back 戻るPhotoMiyazaki〕 〔宮崎県の神楽〕    
   

村角 高屋神社神楽 村角 高屋神社神楽

− 村角 高屋神社神楽 −


村角 高屋神社神楽 鬼神 / 一刀 / 二刀 / やわらし鬼神


宮崎市無形民俗文化財
このページ群(全5ページ)は、平成31年3月17日(日)、宮崎市村角 高屋神社にて奉納された「高屋神社神楽」の写真を紹介するページです。

※(1)「奉仕者舞」は当方都合により未撮影。

  以前(平成22年)に撮影作成した以下のページも併せてご覧ください。
 過去に作成した村角高屋神社神楽ページ
〜 PhotoMiyazaki宮崎観光写真サイトについて 〜
当サイトは、写真中心のサイトです。このページでは1920pix幅の写真をリンク掲載、出来れば大きな画面でご覧ください。
主な写真は写真上をクリックすると、画面幅サイズに拡大します。拡大した左上のアイコンをクリックするとさらに拡大、マウス操作でシームレスに拡大縮小します。
スマホ等でうまく拡大しない場合には、写真下の文字リンクをタップしてください。

高屋神社たかやじんじゃ

御祭神:
彦火々出見命(ひこほほでみのみこと)
豊玉姫命(とよたまひめのみこと)
景行天皇(けいこうてんのう

高屋神社 高屋神社

− 高屋神社 (過去に撮影した写真) −

創建は、伝えるところによると、慶長16年(1611年)社殿改造の棟木があり、また仁明天皇嘉祥二年(849)当宮の祠官となった旧社家の系図があることから、その古いことがうかがえる。
神社の西にある小高い処は、彦火々出見命の山陵と言い伝えられ、「日本書紀」にいう「日向の高屋の小陵に葬る」とあるのは当地であると伝える。また景行天皇が六年間ご駐輦された高屋行宮址とも伝えている。

 同神社は, もとは高野(高屋)八幡宮と称していたが, 宝暦時代(1751〜63)以降高屋宮と称するようになり, 明治以降は高屋神社と称し現在に至る。
〔当サイト内関連ページ〕  高屋神社

村角 高屋神社神楽

高屋神社の例祭日は11月10日ですが、春の社日に厄払いと諸祈願が行われ、神楽が奉納されている。(神楽は春のみ奉納される。)
神楽の起源は不詳、尚、戦前までは舞も多く、一日がかりであったという。
現在は、午後1時頃より午後7時頃まで、18番程を奉納している。

近年は、田植え時季などの関係より、春分の日の前の日曜日に奉納されているようです。
高屋神社神楽は「宮崎市無形民俗文化財」に登録されておりますので、開催日近くになると、宮崎市のWebサイトでも日程の案内があろうかと思われます。

村角 高屋神社神楽 アクセス・地図等の情報

住所:〒880-0837 宮崎県宮崎市村角町橘尊1975
地図:GoogleMap Mapfan Mapion マップコード(66 444 093*80)
緯度経度:31度57分2.82秒 131度27分3.35秒(日本測地系)

高屋神楽の見所のひとつ「祭場」

近年、宮崎平野部の作神楽では、人手不足などから、止む無く祭場の作りを簡略化するするところがありますが、村角高屋神楽の祭場は変らぬ伝統、その作りは県内でも屈指、見ごたえ十分です。 注連は3本、上部には21本の五色の御幣がさしてある。

祭場 三本の注連 祭場 三本の注連

− 祭場 三本の注連 −


上方には、東西7本の縄を張り五色の御幣を下げている。 さらに上部に渡した竹の中央部には「クモ」が吊るされ御幣などが飾りつけられています。

祭場 クモなど 祭場 クモなど

− 祭場 クモなど −


舞庭の広さは約7m四方。「ハリヤ」と呼ばれる独特の竹笹の垣根で囲まれている。五穀豊穰共に、厄払いもかねているため、厄年にあたる男性達が神楽座に出席します。

祭場 竹笹の垣根で囲まれている 祭場 竹笹の垣根で囲まれている

− 祭場 竹笹の垣根で囲まれている −


正面に祭壇、左右角には、藁縄製のだい大蛇(オロチ)が置いてある。 たてがみはソテツの葉を用いているようです。この大蛇(オロチ)は、番付「綱」の時に登場します。

祭場 おろち 祭場 おろち

− 祭場 おろち −


せんぐ(餅)まきようの櫓(やぐら)が組まれているのも他では見ない独特の光景です。

せんぐまきの特設櫓 せんぐまきの特設櫓

− 祭場 せんぐまきの特設櫓 −



神楽

平成31年神楽番付 平成31年神楽番付

− 平成31年神楽番付 / やわらし鬼神 −


(1)奉仕者舞

「奉仕者舞」は, 神官姿の直面舞、神楽初めの清め舞。
 H22年の写真をご覧ください。)

(2)鬼神舞

荒ぶる神の勇壮な舞。毛頭、冠をつけ、舞棒(メンボ) を持ち舞い、後半は扇を使う。
この時の舞は小学生、「鬼神舞」は最初に習得する基本となる舞とのこと。

村角 高屋神社神楽 鬼神舞 村角 高屋神社神楽 鬼神舞

− 鬼神舞(小学生の舞) −


(3)一刀

剣を使った「一刀」、「二刀」、「三人剣」は、いずれもアクロバティックな見せ場の多い、清めの舞。

村角 高屋神社神楽 一刀 村角 高屋神社神楽 一刀

− 一刀 −


(4)鬼神舞

村角 高屋神社神楽 鬼神舞 村角 高屋神社神楽 鬼神舞

− 鬼神舞 −



(5)二刀

村角 高屋神社神楽 二刀 村角 高屋神社神楽 二刀

− 二刀 −


(6)やわらし鬼神

村角 高屋神社神楽 やわらし鬼神 村角 高屋神社神楽 やわらし鬼神

− やわらし鬼神 −
 
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com

宮崎県の特産品等をお取り寄せ

宮崎牛やマンゴー、冷汁など
宮崎の特産品をお取り寄せ!
みやざき便.com

 

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画の紹介
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画


肖像権・プライバシー権について

神楽を舞われている方、神楽関係者以外の観客の方については、肖像権、プライバシー権の観点より、お顔が認識出来ない程度のボカシ加工を行っております。
何か問題等ございましたらメールを頂ければ、すぐに対処しますのでご連絡をお願いします。

宮崎県の神楽なら、まずはコレ!みたいな本 2冊

 

オススメ!宮崎の神楽の本

宮崎の神楽 祈りの原質、その伝承と継承 / 山口保明著
みやざき文庫2 鉱脈社

生活文化圏を踏まえ、 人々の祈りの原質を追求。 神楽なくして明けぬ国・宮崎県内の北から南まで全域の、 土地に根ざす神楽を紹介。
番付も収録して神楽鑑賞にも役立つ。 第11回宮日出版文化賞。

 索引等 下記リンクよりamazon通販で購入できます。
 宮崎の神楽―祈りの原質・その伝承と継承送料無料
宮崎の神楽―祈りの原質・その伝承と継承
宮崎の神楽の本

 
 

オススメ!宮崎の神楽の本

みやざきの神楽ガイド/みやざきの神楽魅力発信委員会編
宮崎の神楽を世界遺産へ
〜宮崎の神楽ガイド決定版〜
神楽の歴史から、宮崎の神楽の特色 宮崎の神楽の舞台と演目、その周辺まで 的確な解説と豊富な写真・図版で案内。
宮崎の神楽は一度も見たことないけど、興味あるって方にもオススメ!
写真も豊富で、読みやすい内容だと思います。

 索引等 下記リンクよりamazon・楽天ブックスの通販で購入できます。
amazon みやざきの神楽ガイド送料無料
楽天ブックス みやざきの神楽ガイド その歴史と特色 [ みやざきの神楽魅力発信委員会 ]送料無料
みやざきの神楽ガイド/みやざきの神楽魅力発信委員会編
宮崎の神楽の本

 
※(1)「奉仕者舞」は当方都合により未撮影。
 
じゃらん 宮崎

 

The contents of this site are written in Japanese only Please use English translationsite.

村角 高屋神社神楽(1/5Page)鬼神 / 一刀 / 二刀 / やわらし鬼神

- 2019 -
【宮崎県内の神楽関連】 宮崎県の神楽
【当サイトブログ】|毎日更新(目標)アラカルトブログ宮崎観光ニュースひとりごとブログ
TwitterFacebook


サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メールで。

カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。掲載された当方撮影写真の使用に関しては → こちらを参照願います。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Copyright © 2019  MORIMORI All Rights Reserved.

-PhotoMiyazaki -

Back to Top