back 戻る宮崎観光ページへ    
   new▼ 情報欄

宮崎県の神楽一覧(・・と言っても一部だけ) 宮崎県の神楽一覧(・・と言っても一部だけ)

大人(おおひと)神楽(日之影町)〔県指定 日之影神楽〕WebPage
神渡し」岩井川神社より「歌舞伎の館」まで、要所で道かぐらを舞いつつ「舞い入れ」を行う。
石段を下りて来る姿は、荘厳そして壮観! まさに「天孫降臨」



宮崎県の神楽(かぐら) By MORIMORI(K.Morita)


国指定:米良めら神楽(銀鏡しろみ神楽)/ 西都市

銀鏡神楽(地割)4Kサイズに拡大 銀鏡神楽(地割)4Kサイズに拡大

− 米良神楽(銀鏡神楽)地割 4Kサイズに拡大 −

昭和52年(1977年)、銀鏡神楽は、「高千穂の夜神楽」等より先に、宮崎県内の神楽で初めて国の重要無形民俗文化財(登録名は「米良神楽」)に指定されました。
「高千穂の夜神楽」や「椎葉神楽」は集落全体の神楽を総しての指定ですが、「銀鏡神楽」は単独の神楽での指定です。
詳細は  銀鏡神楽

国指定「高千穂の夜神楽」(浅ヶ部神楽)/ 高千穂町

浅ヶ部神楽 注連口(しめくち)(入鬼神) 4Kサイズに拡大 浅ヶ部神楽 注連口(しめくち)(入鬼神) 4Kサイズに拡大

− 高千穂の夜神楽(浅ヶ部神楽)注連口(しめくち)(入鬼神) 4Kサイズに拡大 −

「高千穂の夜神楽」が国指定無形民俗文化財に指定される前段階として、「高千穂神楽」が「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財(選択無形民俗文化財)」に登録されましたが、この際、文化庁への指定申請の基調をなしたのがこの「浅ヶ部神楽」です。
詳細は  浅ヶ部神楽

国指定「椎葉神楽」(嶽之枝尾たけのえだお神楽)/ 椎葉村

嶽之枝尾神楽 宿借り 4Kサイズに拡大 嶽之枝尾神楽 宿借り 4Kサイズに拡大

− 椎葉神楽(嶽之枝尾神楽)宿借り 4Kサイズに拡大 −

嶽之枝尾神楽は、椎葉村に伝承される「椎葉神楽」の中の一つです。「宿借」「注繩引鬼神」「星指」など、全国的に類を見ない演目が多く、貴重な伝承と云われる。神社拝殿、神前の畳の間を「御神屋」とし、さらに外庭にしつらえられた「外神屋」二か所で奉納されるのも嶽之枝尾神楽の特徴の一つとなっている。
詳細は  嶽之枝尾神楽

国選択・県指定「諸塚神楽」

戸下神楽 / 諸塚村

天空の御神屋(みこや) 戸下神楽(諸塚の夜神楽)H30撮影 天空の御神屋(みこや) 戸下神楽(諸塚の夜神楽)H30撮影

天空の御神屋(みこや) 戸下神楽(諸塚の夜神楽)8012pix幅に拡大


脈々と受け継がれてきた神楽が、素晴らしき景観の中で繰り広げられる・・
ここはまさしく、「天空の御神屋」(勝手に名付けました)。
詳細は  戸下神楽

南川神楽 / 諸塚村

とうせい 南川神楽(諸塚神楽)H30撮影 とうせい 南川神楽(諸塚神楽)H30撮影

とうせい 南川神楽(諸塚神楽)4Kサイズに拡大

県指定「船引神楽」宮崎市

宮崎の山間部の夜神楽が終わると、春には、平野部の神楽 作神楽(作祈祷神楽)が始まる。

船引神楽(宮崎市)めご舞 船引神楽(宮崎市)めご舞

めご舞 船引神楽(宮崎市)


船引神楽(宮崎市)めご舞 船引神楽(宮崎市)めご舞

めご舞 船引神楽(宮崎市)

めご舞では・・
神主:お訊ね申す。その右手に持たれる物をお披露目くだされ。
めご:この儀か、おの儀は一切諸神諸民の諸々の夢をさます目鈴と申す。なんと神主得心いたされたか。
神主:しからばその左手に持たれる物をお披露目くだされ。
めご:この儀か、この儀は貝が四寸に柄が尺これで尺四(杓子)と申す。なんと神主得心いたされたか。
神主:それではその股間の物をお披露目くだされ。
めご:この儀(鈴)も相済み、この儀(杓子)も相済み、なんと神主この儀ばかりはおゆるしくだされ。
神主:いやいや何もかも訊ぬるからには、一切残らずお披露目お願い申す。
めご:この儀は、イザナギ・イザナミノミコトより朕御宝 (ちんみたから)を授け賜って子孫繁昌の天の逆鉾と申す。なんと神主得心いたされたか。
・・といった会話が交わされる。
船引神楽詳細は  船引神楽
【神楽見学・近況・情報・ページ更新など】
※記載された予定等は変更になる場合もあります。お出かけの際は、公式サイト等で再確認をお願いします。
※この項目では、神楽開催情報、神楽公演・神楽関連TV番組放送などの情報を適時書いておりますが、開催後・放送後は適時削除します。
【サイト内検索のご案内】
当サイト内には多くの神楽の関連ページ/写真があります。
以下より、当サイト内の検索が出来ます。
画像検索もできますので、写真を探すことも出来ます。
サイト内検索
宮崎の神楽日程 神楽関連情報 更新情報など

特別展『みやざきの神楽〜神々への感謝と祈り〜』 火の前

古戸野神楽(五ヶ瀬町) 火の前 古戸野神楽(五ヶ瀬町) 火の前

− 古戸野神楽(五ヶ瀬町) 火の前 −

 ブログに少し写真などを掲載


十根川神楽は、12月第三土曜、午後7時頃より十根川神社境内にある神楽殿で奉納されます。
稲荷いなり

十根川神楽(椎葉神楽) 稲荷舞 4Kサイズに拡大 十根川神楽(椎葉神楽) 稲荷舞 4Kサイズに拡大

− 十根川神楽(椎葉神楽) 稲荷舞 4Kサイズに拡大 −


万才まんざい

十根川神楽(椎葉神楽) 万才 4Kサイズに拡大 十根川神楽(椎葉神楽) 万才 4Kサイズに拡大

− 十根川神楽(椎葉神楽) 万才 4Kサイズに拡大 −


万才 動画(4K)

【動画】十根川神楽(椎葉神楽) 万才 Youtubeにリンク 【動画】十根川神楽(椎葉神楽) 万才 Youtubeにリンク

− 【動画】十根川神楽(椎葉神楽) 万才 Youtubeにリンク −


手力たぢから

十根川神楽(椎葉神楽) 手力 4Kサイズに拡大 十根川神楽(椎葉神楽) 手力 4Kサイズに拡大

− 十根川神楽(椎葉神楽) 手力 4Kサイズに拡大 −
写真では見えませんが、手力雄の面は、福耳で、どことなく大黒様に似ておりました。思えば、十根川神社の祭神は、大己貴乃命(オオアナムチノミコト)なるほどと、納得した次第。

前半、東京よりNHKBS放送の取材クルー来ておりましたので、いずれ何かの番組で放送されるのかも知れません。
朝方はみぞれ混じりの雨でしたが、神楽殿の中はストーブが焚かれ、暖かく見学出来ました。
関連情報:この日、椎葉村内で奉納予定でした夜狩内神楽(椎葉神楽)は、諸事情で中止となったようです。今年度の椎葉神楽は今週で終わりました。私の夜神楽見学も今年はこれで終わりです。

今回撮った写真を以下に3枚掲載、全番付撮っておりますので、以前作成した「中之又神楽」ページに追加したいと思います。
(この時期、各地の夜神楽が重なるので、苦渋の選択となります。)
中之又神楽は鎮守神社の大祭に奉納されており、村所神楽・越野尾神楽・小川神楽(西米良村)、尾八重神楽(西都市)と共に「米良山の神楽(めらやまのかぐら)」として、国の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」(選択無形文化財)となっています。
12月第2土曜日に、鎮守神社社殿横に設えられた御神屋で、夜を徹して33番が奉納されます。
舞い手などの高齢化により、平成28年より開始時間を早め、午後1時から夜中までの神楽となっておりましたが、その後、山村留学中に神楽を学んだ卒業生や、当時の先生などが練習を重ね、今では多くの舞い、楽などを担うまでになり、昨年(平成30年)より再び夜神楽33番が復活しました。
今回撮った写真を以下に3枚掲載、全番付撮っておりますので、以前作成した「中之又神楽」ページに追加したいと思います。

神輿入れ
社殿での神事の後、社殿横に設けられた祭場"舞殿"に神輿が運ばれます。

鎮守神社社殿での神事の後、神輿は舞殿へ 4Kサイズに拡大 鎮守神社社殿での神事の後、神輿は舞殿へ 4Kサイズに拡大

− 鎮守神社社殿での神事の後、神輿は舞殿へ 4Kサイズに拡大 −


夜神楽が始まった。
今年は、観客も多く感じられる。「浦安の舞」の後、餅まきが行われ、夜神楽は一番舞「奉賛舞」より始まりました。
写真は、2番目に舞う「花の舞(地割)」、今年は昨年「奉賛舞」を舞ったア田さん親子が舞いました。

中之又神楽(米良山の神楽)4Kサイズに拡大 中之又神楽(米良山の神楽)4Kサイズに拡大

− 中之又神楽(米良山の神楽)4Kサイズに拡大 −


竹灯籠などのおもてなし
夜が暮れると境内前の小川では、中之又出身者でつくる「八重の桜隊」の隊員らが準備した竹灯篭が一斉に灯されます。今年はその数「900」昨年に増して一段と綺麗です!、多くの方が橋の上や袂で撮影されておりました。
中之又鎮守神社の大祭は、神楽もさることながら、関係者はもちろんの事、中之又の方々、出身者、そこへ集う一般の方々の想いに支えられているということを感じる一シーンです。出店も複数あり、中でも「肉うどん」「肉そば」を食べるのが楽しみの一つだったりします。

中之又神楽の風物詩(竹灯籠などの灯り)4Kサイズに拡大 中之又神楽の風物詩(竹灯籠などの灯り)4Kサイズに拡大

− 中之又神楽の風物詩(竹灯籠などの灯り)4Kサイズに拡大 −


高鍋神楽は、都農神楽、比木神楽、三納代(みなしろ)神楽の総称で、起源はいつからであるか定かでないようですが、奈良時代に神楽として舞われたことが世阿弥伝書などに記されているようです。
、 江戸時代の秋月藩の記録「高鍋藩本藩実録」によると、寛永20年(1643年)に、比木社(比木神社)に夜通し神楽を奉納させたことが記録されているとのこと。宮崎県指定無形民俗文化財にも指定されております。
比木神社で神楽が奉納されるこのお祭りは「神事(かみごと・かみごつ)」と言います。

神師舞
比木の神師舞は6人、若い舞い手の躍動的な舞いでした。
神事(かみごと)の為に、神社の境内に二日がかりで建てられた「山」(神籬ひもろぎ)、そして垂木を敷いて設けられた床、周囲に設けられた6つの囲炉裏など、御小屋の作りも舞いと共に見ごたえ十分でした。

比木神楽(高鍋神楽) 神師舞 4Kサイズに拡大 比木神楽(高鍋神楽) 神師舞 4Kサイズに拡大

− 比木神楽(高鍋神楽) 神師舞 4Kサイズに拡大 −


寿じゅの舞
烏帽子をかぶり翁面をつけ、御小屋に背おわれて現われ、腰を深く折ってゆっくりと、今にも止まりそうな感じで舞う。途中、何故か元気になり(老いても盛ん?)御小屋の外に出て、女性を連れ入りといったシーンも。眠たい時間帯の「かまけ」は目覚ましの意味もあるのでしょう。

比木神楽(高鍋神楽) 寿の舞 4Kサイズに拡大 比木神楽(高鍋神楽) 寿の舞 4Kサイズに拡大

− 比木神楽(高鍋神楽) 寿の舞 4Kサイズに拡大 −


繰卸し舞
ひもろぎをたおす鎮守の舞。一晩舞い続けられた神楽も終わり近くとなる。

比木神楽(高鍋神楽) 繰卸し舞 4Kサイズに拡大 比木神楽(高鍋神楽) 繰卸し舞 4Kサイズに拡大

− 比木神楽(高鍋神楽) 繰卸し舞 4Kサイズに拡大 −


今回、比木神楽の他に、三納代(みなしろ)八幡神社神楽も5番程奉納されました。
宮崎はこの冬一番の冷え込み、割と平野部にある木城町でも朝方の気温は氷点下、周囲に6ヶ所に設けられた特設の囲炉裏の炭火で暖をとれ、大変助かりました。見学を終え、車に戻るとフロントガラスに霜が降り凍っておりました。
 ブログに少し写真を掲載

《高鍋神楽 関連情報》
比木神社の「神事」とは別に、毎年旧暦12月2日に、児湯の六社(新富町三納代八幡神社、高鍋町愛宕神社、木城町比木神社、川南町白鬚神社、高鍋町八坂神社、平田神社)が順番に受持ち六年毎に当番となる「六社連合大神事」が奉納されおりますが、今年度の白髭神社は、事情によりお休みとなるようです。令和2年度は、令和3年1月に八坂神社(高鍋町)で奉納される予定との事です。

狭野神楽 2017年撮影 狭野神楽 2017年撮影 狭野神楽 2017年撮影


栂尾神楽は約400年の歴史があり、椎葉神楽の中でも最も古いとされているとのこと。
(余談・・先日見学した巨田神楽(宮崎市)も約400年の歴史・・この頃、里神楽は宮崎県全域に広がったのかも知れませんね・・。ちなみに、高千穂の神楽は800年前の文書にも記述がみられるが、里神楽が行われるようになったのは、江戸時代後期からのようです。)

夜神楽が始まる前、標高700mを超える栂尾神社の境内からは、神々しい景色を見る事が出来ました。
まさに今日、神々の出現を祝福するかのような、自然の成せる業です。

栂尾神社拝殿前より見る神々しい景色 4Kサイズに拡大 栂尾神社拝殿前より見る神々しい景色 4Kサイズに拡大

− 栂尾神社拝殿前より見る神々しい景色 4Kサイズに拡大 −



栂尾神社の夜神楽は、本殿より石段を50m程下ったところにある拝殿で奉納されます。拝殿での「1番 しめおこし」「2番 板起こし」の後、栂尾神楽本殿に、神を迎えに向かいます。
神迎えの前には、参拝者含め、ツタカズラを山型、谷型にして輪を作り、くぐったり、またいで越したりして、汚れをはらい清める神事「3番 つがもり」が行われます。

栂尾神楽 つがもり 4Kサイズに拡大 栂尾神楽 つがもり 4Kサイズに拡大

− 栂尾神楽 つがもり 4Kサイズに拡大 −


「4番 神迎え」では、本殿にて献饌、神事を行い、宮神楽を舞います。

栂尾神楽 神迎え(本殿にて)4Kサイズに拡大 栂尾神楽 神迎え(本殿にて)4Kサイズに拡大

− 栂尾神楽 神迎え(本殿にて)4Kサイズに拡大 −


栂尾神楽 地割 下 4Kサイズに拡大 栂尾神楽 神迎え地割 下 4Kサイズに拡大

− 栂尾神楽 地割 下 4Kサイズに拡大 −
栂尾神楽見学ブログ作成(WebPageは後に作成予定)




最近見学した宮崎県内の神楽などの写真(静止画・動画共に拡大サイズをリンク)

(この項目は期間限定公開・入れ替えあり)

日南市 乱杭野 霧島神社 直舞ちょくめ

令和元年5月5日「乱杭野 霧島神社 例大祭」で撮影。
飫肥の街から急坂を登った標高550mにある乱杭野 霧島神社は「子供の神様として崇敬されており」毎年5月5日の例祭に神楽も奉納されています。神楽は「田ノ上八幡神社」弥五郎保存会によるもの。この日は11番程奉納されました。(拡大画像は4Kサイズ)

日南市 乱杭野 霧島神社 直舞(ちょくめ) 日南市 乱杭野 霧島神社 直舞(ちょくめ)

− 日南市 乱杭野 霧島神社 直舞(ちょくめ) −


日南市北郷町 郷原ごうのはら神社(山宮神楽)御酒上げごすいあげ

平成31年3月31日(日)「花立花見神楽」で撮影。
今年で9回目となりますが、桜の咲く時期に、一目1万本の「花立公園」(日南市北郷町)で「花立花見神楽」が披露されております。神楽を舞うのは北郷町鎮座「郷原神社」の神楽(山宮神楽)、山宮神楽は350年の歴史があり、海・山・里の神楽が交ざっているのが特徴。舞・楽共に、郷原神社 松田宮司の指導の元、練習を重ねてきた、中・高生を主体とした神楽です。(拡大画像は4Kサイズ)

郷原神社(山宮神楽)御酒上げ 郷原神社(山宮神楽)御酒上げ

− 郷原神社(山宮神楽)御酒上げ(花立花見神楽にて) −


延岡市 三川内神楽(下塚)祝詞

平成31年3月24日(日)三川内神楽まつりで撮影。
桜咲く中、延岡市三川内地区で、第六回 三川内神楽まつりが開催され、18番が披露されました。「祝詞」はアメノウズメの舞です。(拡大画像は4Kサイズ)

三河内神楽(下塚)祝詞 三河内神楽(下塚)祝詞

− 三河内神楽(下塚)祝詞(三川内神楽まつりにて) −


宮崎市 村角むらすみ高屋神社神楽(宮崎市指定)

平成31年3月17日(日)宮崎市、高屋神社で撮影。
高屋神社神楽(昼神楽)を見学しきました。神社や神楽の解説もあり、楽しんできました。特に印象に残ったのは、小学生2名+中学生1名による三人剣、一糸乱れず素晴らしい舞でした。(拡大画像は4Kサイズ)

村角高屋神社神楽 三人剣より 村角高屋神社神楽 三人剣より

− 村角高屋神社神楽 三人剣より −


宮崎市 生目いきめ神楽(宮崎市指定)

平成31年3月16日、宮崎市、生目神社で撮影。
生目神社神楽(宮崎市指定)は、午後2時ころに始まり、午後11時頃まで奉納される「半夜神楽」です。写真は見所の一つ、連舞(放社〜里人〜稲荷山〜陰陽〜神武)の最後を告げる「神武」。(拡大画像は4Kサイズ)

生目神楽 神武 生目神楽 神武

− 生目神楽 神武 −


日南市北郷町 潮嶽うしおだけ神楽

平成31年2月11日、日南市北郷町、潮嶽神社で撮影。
潮嶽神社の潮嶽神楽(日南市指定)は、宮崎平野部の春神楽(作神楽・作祈祷神楽)の幕開けを告げる神楽です。2月11日(建国記念の日)に奉納されております。(拡大画像は4Kサイズ)

潮嶽神楽 魚釣り舞 潮嶽神楽 魚釣り舞

− 潮嶽神楽 魚釣り舞 −


高千穂町 浅ヶ部神楽(国指定:高千穂の夜神楽)

12月24日、高千穂町、浅ヶ部神楽公民館で撮影。
「御柴(おんしば)」十社大明神と磐下権現の氏神、二神が束ねた柴に乗り、担れて外注連を3回廻る。
前日は時折雨模様でしたが、翌日はご覧のように大快晴となりました。(拡大画像は4Kサイズ)
後日、ブログに他の舞の写真をいくつかアップ予定です。

高千穂 浅ヶ部神楽 御柴(おんしば) 高千穂 浅ヶ部神楽 御柴(おんしば)

− 浅ヶ部神楽(国指定名:高千穂の夜神楽)御柴(おんしば) −


高千穂 浅ヶ部神楽 御柴(おんしば) 高千穂 浅ヶ部神楽 御柴(おんしば)

− 浅ヶ部神楽(国指定名:高千穂の夜神楽)御柴(おんしば) −


高千穂 浅ヶ部神楽 岩潜(いわくぐり) 高千穂 浅ヶ部神楽 岩潜(いわくぐり)

− 浅ヶ部神楽(国指定名:高千穂の夜神楽)岩潜(いわくぐり) −


西都市 銀鏡神社大祭 銀鏡しろみ神楽(国指定:米良神楽)

12月14日、西都市、銀鏡神社で撮影。
面様迎え〜神事」銀鏡の五つの各集落から出た面様(宿神、手力男命、六社稲荷、七社稲荷、若男大神)は、行列を作って銀鏡神社へと練り込む。(拡大画像は4Kサイズ)

銀鏡神楽 面様迎え〜神事 銀鏡神楽 面様迎え〜神事

− 銀鏡神楽 面様迎え〜神事 −


西之宮大明神(ニシノミヤダイミョウジン)」祭神舞(宮司しか舞うことが許されていない)地域守護。冠をつけ面樺を採りものに厳粛に舞う。(拡大画像は4Kサイズ)

銀鏡神楽 西之宮大明神 銀鏡神楽 西之宮大明神

− 銀鏡神楽 西之宮大明神 −


伊勢神楽(イセカグラ)」岩戸(伊勢縁起)を説く舞。神主舞。(拡大画像は4Kサイズ)

銀鏡神楽 伊勢神楽(イセカグラ) 銀鏡神楽 伊勢神楽(イセカグラ)

− 銀鏡神楽 伊勢神楽(イセカグラ) −


木城町 中之又鎮守神社大祭 中之又神楽(国選択:米良山の神楽)

12月8日、木城町、中之又鎮守神社で撮影。
中之又神楽は、中之又鎮守神社拝殿横に御神屋を設え、奉納されます。
一番神楽「奉賛舞」舞殿清め・諸神勧請(神々のおいでを願う舞)(拡大画像は1920pix)

中之又神楽 奉賛舞 中之又神楽 奉賛舞

− 中之又神楽 奉賛舞 −


大社舞」中之又鎮守神社 ご祭神 (拡大画像は1920pix)
右上に神社本殿、左に神輿、下に「お賽銭」(冠にうまく入ると御利益があるとか・・)

中之又神楽 「大社舞」 中之又神楽 「大社舞」



鹿倉舞・稲荷舞」 (拡大画像は1920pix)
鹿倉舞:豊猟祈願(狩法神事)・鹿倉神出現の象 鹿倉面
稲荷舞:稲荷神出現の象・稲荷面
この日は、全6神体もの神が同時に舞い、壮観でした。

鹿倉舞・稲荷舞 中之又神楽 鹿倉舞・稲荷舞

− 鹿倉舞・稲荷舞 −


嫁女舞「神和気(かんなぎ)」女人存在固め・和合の象 (拡大画像は1920pix)

神和気(かんなぎ) 中之又神楽 神和気(かんなぎ)



椎葉村 嶽之枝尾神楽(国指定:椎葉神楽)

12月1日、椎葉村 嶽之枝尾神楽(嶽之枝尾神社)で撮影。「宿借り」「注連引鬼神」は、嶽之枝尾神楽の特徴的な演目です。(拡大画像は4K)

嶽之枝尾神楽 宿借り 嶽之枝尾神楽 宿借り

− 嶽之枝尾神楽 宿借り −


嶽之枝尾神楽 注連引鬼神 嶽之枝尾神楽 注連引鬼神

− 嶽之枝尾神楽 注連引鬼神 −


嶽之枝尾神楽 柴引 嶽之枝尾神楽 柴引

− 嶽之枝尾神楽 柴引 −


西都市 尾八重神楽(国選択:米良山の神楽)綱神楽

11月25日、西都市尾八重神楽例祭 尾八重神楽で撮影した「綱神楽」です。(拡大画像は4K)

西都市 尾八重神楽「綱神楽」 西都市 尾八重神楽「綱神楽」

− 西都市 尾八重神楽「綱神楽」 −

 尾八重神楽ページを、今年撮影写真へ(110枚)差し替えリニューアル

西都市 岡富 住吉神社 蛇きり

11月23日、西都市岡富住吉神社例祭にて撮影したものです。(拡大画像は1920pix)

西都市 岡富 住吉神社 蛇きり 西都市 岡富 住吉神社 蛇きり

− 西都市 岡富 住吉神社 蛇きり −


日之影町 大人神楽(岩井川神楽) 柴引〜戸取 4K動画

日之影町神楽まつり(場所:日之影町福祉館)にて撮影したものです。
戸取の口上

いかにやわらぎ大神は出てきせ給うか
出てきせ給わぬか
いでさせ給わねば 奥千歳の力を出し
順手の戸を取り、
投げさせ給わねば 美濃の国
枝が原にぞつき給うなりや
右手の戸を取り投げさせ給えば、
日向の国 青木ヶ原につき拾うなりや

日之影町神楽まつりにて、大人(おおひと)神楽 柴引〜戸取 日之影町神楽まつりにて、大人(おおひと)神楽 柴引〜戸取

日之影町神楽まつりにて、大人(おおひと)神楽 柴引〜戸取(4K動画・Youtubeにリンク)


日之影町 深角神楽 入鬼神

日之影町神楽まつり(場所:日之影町福祉館)にて撮影したものです。

日之影町 深角神楽 入鬼神 日之影町 深角神楽 入鬼神

− 日之影町 深角神楽 入鬼神 −


「椎葉民俗芸能博物館」に描かれた嶽之枝尾神楽「注連引き鬼神」

椎葉村の「椎葉民俗芸能博物館」は、椎葉神楽関連の展示物も豊富で、おすすめです。
場所は、鶴富屋敷の隣です。

椎葉民俗芸能博物館に描かれた 嶽之枝尾神楽「注連引き鬼神」 椎葉民俗芸能博物館に描かれた 嶽之枝尾神楽「注連引き鬼神」

− 椎葉民俗芸能博物館に描かれた 嶽之枝尾神楽「注連引き鬼神」 −
 
宮崎県内の神楽は207団体で保存・継承されているとのことです。

宮崎の神楽分布

高千穂系:高千穂町、五ヶ瀬町、日之影町、諸塚村、延岡北方町
椎葉系:椎葉村・五ヶ瀬町鞍岡
延岡・門川系:延岡市・門川町
米良系:西米良村・西都市(旧東米良村)・木城町中之又
高鍋系:高鍋町・木城町・川南町・都農町・新富町
宮崎・日南系:宮崎市・日南市
霧島の神舞:高原町
ここに掲載したものは、宮崎の神楽のほんの一部です。

お出かけの際には、必ず関連自治体、保存会サイト等にて、最新情報の確認をお願いします。
みやざき犬 (神楽のかぶりもの)
みやざき犬 (神楽のかぶりもの)

 

平成29年度神楽見学より 諸塚村 戸下神楽(国選択 県指定 諸塚神楽)

「天空の御神屋」と呼ぶにふさわしい、素晴らしいロケーションでした。

戸下神楽(諸塚村) 戸下神楽(諸塚村)

戸下神楽(諸塚村)
戸下神楽(WabPage)諸塚神楽(WabPage)

平成29年度神楽見学より 狭野神楽(国指定 高原の神舞)

夜は観客も大勢いて、大変賑わっておりましたが、明け方近くになると寂しくなります。(多かれ少なかれ、どこの神楽でもそうですが・・)
この日は月夜、神秘的な雰囲気に包まれておりました。

狭野神楽(高原町) 狭野神楽(高原町)

狭野神楽(高原町)WebPage

宮崎の神楽情報 過去の記録ページ

平成30年度(2018年度)以前の神楽関連情報、リンクは過去の記録ページへ移動しました。

宮崎の神楽関連ニュース


宮崎県の神楽なら、まずはコレ!みたいな本 2冊

 

オススメ!宮崎の神楽の本

宮崎の神楽 祈りの原質、その伝承と継承 / 山口保明著
みやざき文庫2 鉱脈社

生活文化圏を踏まえ、 人々の祈りの原質を追求。 神楽なくして明けぬ国・宮崎県内の北から南まで全域の、 土地に根ざす神楽を紹介。
番付も収録して神楽鑑賞にも役立つ。 第11回宮日出版文化賞。

 索引等 下記リンクよりamazon通販で購入できます。
 宮崎の神楽―祈りの原質・その伝承と継承送料無料
宮崎の神楽―祈りの原質・その伝承と継承
宮崎の神楽の本

 
 

オススメ!宮崎の神楽の本

みやざきの神楽ガイド/みやざきの神楽魅力発信委員会編
宮崎の神楽を世界遺産へ
〜宮崎の神楽ガイド決定版〜
神楽の歴史から、宮崎の神楽の特色 宮崎の神楽の舞台と演目、その周辺まで 的確な解説と豊富な写真・図版で案内。
宮崎の神楽は一度も見たことないけど、興味あるって方にもオススメ!
写真も豊富で、読みやすい内容だと思います。

 索引等 下記リンクよりamazon通販で購入できます。
 みやざきの神楽ガイド送料無料
みやざきの神楽ガイド/みやざきの神楽魅力発信委員会編
宮崎の神楽の本

 

神楽の写真 & 個別ページリンク紹介

〜 PhotoMiyazaki宮崎観光写真サイトについて 〜
当サイトは、写真中心のサイトです。パソコンの壁紙サイズの写真も多く掲載、出来れば大きな画面でご覧ください。
主な写真は写真上をクリックすると、画面幅サイズに拡大します。拡大した左上のアイコンをクリックするとさらに拡大、マウス操作でシームレスに拡大縮小します。
スマホ等でうまく拡大しない場合には、写真下の文字リンクをタップしてください。


 
高千穂の夜神楽(上田原神楽)
大人神楽(日之影町)

 
 
椎葉神楽(向山日当神楽)
六社連合大神事(高鍋神楽)

 
 
新田神楽(新富町)
南方神社神楽(穂北神楽)(西都市)

 
 
高屋神楽(西都市)
尾八重神楽(西都市)

 

中之又鎮守神社神楽 (木城町) 中之又鎮守神社神楽 (木城町)

中之又鎮守神社神楽 (木城町)WebPage 1WebPage 2

銀鏡神楽(西都市) 銀鏡神楽(西都市)

銀鏡神楽(西都市)WebPage1WebPage2
 
村所神楽(西米良村)
越野尾神楽(西米良村)

 
 
船引神楽(宮崎市)
野島神楽(宮崎市)

 
 
潮岳神楽(日南市)
高原の神舞 祓川神楽(高原町)

 

その他の宮崎の神楽ページ(当サイト内ページへリンク)

宮崎の神楽関連書籍関連話題

当方が考える「夜神楽見学上の留意・マナーなど」

一夜の氏子として参加させていただくというスタンスで

 宮崎の神楽は、見世物ではありません、奉納です。

車で行かれる場合

 山間部の夜神楽は、道中、道が大変狭く、対向車が来た場合、延々バックしないとすれ違い出来ないところもあります。街灯などはもちろんのこと、ガードレールも無いところも多いです。出来れば、明るい内に現地入りして、夜が明けてからの移動をおすすめします。
12月、1月、2月の夜神楽は、朝、車の窓ガラスに霜がべったり付いていることがありますので、フロントガラスを覆うようなシートをかけて置くと良いです。また、霜落としのスクレーパーや霜取りスプレーを積んでおくと良いです。
1月、2月、山間部では、たまに雪が積もることもあります。特に高千穂、椎葉、諸塚の神楽へお出かけ前には、天気予報のチェック、タイヤチェーンなど滑り止めの準備を。

初穂料の奉納

夜神楽は、一夜の氏子として参加させていただくというスタンスで、供物を持参、奉納します。
通常、受付があるので、焼酎2升(奉納)、または現金3,000円〜程度を「初穂料」として包んだものを奉納しますが、焼酎などは地域で好まれる銘柄などありますので、初穂料の方が無難かなぁーと、私は思います。
これは、神社でのお賽銭と同じ意味合い+ほしゃどん・社人(神楽を舞う方)へや神楽宿への感謝の気持ちであり、「ふるまい」の食事代やお酒の対価ではありません。
※諸塚神楽の場合、表書きは「御神前」とするのが一般的のようです。
地域によっては「子供神楽」が奉納されるところもあり、おひねりが投げ込まれます。ご祝儀用のポチ袋などを準備しておくと良いです。

「神楽まつり」などでは、お賽銭箱が用意されていると思いますので、お賽銭を入れればよいかなーと個人的には思います。

夕食・夜食など

地域によっては、蕎麦、ご飯などのふるまいがあったり、折詰をお返しに頂いたり、外で婦人会などの、うどん・蕎麦などの販売があったりするところもありますが、何も無いところもあります。
自身の夜食(手軽に食べられる、おにぎりなど)・おやつなど、持参しておいた方が良いです。

防寒には万全を期して

12月〜2月の夜神楽は、とにかく寒いです。 ダウンウエア+防寒インナーなど暖かい服装で、ネッウォーマー、帽子、貼るホッカイロ装備、足元から冷えるので、靴下に貼るホッカイロも忘れずに。
外で奉納される神楽でも、ムシロの上に靴を脱いで上がる場合も多いので、靴下は二重に履き、柔らかい素材の上履きみたいなものを持参しておくと良いです。座布団(クッション)、ひざ掛け毛布などもあると随分違います。
外で見る神楽は、敷物等無い場合でも対応出来るよう、折りたたみの小さ目のイスも車に積んでおくと良いです。

写真・動画などの撮影について

せんぐまき(餅まき)

平野部の神楽を中心に、せんぐまき(餅まき)を行うところがあります。(高千穂系は殆んど無し)
神楽の番付の区切りで数回に分け、まくところもあります。
せんぐまきを楽しみにしてらっしゃる方も多く、せんぐまきが終わると一気に人が減ったりします(^^)
餅を入れるレジ袋をポケットに忍ばせておくと良いです。
せんぐまきの際、皆さん熱狂しますので(^^;)思わぬ事故にもなりかねません、カメラや機材等を持参されている方は邪魔にならないよう、一時的に退避しておきましょう。
あと、最近はビニールに包まれた餅をまくところが主流となって来ておりますが、そのまままくところでは、カメラが餅取粉を被ることもありますので要注意です。
せんぐ餅
せんぐ餅

 

以前のニュース記事

神楽関連 資料 リンクなど


宮崎県内の国指定・県指定(民俗芸能 ・神楽)関連神楽一覧 

 〔 国指定 登録順 〕

S52.5.17 米良神楽 重要無形民俗文化財  (“米良神楽”は、「銀鏡神楽」単独指定。)
S53.5.22 高千穂の夜神楽 重要無形民俗文化財
H3.2.21  椎葉神楽 重要無形民俗文化財
H22.3.11 高原の神舞(祓川神楽・狭野神楽) 重要無形民俗文化財

 〔 国選択 登録順 〕
S53.1.31 高鍋神楽 選択無形民俗文化財
H5.10.15 諸塚神楽 選択無形民俗文化財
H29.3.3  米良山の神楽 選択無形民俗文化財 


 〔 県指定 登録順 〕

S44.4.1 高鍋神楽 (たかなべかぐら) 児湯郡高鍋町・川南町・都農町・新富町・木城町(高鍋神楽保存会ほか)
S56.3.10 尾八重神楽(おはえかぐら) 西都市大字尾八重(尾八重神楽保存会)
H3.3.15 船引神楽(ふなひきかぐら) 宮崎市清武町船引(船引神楽保存会)
H3.11.1 諸塚神楽 (もろつかかぐら) 諸塚村(諸塚神楽保存会)
H9.3.24 西米良神楽 (にしめらかぐら) 西米良村大字村所(西米良村神楽保存会連合会ほか)
H29.8.28 日之影神楽(ひのかげかぐら)日之影町(日之影神楽保存会)

延岡の神楽群

「のべおかの神楽」延岡城山神楽祭実行員会より引用
  神楽系統 保存会名
1 出雲系 延岡神楽 大峡保存会
2 尾崎保存会
3 伊福形保存会
4 川坂保存会
5 大野保存会
6 出雲延岡系 城下神楽 早日渡保存会
7 大和系 熊野江神楽 熊野江保存会
8 市振神楽 市振保存会
9 秩父系 三川内神楽 歌糸保存会
10 大井保存会
11 下塚保存会
12 市尾内保存会
13 梅木保存会
14 英彦山系 菅原神楽 菅原保存会
15 星山系 美々地神楽 美々地保存会
16 椎畑神楽 椎畑保存会
17 荒平神楽 荒平保存会
18 高千穂系 上鹿川神楽 東の内保存会
19 下鹿川神楽 下鹿川保存会
20 今村神楽 今村保存会
21 高鍋神楽比木系 坪谷神楽 坪谷保存会
-Miyazaki sightseeing photograph collection-

The contents of this site are written in Japanese only Please use English translationsite.

宮崎県の神楽一覧(各地の神楽の日程・情報リンクなど)写真も掲載

- 2015 -
【当サイトブログ】|毎日更新(目標)アラカルトブログ宮崎観光ニュースひとりごとブログ
TwitterFacebook
宮崎の写真投稿掲示板(BBS|PC用壁紙:宮崎の壁紙

サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メール で。

カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。掲載された当方撮影写真の使用に関しては → こちらを参照願います。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Copyright © 2017  MORIMORI All Rights Reserved.

-PhotoMiyazaki -

Back to Top