赤霧島

▶ in その他 posted 2005.03.31 Thursday / 22:24

アーカイブ ひむかブログ OLD1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ OLD2は  こちら


赤霧島近所のディスカウントショップで購入


先日宮崎市内のディスカウントショップDへ行き、何気に焼酎売り場のレジの所を見ると、「赤霧島」入荷しました、お人1本と書いて「赤霧島」がおいてあった。

珍しいので1本購入して来た。

霧島酒造いも焼酎赤霧島「いも焼酎 赤霧島」自体、紫芋を原料とした春秋の期間限定ものらしいので、ふらりと立ち寄ったお酒屋さんとかではなかなか出会う機会に恵まれず、今日まで購入する機会がなかった。

もっとも、それ程赤霧島を呑んでみたいとも思わなかったというのもあるけど・・。
「焼酎(酒)は呑みなれたのが一番」と多くの方が思ってらっしゃるのではないでしょうか?

  今年3月中旬からの発売分が回って出て来た模様。赤霧島のラベルの製造日もその頃だった。

追記(赤霧島の発売日は、3月20日過ぎと10月20日過ぎの年2回。
その時期に購入すればコンビニ等でも定価(1200円程度)で購入できるようです。)


赤霧島もある程度の増産体制も整ったのでしょうか? > 霧島酒造さん。
購入した「赤霧島」アルコール度数 25°とは言え、値段は、900ml入りボトルでなんと1,980円もする。高かぃ†!!!

庶民の酒、焼酎としてはまだ高すぎます。のんべーの晩酌には少し割高感があります。
ネットで調べると赤霧島の小売価格は1,200円弱程度のようですし、小売店が高く売っているのでしょう。

 地元宮崎でなんと言う商売。

 焼酎ブームで今は多少高くとも売れるでしょう、しかしそういう今だからこそ庶民を巻き込んで多くのファンを掴んでおくのも大切ではないかと思います。 

 供給体制と価格値下げ、小売店への指導を企業努力お願いしたい次第です。>霧島酒造殿



next[追記]
赤霧島の肝心なお味の方

赤霧島呑みました。 

最初に赤霧島呑んだ時の感動、インパクトは、それ程ありませんでした。
「黒霧島」とあまり変わらない味、しいて言えば甘口の霧島? 
結局のところ私の鈍感な味覚では「芋焼酎霧島」の味なんだよなぁ・・。

 黒木本店の「百年の孤独」をはじめて呑んだ時のあのインパクトは流石にありませんでした。

 まあ、あれはモルト 焼酎ではなくある意味立派なウイスキーですけど(笑)

つまるところ
 (私は)1,980円で購入してまで赤霧島を呑もう!とは思わないかな・・・(~~;)

欲を言えば・・黒霧と同じ価格でしょうか。
 希望価格 一升1000円ちょい位。
焼酎って、庶民の酒だと思うんですよ。
プレミアなんか付くのはおかしいと思います。

以上はあくまで私の個人的感想です、価値観、味覚、好みは人それぞれだと思います。


NHKドラマ「わかば」の中で焼酎バーを営む“内藤氏”が「金のまほろば」を呑んで一言。
「創り手の心が伝わる味だ」とか「ひさしぶりにいい焼酎に出会った」等、言っておりましたが、私はこのような感性/気のきいた言葉を持ち合わせていない、ガサツな男でございます(~~;)

2005年秋追記
ヤフーオークションとかに6本入りカートンとかで出てますね。
赤霧島一本あたり2,000円位が相場のようです。

2ちゃんねるの話題も見つけたので一応リンク。
 ***匿名掲示板故、内容はご自信の判断で***


2005年12月追記
今頃近所の酒のディスカウントショップに赤霧島が標準小売価格で3本出ていた。
客寄せ目的か、抽選ではあるが、確立は結構高そう(殆どいなかった)であった。





撮影した写真など・・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI



全国旅行支援「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)」

対象:全都道府県民
期間:2022年12月28日(水)チェックアウトまで延長
来年も企画あり詳細は下記リンク参照

宮崎県-全国旅行支援-「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)



2006 元旦追記
 いやぁ・・どこから出てきたのか、年末から赤霧、近くのお店数店にならんでました。
他銘柄 五合瓶1本をセットした2本セットで3000円位。
 さすがにこの値段では・・・ 売れてませんでした。

元旦って事で Web年賀状


PS:「赤霧」、2009年春の発売時は近くのスーパーで普通に買えました。






「ひむかブログ」「OLD1」について

※本サイト内ページの内容について、いかなる保証をするものではありません。
古い記事につき、記載された情報・内容は、変更になっている場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

〜 結構古い記事 最初の「ひむかブログ」「OLD1」 | 赤霧島 〜
 

Comments

Trackbacks

Trackback URL : https://www.pmiyazaki.com/blog_old1/sb.cgi/8

Photo Miyazaki メインページへ戻る




PAGE TOP