「ぽかぽか宮崎」発刊

▶ in 宮崎に関する話題 posted 2005.10.26 Wednesday / 21:30

アーカイブ ひむかブログ OLD1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ OLD2は  こちら


少し遅れたキンモクセイがほのかな香りを漂わせ、だいぶ秋めいて、はだ寒いと感じる季節になって来ました。秋ですね。

先日、巨人軍も原監督含め総勢50名秋季キャンプへいらっしゃいました。
来シーズンは原さん復活で盛り上がるかも知れません。
結果も是非とも出して欲しいものです。

今年は夏が長かったのであっという間に冬になりそうな感じです。
流石に宮崎でも冬はそこそこ寒いです(~~)
とは言え、暖流の恩恵で宮崎は雪は滅多に降りませんし、平野部で積雪は数十年に一回程度ですが・・。
でも、やはり冬は観光客も少なくなるわけで・・
テコ入れに県も、こんな企画冊子を作ったようです。





撮影した写真など・・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI



全国旅行支援「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)」

対象:全都道府県民
期間:2022年12月28日(水)チェックアウトまで延長
来年も企画あり詳細は下記リンク参照

宮崎県-全国旅行支援-「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)



以下 宮崎日日新聞より引用

「ぽかぽか宮崎」PR 観光推進協、来月から3カ月
2005年10月25日

 冬場にも集客を―。県や市町村、観光団体などで組織する国際リゾートみやざき大型観光キャンペーン推進協議会(中島勝美会長)は来月から三カ月間、「ぽかぽか!宮崎」キャンペーンを実施する。県外からの観光客数が落ち込む時期に、神楽や焼酎の新酒、伊勢エビなど旬の観光資源をアピール。特典ガイドブックを作成し、楽しみ方を提案するなど集客に本腰を入れる。三カ年事業で本年度は県南、県北地域を重点的に売り込む。

 統計的に本県を多く訪れる、福岡県など北部九州の都市圏在住のファミリー層をターゲットの中心に据える。マスメディアやインターネットを活用した広報を展開し、旅行会社などともタイアップ。首都圏や関西圏を含めた幅広い誘客を図り、期間中に延べ三万人以上の集客増を目指す。

 本年度は、南郷村の師走まつりや各地の神楽などの伝統行事、ブームが続く焼酎の蔵出し、あゆやなや伊勢エビをはじめとする味覚、各種スポーツなどをPRする。

 その切り札として投入するのが、各観光地が知恵を絞った特典付きガイドブック(A4判カラー六十ページ)。日南市・飫肥は、着物を着た人が旅行グループにいれば、観光六施設が入場無料となる「着物パスポート」を考案。着物はレンタルを用意し、持参者には地元呉服店が無料で着付けサービスを提供する。

 このほか、抽選でキャビアが自宅に届く小林市の「チョウザメ一年オーナー」、南郷村は師走まつりのハイライト「迎え火」の着火役になれる権利など特典は盛りだくさん。飲食店や観光施設のサービス券も豊富に付いている。

 ガイドブックは四万部を作成し、九州内の書店や県外のアンテナショップで無料配布。来月からは、みやざき観光コンベンション協会のホームページからもダウンロードできる。総事業費は1450万円。来年度は県央、県西地域を重点的にPRする。

 同協会の中馬章一専務理事は「観光のオフシーズンでも本県には多くの魅力がある。市町村や観光団体が懸命にアイデアを出し、民間も協力的だ。トータルパッケージとして売り込みたい」と意欲をみせている。

http://www.the-miyanichi.co.jp/news/index.php3?PT=1&DT=20051025
/引用おわり

 実はこの表紙の青島の画像等を撮影したカメラマンの方とは知り合いだったりします(~~)
台風14号で撮影が思う様に行かなく大変だったようです。
巻末には地図等もあり宮崎観光にお薦めです。「ぽかぽか!宮崎」是非ご覧下さい。

私は宮崎空港のインフォメーションカウンターでGETしましたが、九州内の明林堂書店(一部書店を除く。)、宮崎県内の観光施設やホテル、宮崎駅等においてあるそうです。

ぽかぽか!宮崎


関連リンク
nextぽかぽか宮崎キャンペーン (宮崎県旬ナビサイト)

追記
ヤフーオークションに出てました。http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f37748336
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r22044276
*希望落札価格が50円というところが少し悲しいが・・






「ひむかブログ」「OLD1」について

※本サイト内ページの内容について、いかなる保証をするものではありません。
古い記事につき、記載された情報・内容は、変更になっている場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

〜 結構古い記事 最初の「ひむかブログ」「OLD1」 | 「ぽかぽか宮崎」発刊 〜
 

Comments

Trackbacks

Trackback URL : https://www.pmiyazaki.com/blog_old1/sb.cgi/23

Photo Miyazaki メインページへ戻る




PAGE TOP