宮崎県ロケ、テレビ放映の案内

▶ in 宮崎に関する話題 posted 2005.06.27 Monday / 00:06

アーカイブ ひむかブログ OLD1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ OLD2は  こちら


宮崎でロケを行った番組が7月はじめに放映予定ですのでご案内しておきます。

next2005年7月1日 20:00
 NHK総合「鶴瓶の家族に乾杯」カバちゃんと行く宮崎県高千穂 (高千穂) 
今回から2回にわたるゲスト:KABA.ちゃんの前編。今回訪れた場所は宮崎県高千穂町。KABA.ちゃんが子供のころにお母さんと一緒に来たことがあって、機会があったらもう一度来ようと思っていた場所。高千穂峡でボートに乗った鶴瓶とKABA.ちゃん。

この後、鶴瓶は高千穂峡の近くの集落へ、一方KABA.ちゃんは高千穂神社神楽を見に行くため二人は別々の方向へ。この後どんな展開が待っているのだろうか。

[ゲスト] KABA.ちゃん 放送日時・内容は変更される場合があります。ご了承下さい。

  (NHKサイトより引用)
 【追記】番組中出てきた宮崎お国ことばをいくつか紹介
 「なんごつですかぁ†?」 = 何の用事でいらしたのですか?
 「犬がおじー」= 犬か怖い
 「みやこんじょ」= 都城市(みやこのじょう)の事を何故か「みやこんじょ」と言う。 
 「うんにゃ」= 違います、と否定する言葉
 以上、宮崎だけないものも含まれるとは思います。
 参考迄ロケ日は 5/9だった模様。

next2005年7月8日 20:00

 「鶴瓶の家族に乾杯」カバちゃんと宮崎県高千穂町をぶっつけ本番旅[後]
夜神楽にカバちゃん感激
神楽の舞いを教わるカバちゃんは振付師としての勘を発揮し、着々と振りを覚える。
その後、若くてハンサムな神楽の後継者を探しに行く。
一方、鶴瓶はシカを飼っているという民宿へ。
その民宿を継ぐ候補者が高校生と聞いた鶴瓶は、後継者になるよう説得するためその高校に向かう。
ここより引用)

next2005年7月3日 7:00
 フジ系 おてんき晴れたらいいね。」 (日南海岸)
夏が来た!パラダイス宮崎の旅 日南海岸ドライブ!南へ100km!
コミミ隊、海岸線を南へ! 宮崎・日南海岸で出会った夏の遊びとうまいもの! ひと足早い夏を求めて、南へ向かえば、そこはもうパラダイス!
深沢邦之・東貴博(Take2)、中村豪(やるせなす)、水野裕子、フジテレビアナウンサー  (http://www.fujitv.co.jp/b_hp/haretara/より引用)
 放映されたのは堀切峠道の駅フェニックス前の海岸線、北郷町のうなぎ、飫肥での四半的、飫肥天、冷汁は油津のお店、都井岬のトビウオすくい等でした。
 ニコニコ 引用文中、各リンクは当サイト内ページを追加したもの。

next 当サイト内関連ページ 鶴瓶の家族に乾杯 綾編





撮影した写真など・・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI



宮崎県県民割(ブロック割)ジモミヤタビキャンペーン
大変お得な旅行・宿泊割引
宮崎県の「ジモミヤタビキャンペーン」
最大5,000円引、付与クーポン分差し引くと実質代金0円も!
キャンペーン期間:2022/9/1(木)チェックアウトまで(お盆期間も適用)
対象:宮崎県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、鹿児島県在住者
詳しくは上記バナーからリンク先参照
この後、「全国旅行支援」で全国展開されるものと思われます。



2006年2月追記
 旅番組 遠くへ行きたいの宮崎ロケ放映について



[追記]

NHK「鶴瓶の家族に乾杯」関連当サイト内記事リンク

 「鶴瓶の家族に乾杯」 宮崎県高原町
  2009年10月5日及び翌週(ゲスト 田中麗奈)
 「鶴瓶の家族に乾杯」宮崎県日南市
  2006年10月23日及び翌週放送(ゲスト:片岡鶴太郎)
 土曜特集「鶴瓶の家族に乾杯」宮崎県綾町
  2003年09月27日放送 (ゲスト:元巨人軍牧原)






「ひむかブログ」「OLD1」について

※本サイト内ページの内容について、いかなる保証をするものではありません。
古い記事につき、記載された情報・内容は、変更になっている場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

〜 結構古い記事 最初の「ひむかブログ」「OLD1」 | 宮崎県ロケ、テレビ放映の案内 〜
 

Comments

Trackbacks

Trackback URL : https://www.pmiyazaki.com/blog_old1/sb.cgi/17

Photo Miyazaki メインページへ戻る




PAGE TOP