宮崎観光プレスリリースから

▶ in 宮崎に関する話題(2) posted 2006.12.23 Saturday / 08:03

アーカイブ ひむかブログ OLD1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ OLD2は  こちら

「ひむかブログ」を今年一年ご覧頂きありがとうございました。
ひむかブログはこの記事をもって新規記事の投稿は一旦終了します。
2007年より「ひむかブログ2」に移動します。

(詳細は記事文末参照)

宮崎観光コンベンション協会の12/22付プレスリリースから2つ話題を書きます。

2006年宮崎観光10大ニュース

1位は プロ野球サンヨーオールスターゲーム宮崎開催

大荒れ悪天候で一日目は順延、2日目も朝は回復が今ひとつ、最悪お流れ??天候にハラハラさせられましたが、夕方には晴れ間も出て試合開催、試合内容も素晴しいものでした。
経済効果はどの程度だったのでしょう。
当サイトも、読者からの要望でサンマリンスタジアムの座席位置等を撮影、先行公開し、直近の関連ページは1万アクセス/Day近くあり、サーバーの転送量でヒヤヒヤ、うれしい悩み事でした。

 オールスターゲーム 宮崎サンマリンスタジアムにて

先月でしたか、残念ながら三洋電機は今年でオールスターゲームのスポンサーを撤退すると報じられておりました。
三洋電機自体の赤字が続いておりますので致し方ないところでしょうが、来期は何処がスポンサーになるのでしょう。

来春は、ホークスのキャンプ地でもある生目の杜運動公園(アイビースタジアム)でオープン戦が予定されております。(2月24日 ホークス-西武戦)
2月24日(土)午後1時試合開始
内野S指定席 3,500円 内野A指定席 2,500円 内野B指定席2,000円、外野自由席中学生以上1,000円小学生以下500円 
チケット販売宮崎市内各プレイガイド等で発売中 (情報元市報より)

みやざきのスポーツキャンプはまた来年も盛り上がる事でしょう。

next オールスターゲームで撮影した画像ページ

みやざきカレンダー壁紙のダウンロード

みやざきカレンダー壁紙のダウンロードの案内もありました。

既に気付いてらっしゃる方もいらっしゃるとは思いますが・・
1月(高千穂神楽・高千穂)、4月(浄専寺のしだれ桜・五ヶ瀬町)、6月(生駒高原・小林市)、7月(鵜戸神宮・日南市)、11月(関之尾滝・都城市)の写真撮影者を私は良く知ってます(^^;)

12月23日付け「宮崎日日新聞」の社会面左下「歩廊」欄にこの「2007年みやざきカレンダー壁紙」の記事が高千穂神楽の壁紙と共に掲載されておりましたので引用します。
 「みやざき観光コンベンション協会の観光サイト「旬ナビ」に22日、県内観光地の写真を使ったパソコン用「2007年みやざきカレンダー壁紙」コーナーが開設された。
はじめての試みで、宮崎を離れた人に古里を懐かしんで欲しいとのお願いがこめられている。
高千穂の夜神楽や、生駒高原など、カレンダーのフォトコンテストに入選した12枚が並ぶ。
インターネットの環境が整っていれば、地球上どこでもパソコン画面の背景に設定できる。
「海外でも宮崎のPRを」と協会職員。愛郷心の世界的な広がりに懸けている。」引用終わり。
試しに今回DLして設定してみて気付いたのですが、PCの背景画に設定すると大きな壁紙はPC(OS)が自動的に画面サイズに合わせて縮小してくれるのですね・・
 実はいままで知らずに、WIN95時代の名残か・・壁紙をWEBで提供する際には1024幅とか1280幅とか複数サイズの違うものをUPしておりました。
この自動レイアウト機能はMAC等のOSでも大丈夫なのでしょうか。




全国旅行支援「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)」

対象:全都道府県民
期間:2022年12月28日(水)チェックアウトまで延長
来年も企画あり詳細は下記リンク参照

宮崎県-全国旅行支援-「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)



続きを読む>>

イルミネーションとポインセチア

▶ in 宮崎に関する話題(2) posted 2006.12.22 Friday / 23:01

アーカイブ ひむかブログ OLD1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ OLD2は  こちら

フローランテ宮崎のイルミネーションフラワーガーデンと日南海岸 道の駅フェニックス付近のポインセチアを紹介します。

[フローランテ宮崎のイルミネーション]

3年前から始まったフローランテ宮崎のイルミネーション、今年は12月14日†1月14日まで(31日、1日は休園)。
早速先週行って来ました。
昨年同様、球数的には80万球との事ですが、演出の効果、工夫等により、今年は昨年とまた違うなぁ増えたなぁ、昨年より綺麗だなぁ・・という印象を受けます。

 フローランテ宮崎 イルミネーション 01

 フローランテ宮崎 イルミネーション 01

23,24.25日はクリスマス企画でしょうか、お子様のプレゼントや、人口雪のイベント等もあるそうです。
おそらく暗くなる前にはフローランテ宮崎の駐車場は満車となると思いますが、シーガイアの立体駐車場が利用できます。
寒いので暖かくしてお出かけください。

余談、園内のショップでイルミネーションを見ると花の模様になったりする効果の「ホロスペックスグラス」なるものを売っておりまして、これでイルミネーションを見ると綺麗です。確か250円だったかと。

 今回、サンタのリースも買いました。

 サンタのリース

next フローランテ宮崎イルミネーションフラワーガーデン2006




全国旅行支援「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)」

対象:全都道府県民
期間:2022年12月28日(水)チェックアウトまで延長
来年も企画あり詳細は下記リンク参照

宮崎県-全国旅行支援-「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)



続きを読む>>

去川の大イチョウ

▶ in 宮崎に関する話題(2) posted 2006.12.01 Friday / 21:49

アーカイブ ひむかブログ OLD1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ OLD2は  こちら

国指定天然記念物、宮崎県の巨樹百選に選ばれている去川のイチョウです。

 去川のイチョウ 01

今年は葉の付きもよく辺りは黄金の絨毯、それはそれは見事です。

現地の案内板を引用すると
「この去川のイチョウは、島津藩主初代忠久公(1179†1227年)が当時、薩摩街道であったこの地に植えられたものと伝えられています。
 この事から推定しますと、樹齢は約800年と考えられます。
幹の周囲約10m、高さ約41m、枝張りは東に約10.3m、西に約13.0m、南に約10.2m、北に約16.1mあります。
幹は、空に向かって大きくのびており、太い枝が少ないのが、このイチョウの特長で、秋には多くの実をつけます。 高岡町教育委員会」
1200年頃というと鎌倉時代です。
このイチョウはここで800年もの間、歴史を見てきたのですね。
そして毎年こうやって秋に黄金色に染める。ロマンですね。

 去川のイチョウ 02

既にだいぶ散ってしまったかも知れませんが黄金の絨毯は今週末(12/2.3辺りまで)見る事が出切るかと思います。

去川のイチョウの場所

 宮崎県宮崎市高岡町内山
 国道10号線、去川小学校の脇を入る。駐車場10台分程度あり。
 MAP

next 関連ページ 去川のイチョウ

[追記]

HIRO_0503さんのブログにも去川の銀杏の記事があります。
 2006年11月23日 去川の銀杏

2008年、ライトアップされた去川のイチョウを撮影した時書いたブログ





全国旅行支援「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)」

対象:全都道府県民
期間:2022年12月28日(水)チェックアウトまで延長
来年も企画あり詳細は下記リンク参照

宮崎県-全国旅行支援-「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)



大塚原公園 (野尻町)

▶ in 宮崎に関する話題(2) posted 2006.11.11 Saturday / 11:12

アーカイブ ひむかブログ OLD1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ OLD2は  こちら

 野尻町 大塚原公園から見た山の風景

水墨画のようなこの風景は、道の駅ゆ†ぱるのじりに 隣接する大塚原公園から鰐塚山方面を秋の朝に見た光景です。

大淀川支流の岩瀬川、城の下川辺りがあるからでしょうか、靄がかかり、プチ雲海のようになり、幾重にも重なる森、山、が綺麗でした。
条件がそろえばもしかすると綺麗な雲海が望めるポイントなのかも知れません。

 野尻町 大塚原公園から見た霧島連山 00

霧島は 馬の蹄(ひづめ)にたててゆく 埃(ほこり)のなかに遠ぞきにけり

大正3年(1914)8月18日に正岡子規に師事し、郷土の生んだ歌人、若山牧水(東郷町)とも親交のあった茨城県出身の歌人 長塚節(1879-1915)が乗合馬車で小林から宮崎(青島)へ向かう道中、ここ大塚原公園のある三ケ野山で遠ざかる霧島連山を眺めつつ詠んだ歌です。
霧島連山を一望できる頂上広場に歌碑があります。

この公園の存在自体あまり知られてないようで・・殆ど人を見かけません。高千穂峰をはじめとする霧島連山が綺麗に見えますので、是非「道の駅ゆ†ぱるのじり」に立ち寄る際には訪れてみてください。
ヒガンバナ、ツツジ等が一帯に植栽されているようですので花の時期はさらに良いと思います。




全国旅行支援「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)」

対象:全都道府県民
期間:2022年12月28日(水)チェックアウトまで延長
来年も企画あり詳細は下記リンク参照

宮崎県-全国旅行支援-「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)



続きを読む>>

西都古墳祭り

▶ in 宮崎に関する話題(2) posted 2006.11.06 Monday / 22:12

アーカイブ ひむかブログ OLD1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ OLD2は  こちら

西都古墳祭り西都古墳まつりとひらがなが正解らしいが・・)にでかけた。

この西都原古墳の祭りはもともとは室町時代末期から行われており、今回私が見た「炎の祭典は」天孫ニニギノ尊とコノハナサクヤ姫を主人公として展開している。
今の様式になったのは今年で20回目とか・・。

 実は前々からこの西都古墳まつりに行きたかったのですが、なかなか機会に恵まれず、今回、2日あるある内の1日目の夜だけですがようやく念願の西都古墳祭りに出かけた次第です。

あいそめ広場、都萬神社、から出発した たいまつ行列が、一つとなって、記紀の道を辿り、石貫階段を登り、西都原古墳群へ・・
そして、御陵墓参考地前の古墳まつり会場へと向かうこのたいまつ行列がこのまつりのメインと言って過言ではないであろう・・

そんなわけで、西都原古墳、鬼の窟古墳前でしっかりその感動的な松明行列を撮影しようと撮影した・・撮影した・・撮影した・・夢中で・・撮影した。

しかぁ†し・・

なんという事であろう。あろう事に・・
あくる日、別のところで撮影前にまつりの画像を記憶していたCFメモリーを誤って全部消してしまうという・・失態・・に至る。

悔やんでも悔やみきれない・・まさしく オマイガーでした。トホホ。

気を取り直して・・

最近ゲットした、デジ一、サブ機、SONYのα100で撮影した画像だけセーフでしたので西都古墳祭りの「炎の祭典」からいくつか画像を掲載します。

実は、たいまつ行列を撮影後に会場入りしたもので、ギャラリー最後部からの撮影、頭の上にかざしたカメラでの撮影、全部ノーファインダーで撮影したものからセレクトしたものです。

 西都古墳まつり 237

 西都古墳まつり 289




全国旅行支援「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)」

対象:全都道府県民
期間:2022年12月28日(水)チェックアウトまで延長
来年も企画あり詳細は下記リンク参照

宮崎県-全国旅行支援-「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)



続きを読む>>

Photo Miyazakiメインページへ戻る

PAGE TOP