イオン宮崎ショッピングセンター(後にイオンモール宮崎)

▶ in 宮崎に関する話題 posted 2005.07.02 Saturday / 10:47

アーカイブ ひむかブログ OLD1
ご覧の記事は、2005年〜2006年頃に書いたブログ記事です。
「忘れられる権利」の観点より、コメント欄は全て非表示にしました。
記事中のリンク切れもあろうかと思われます。ご了承を・・。
アーカイブ ひむかブログ OLD2は  こちら


イオン宮崎ショッピングセンター(後にイオンモール宮崎)第一偵察編


ここのところ「イオンに行った?」と言うのが最近宮崎市辺りの女性の間での挨拶言葉だったらしい(笑)
九州最大級(敷地面積190,669平方メートル)(今のところ福岡に続いて二番目の大きさかな?)というイオン宮崎ショッピングセンター(後にイオンモール宮崎)が宮崎市に先日Openした。
 私はモール内に出来たシネマコンプレックス(複合映画館・9スクリーン)以外は殆ど興味はなかったので、イオン宮崎ショッピングセンター(後にイオンモール宮崎)Open以来一月以上経つのだが 今だ訪れていなかった、必要性を感じなかったと言うのが正しいかも知れない。
しかしながら(~~;)一市民として話の種にイオン宮崎ショッピングセンター(後にイオンモール宮崎)はちょいと偵察しておかねばと思い、先日出かけてきた。

車 駐車場は4000台強、休日でも余裕の広さである。
入り口に店内案内の立派なフロアーガイド(パンフレット)がおいてあり、頂く、パンフレットの表紙には 宮崎市の花である「花菖蒲」の写真。
花菖蒲の青紫系色をベースにしたパンフレットはイオンの宮崎市に対する粋な計らいか・・いや単にイオンのコンポーデットカラーか(~~)?

 イオンショッピングセンター宮崎(後にイオンモール宮崎)のモールの中に入る、確かに大きい、とても立派な施設である。
天井が高く幕張メッセ等の展示会場、見本市場みたいな雰囲気もする。←(区画された店舗ディスプレイに個性がないからそう思えるのかも知れない)
通路はかなり広くとってあり、また2Fまで吹き抜けとなったそこは開放的でとても明るい感じを受けるのは好印象。
(宮崎ならでは、地代坪単価500円/月の賜物かどうか?は不明)

いくつか興味のあるお店、スポーツ用品とか、楽器店、書店、エスニック雑貨等店内にも入ってみた。
“宮崎県内”のお店と比較すると売場面積も総じて広く、そして品数も多い、目新しいものも多く、興味深かった。

 報道にある如く、人は確かに多い、されどあまり買っている様子は無い、果たして商売としてはどうなのでしょう?
なーんて余計な事を思いつつ、1年後どうなっているのだろうか・・とふと考え、今回私の「イオン宮崎ショッピングセンター(後にイオンモール宮崎)第一偵察」は終えたのであった。

 私の場合はしばらく行く事もないかな・・。



イオン宮崎ショッピングセンター(後にイオンモール宮崎)第二偵察編

(イオン宮崎シネコンで「宇宙戦争」を観る)


しばし、映画館から遠のいておりましたが、/EONに出来たシネマコンプレックス(複合映画館)9スクリーン、チェックすべく先日封切になった「宇宙戦争」を観てきました。
一番大きなスクリーン(16.9m×6.88m)のシネマ1での上映でしたが、映像も音響(最新デジタル音響システム導入ドルビー社製SR†D EX)も最高。
後発につき、音響システムも最新鋭、良いのではと。
特に館内の吸音設計、音場設計が良いのか、今まで観たシネコンとかの映画館より、かなり音がクリアであり重低音も椅子が振動する位のものでした。

/EONとセットもののシネコン(マイカル)とかではなく、よくぞ宮崎の映画館(セントラル
シネマ)が入ってくれたと思います。
/EONが宮崎に出店するという情報が入った時点で、地元セントラルシネマ(セントラル観光)力武嘉寿子社長は現在の場所より移転を決断/EONへ打診したと、氏のインタビュー記事で見た事があります。
老朽化した映画館と駐車場問題等、氏の移転の判断もさることながら
/EONの誘致等に関して地元商店街等と揉めていたのもマイカルとかでは無く地元映画館が容易に入れた要因なのだろうか・・なぁ†んて事も。(単なる想像ですハイ)

こんな素晴らしいシネコンが宮崎にも出来て、夜ごはんを食べて、ちょっと車で映画を観に行こうか・・とレイトショー観れるようになったのは宮崎の映画ファンにとってはとても喜ばしい事だと思います。
もっともっと映画館へ足を運び「映画館で観る映画の良さ」を味わって欲しいものです。
スピルバーグの映画等は家のちっぽけなモニターでDVDなんぞで観るのもではありませんから(~~;)

宇宙戦争」の話題を少し。
地下から・・が出て来る、カーフェリーが横倒し、シーン(ネタバレなので詳細は省略)とかはもう度肝を抜かれるような大迫力。
今回もVFXはルーカスの「ILM」が担当しているそうですが、進化したCGはもうCGなのか実写なのか全く区別のつかない域に達してます。
スピルバーグ監督の「JAWS」「ジュラシックパーク」などに代表される "恐怖度" はCGの発展とともにさらに磨きがかかる。
ジョンウイリアムズの音楽は控えめ、静寂と効果音が更に恐怖心をかきたてる心憎い演出。天晴れ。
唯一残念なのはこの映画、最後の方がイマイチ理解出来なかった事かな・・。

トムクルーズもここへ来ていい役者という感じになってきました。
トップガン、「インド洋上字幕」からのシーンは何度くり返し見た事か・・(笑)

今日は「スターウォーズエピソード3」の先行上映もある。EP3が正式上映になるとやはり「宇宙戦争」はシネマ2に格下げ?になるのかな?
 (・・と思ったら、EP3公開後も引き続きシネマ1での上映のようです。)

ともあれ、ジョンウイリアムズの音楽が二館で流れるわけだ。

宮崎市イオン宮崎のシネコン セントラルシネマ

関連リンク next宇宙戦争 nextセントラルシネマ nextスターウォーズエピソード3





撮影した写真など・・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI



全国旅行支援「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)」

対象:全都道府県民
期間:2022年12月28日(水)チェックアウトまで延長
来年も企画あり詳細は下記リンク参照

宮崎県-全国旅行支援-「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)



赤い旗追記

イオンSC、初の歳末商戦 市街地と「すみ分け」傾向


 2005年12月25日付け 宮崎日日新聞によると
イオン宮崎ショッピングセンター(SC)(後にイオンモール宮崎)は開業当初の勢いを維持
衰退が懸念される中心市街地も街頭イベントを開くなど奮闘し、一部の店舗は客足を取り戻しているとのこと。
生活用品や若者向けは同SC、高級品や贈答品は中心市街地という“すみ分け”の構図もできつつあるそうだ。
 イオン出店を受け、12月の売り上げ目標を昨年より2割低く設定した宮崎市の宮崎山形屋は贈答品や中高年層向けの衣類は昨年並みの売り上げとなり、目標ラインは順調にクリアしそうとのこと。
若者向けはイオン、中高年向けは山形屋とすみ分けができている」と両店の担当者も口をそろえているそうです。

追記
九州百貨店協会発表の九州、沖縄地区百貨店(19社30店舗)2005年売上高によると、宮崎山形屋は売上高151億円、前年比▼2.2
データー上からも二分化し、イオン宮崎ショッピングセンター開店後も思った程宮崎市中心部、山形屋等の売上は落ちていないという事が言えそうだ。

イオン宮崎店ショッピングセンター(後にイオンモール宮崎)
 場所:宮崎県宮崎市新別府町江口862-1







「ひむかブログ」「OLD1」について

※本サイト内ページの内容について、いかなる保証をするものではありません。
古い記事につき、記載された情報・内容は、変更になっている場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

〜 結構古い記事 最初の「ひむかブログ」「OLD1」 | イオン宮崎ショッピングセンター(後にイオンモール宮崎) 〜
 

Comments

Trackbacks

Trackback URL : https://www.pmiyazaki.com/blog_old1/sb.cgi/18

Photo Miyazaki メインページへ戻る




PAGE TOP