利用しておりましたし、県外からの観光客も入浴しますし、「密」を懸念、足が遠のいてしまったのかも知れませんね。

町は民間団体を交えた検討委員会を昨年4月に設置、今後の運営の在り方を検討。
8月上旬までに提言書をまとめ、甲斐宗之町長が最終的に方針を決める予定のようです。

天岩戸温泉の桜(高千穂町)
天岩戸温泉の桜



 




温泉基準を満たせず、昨年浴場へ・・

高千穂の温泉は、「ふるさと創生資金」を利用して、温泉開発を行ったもので、平成2年(1990)に大字岩戸五ヶ村地区の掘削地で源泉に到達。平成6年(1994)に「天岩戸温泉」が、平成10年(1998)にはここから冷泉を引いて大字三田井の吾平地区に「高千穂温泉」がオープン。

2019年、両温泉の源泉(同一)の水温が下がり、温泉の基準を満たしていない為、「温泉」ではなく、「公衆浴場」となり、施設名も2019年4月より「高千穂の湯」「天岩戸の湯」へ変更になっております。

少なからず「温泉」基準から外れ「浴場」へとなった影響もあったのかも知れません。

日向市美々津の「御船出の湯」も

日向市の日向サンパーク内温泉館「お船出の湯」も赤字続きで、営業を9月末で終了、民間への施設売却などを検討するようです。

残念です。




Youtube MORIMORI

「高千穂観光ブログ」について

※本サイト内ページの内容については、その完全さに関して、いかなる保証をするものではありません。
サイト内ページに関するいかなる間違い、不掲載についても一切の責任を負うものではありません。
 記載された情報・内容は、先々変更になる場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

*リンクフリー*当サイト内ページへのリンクは連絡無用・Twitter、フェイスブック、ブログ、BBS等からも自由にどうぞ。

〜 高千穂観光ブログ  | 高千穂町「高千穂の湯」「天岩戸の湯」の休館や閉館を含めて検討 〜
 

- | -

高千穂観光メインページへ戻る


日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp




PAGE TOP