彼岸花 台風14号の爪跡

▶ in 宮崎に関する話題 posted 2006.09.18 Monday / 21:51

アーカイブ ひむかブログ1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ2は  こちら

彼岸花 前のブログ記事の続きになりますが、私は彼岸花がとても好きです。
田んぼもあぜ道沿いに毎年この時期になるとニヨキッと出てきて鮮やかな色の花を咲かせる。
周りの景色に溶け込んで季節を感じさせてくれるなんとも美しい姿です。

 彼岸花 坂元棚田
[以前坂元棚田で撮影した彼岸花]

宮崎県では、国道268号線沿い、野尻町にある萩の茶屋が彼岸花の名所として有名でしたが、昨年の台風14号で萩の茶屋周辺は土砂崩れ等の甚大な被害を受け、未だ復興もあまり進んでいないようです。

今日、現地へ行かれた方よりの情報では

“花どころか荒れ果てて、来てた方は、皆がっかりしていたとの事。
また、写真を見ると、つつじも彼岸花も、綺麗な所なのに、もったいないですね。"とも書かれておりました。

 萩の茶屋付近は土嚢が未だに積んであったりと・・殆ど手付かずになっている事は私も国道を通る度に気になっておりました。
宮崎交通も体力が無く、採算を考えると致し方ない事とは思いますが、「花のみやざき」、地元の野尻町、県、等が支援してくれ、また宮崎の彼岸花の名所として復活すると良いのですが、どこも財政難難しいのでしょうか・・。

彼岸花の花言葉は・・

「悲しい思い出」 「想うはあなた一人」 「また会う日を楽しみに」

 まさしく 悲しい思い出、そしてまた会う日を楽しみに・・・


いつの日かまた彼岸花の名所として復活する日を夢見て、萩の茶屋の彼岸花の画像を・・。

 彼岸花 萩の茶屋
[過去に萩の茶屋で撮影したもの]

他に彼岸花が綺麗なポイントとしては、日南ダムの近く(国道沿い)にもあります。

[追記]
高原(たかはる)町の「皇子原公園」は、なんと300万本だそうです。 
こちらのページに掲載 → 皇子原公園の彼岸花(ヒガンバナ)


続きを読む>>

ベニトンボ(高鍋湿原にて)

▶ in 宮崎に関する話題 posted 2006.09.14 Thursday / 00:16

アーカイブ ひむかブログ1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ2は  こちら

 先日、高鍋湿原サギソウを撮影に出かけた、その時、いつも見かける“赤トンボ”とは少し色合いが違うトンボを見かけたので撮影しておいた。

 ベニトンボ 01

 ベニトンボ 02

ショッキングピンクとでも言うのだろうか・・なんとも言えない鮮やかな色です。

画像をあらためて見ると、どこかで見た記憶があるなぁ・・と思い調べたところ、h2940さんが過去に画像BBSで投稿されていた「ベニトンボ」である事がわかった。

 → その時の発言をリンク

h2940さんによると“このトンボは,近年宮崎の各地でその姿が確認できるようになった”そうです。

さらに調べると、ベニトンボは東南アジアなどの熱帯、亜熱帯地域に広く分布、色は鮮やかな赤紫色。
国内では1981年10月に石垣島で初めて見つかり、その後、現在は九州にも分布、今年は四国の徳島でも確認されたそうです。

北限は九州と言われたベニトンボが徳島でも発見された要因の一つとして」地球温暖化があるのではないか、と言われております。


続きを読む>>

宮崎 道の駅スタンプラリー

▶ in 宮崎に関する話題 posted 2006.09.02 Saturday / 12:41

アーカイブ ひむかブログ1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ2は  こちら

道の駅スタンプラリー「うめっちゃがくてみらんね」


宮崎県の道の駅では 今年も7月1日†8月31日までの期間でスタンプラリー「うめっちゃがくてみらんね」(たいへんおいしいので食べてみてくださいの意味です)が開催され、私も今回参加した。

宮崎道の駅スタンプラリー01

「参加した」と言っても、上記のようなスタンプ用紙に宮崎県下の道の駅、4駅でスタンプを押し1駅でに買い物印を頂くだけのいたって簡単なもの。これだけでOK。
簡単なアンケート(数項目)を記載、好きな景品(ソフトクリームがメイン)の道の駅に提出して景品をいただけます。私は2つ頂戴しました(^^)

宮崎県下の道の駅は現在14ヶ所

・高岡 醍醐ビタミンソフトクリーム
・北川はゆま 日向夏ソフトクリーム
青雲橋(せいうんばし) ミックスソフトクリーム
・山之口 山羊乳ソフトクリーム
・北浦 キーホルダーまたは北浦ソフトクリーム
・田野 焼きいもスフとクリーム
・酒谷 バニラソフトクリーム
・とうごう 夕張メロンソフトクリーム
・都城 抹茶ソフトクリーム
・ゆ†ぱるのじり メロンソフトクーム
なんごう マンゴーソフトクリーム
・日向 甘乳蘇ソフトクリーム
高千穂 高千穂道の駅キーホルダー
フェニックス エビのソフトクリーム

期間中、私は8ヶ所に立ち寄りました。8箇所の道の駅のスタンプとそれぞれのスタンプの感想です。

宮崎道の駅スタンプラリー02


  • 【道の駅 とうごう】 
    郷土の生んだ歌人、若山牧水です。東郷町には牧水記念館もあります。

  • 【道の駅 日向】
    道の駅日向は、宮崎に宮をかまえた神武天皇が東征に向かわれた船出の地とされる日向市美々津にあります。神武天皇と少しかすれてわかり難いですが古代船のようです。

  • 【道の駅 山之口】
    ここはストレートに道の駅の建物のようです。

  • 【道の駅 フェニックス】
    日南海岸の海、そして真ん中は鬼の洗濯岩でしょうか、上にはフェニックスが描かれています。

  • 【道の駅 都城】
    伝統、熊襲踊りのバックには秀峰高千穂峰が描かれています。

  • 【道の駅 田野】
    ヤギとウサギでしょうか・・スタンプの形がユニークです。

  • 【道の駅 高岡】
    桜の名所としても名高い、天ヶ城が描かれています。

  • 【道の駅 ゆーぱるのじり】
    スタンプの形状がなかなかユニークです。近くにバラ園がありますのでさりげなくバラも描かれています。ここは温泉施設もあり、バラの入った風呂もあったかと思います。 



こうやってスタンプを見ているだけでもそれぞれ特徴があり面白いですね。

観光がてら4箇所を周るのはそう難しいことではありません、今年が3回目のこの宮崎県の道の駅のスタンプラリー、おそらく来年も開催されると思いますので家族で参加してみてはいかがでしょう。

「終了した今頃書くなよ†」というツッコミはなしで(^^;)


続きを読む>>

都井岬の火祭り

▶ in 宮崎に関する話題 posted 2006.08.27 Sunday / 15:53

アーカイブ ひむかブログ1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ2は  こちら

前々から一度見てみたかった串間市都井岬の「火祭り」を見てきた。

駐車場が混みそうなので15時ごろ出かけた。
宮崎市方面から都井岬へのアクセスは通常は海岸沿いの国道448号線ですが、昨年の台風14号の被害で南郷町の先の小崎地区(都井と恋ケ浦の中間あたり)で現在も通行不能で、国道220号線で串間駅側からの迂回を強いられる。
このルートは結構遠回りとなり、時間と燃料のロスも大きい。
聞くところによると、どうも、回避ルートを山側に新たに切り開くしかないようです。
地元の方はもちろん、都井岬観光関連も大打撃だと思います。早急の復旧を願います。

久々の都井岬、やはり良いですね、この雄大な牧草地帯の眺めが私は好きです。

都井岬 03

都井岬でのこの祭り自体は40回目、宮崎観光華々しかった頃に作られたものと思われ、それほど古い祭りではなさそうですが、失念しましたが、たかしか、串間、もしくは日南でこの元となる火祭りは今尚受け継がれていたと思います。

こんな言い伝えが根源とか・・。

昔、都井に大蛇が現われ村人を苦しめていました。この大蛇を、衛徳坊というお坊さんが、大蛇の口に松明を投げ入れて退治した。

祭りでは大蛇にみたてた巨大な一本の柱松の最上部へ「せこ」と呼ばれる方が松明を投げ入れます。松明の描く放物線がなんとも幻想的です。

都井岬 火祭り 02

都井岬 火祭り01

都井岬の火祭りは2日間あり、2日目に出かけましたが、2日目は松明を投げること約30分で無事大蛇の頭に入り、退治出来た訳ですが、写真を撮影する側としてはも少し長くやって欲しかったと言うのが本音でして(^^;)

こういう暗いシーンでは、露出やら感度やらあれこれ設定を変えつつ何枚も撮影するのですが、長時間露光の為、あまり撮る事も出来ず、あれよあれよと言う間に終わってしまい、結果今ひとつの写真となってしまいましたとさ(^^)

都井岬から見た志布志湾方面の夕暮れは一押し、とても綺麗です。
夏は海面近くに雲がありどこか南洋の海を見ているような錯覚に陥ります。

都井岬 04

こちらのページに多くの画像を掲載しております。→「都井岬の火祭り

 ひむかブログ|都井岬の火祭り


関之尾の滝ライトアップ中

▶ in 宮崎に関する話題 posted 2006.07.29 Saturday / 10:14

アーカイブ ひむかブログ1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ2は  こちら

 宮崎県下の滝(高千穂峡の真名井の滝、日南市の小布瀬の滝・・)はこの時期になると夜はライトアップされ、昼間とはまた違った幻想的な雰囲気の滝を楽しむ事ができます。
また、夜の滝は一段と涼しいので夕涼みがてら出かけるのも良いかも知れない。

日本の滝百選にも選ばれている都城市の「関之尾滝」もライトアップされている。
 関之尾滝のライトアップ期間は 7/20†8/31 19:30†21:30

 関之尾の滝 ライトアップ 01
 [拡大画像あり]

この日は 丁度三日月が滝の上にあった、この滝にまつわる話「お雪」の事を思い出し、より一層幻想的な滝に見えました。

滝には きまって、その滝にまつわるお話がある。
関之尾の滝には以下のようなお話がある。
今から600年前、時の都城城主北郷資忠公(ほんごうすけただ)が家臣を引き連れてここ(関之尾の滝)で月見の宴を行いました。

こうこうたる月に映える滝の美しさ、甌穴の不思議な水の流れに一行は酔っていました。

この宴に庄内一の美女 十八歳の通称 お雪(おしず)がよばれ、殿様にお酌をしますが、緊張のあまり酒をこぼしてしまいました。
それを苦にした お雪は宴の終わった後 滝つぼに身を投げました。

お雪(おしず)の恋人 経幸(つねゆき)は日夜悲嘆にくれて滝の上から声を限りにお雪の名前を呼び続け泣き悲しみ、槍の穂先で岩に思いをこめた一首の歌を刻み残し、行方が分からなくなりました。

 書きおくも かたみとなれや 筆のあと
   また会うときの しるしならん

この経幸の想いが通じて、毎年名月の夜になると朱塗りの盃が滝つぼに浮かんでくるのでした。
二人を偲んで恋人道志で男滝、女滝に酒を流すと必ず結ばれるという。

      /  都城市 都城市観光協会

 関之尾の滝 ライトアップ 02
 [拡大画像あり]

「滝の駅 せきのお」も7/20†9/3まで営業時間を延長(9時†20時)しているそうです。
実は、かき氷を食べたかったのですが・・到着時刻は既に20時過ぎておりました。

 夕涼みがてら幻想的な滝を見に出かけてみてはいかがでしょう。

 関之尾の滝の場所等詳細は当サイト内 関之尾の滝ページで。

撮影DATA
 ISO感度100 露出時間 15秒 F値 6.3 撮影後PCにてWB調整

 ひむかブログ|関之尾の滝ライトアップ中


Photo Miyazakiメインページへ戻る

PAGE TOP