掩体壕(えんたいごう)

▶ in 宮崎に関する話題 posted 2005.03.04 Friday / 23:03

アーカイブ ひむかブログ OLD1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ OLD2は  こちら


掩体壕と書いて(えんたいごう)と読む。

   


一昨年だったか、宮崎空港滑走路付近で航空機の写真を撮影していたら不思議な物体を発見、
遠目に古墳かな?と思い近づいて行くとそれはコンクリート製のものであり逆Tの字の穴を
見た時それが戦争当時の戦闘機を空襲から守るための格納庫である事が推測できた。
逆Tの字の部分は戦闘機の尾翼部分のくり抜きとなっている。
現在の宮崎空港の場所は「旧海軍赤江飛行場、宮崎海軍航空隊基地跡」
終戦に至るまで日本防衛の南九州最大の航空基地となった所で滑走路の東には慰霊碑もある。

掩体壕は数基だろうか?

取壊さずそのまま残してあるのは頑丈なコンクリートを壊す経費がかかる為だろうか?

あぜみちを鳩が餌を求めて歩いていた。(2003年夏撮影)





撮影した写真など・・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI



宮崎県県民割(ブロック割)ジモミヤタビキャンペーン
大変お得な旅行・宿泊割引
宮崎県の「ジモミヤタビキャンペーン」
最大5,000円引、付与クーポン分差し引くと実質代金0円も!
キャンペーン期間:2022/9/1(木)チェックアウトまで(お盆期間も適用)
対象:宮崎県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、鹿児島県在住者
詳しくは上記バナーからリンク先参照
この後、「全国旅行支援」で全国展開されるものと思われます。











リンク追記 掩体壕(えんたいごう)に関するデーターベースがありました。

戦闘機で思い出しましたが、「零式戦闘機」吉村昭(新潮文庫)はエンジニアの方にお薦めしたい本です。






「ひむかブログ」「OLD1」について

※本サイト内ページの内容について、いかなる保証をするものではありません。
古い記事につき、記載された情報・内容は、変更になっている場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

〜 結構古い記事 最初の「ひむかブログ」「OLD1」 | 掩体壕(えんたいごう) 〜
 

Trackbacks

Trackback URL : https://www.pmiyazaki.com/blog_old1/sb.cgi/3

Photo Miyazaki メインページへ戻る




PAGE TOP