太陽高千穂峰(宮崎県高原町)登山 

高千穂峰登山

北緯31°53′11″ 東経130°55′08″ 標高 1,574m

※ 高千穂峰は、鹿児島県-宮崎県間にまたがる霧島連山の一部です。
宮崎県県北部にある、高千穂峡等で有名な高千穂町とは県南/県北、正反対の位置です。
(名前が同じ「高千穂」故、勘違いされる方もいらっしゃるようですので・・一応書きました。)

このページに掲載した登山の写真 / 記録は、2011年1月に、新燃岳がマグマ火する前のものです。

 前々から高千穂峰 (1574m)には是非登りたいと思っていた。(※標高は2014年4月1日より1574mに訂正。)
もちろん登山をしてみたいというものあるが、それ以上に、高千穂峰は宮崎(日向の国)に住む者の一人、日向神話に興味がある私にとって、それは迩迩芸命(ニニギノミコト)が天孫降臨したという伝えられる霊峰であり、他の山にはない何か一種独特の印象を受けていた山であったからだ。

高千穂峰山頂より霧島連山をのぞむ お龍を伴い高千穂峰へ登った坂本龍馬は、この光景を見て、此所ニきり島ツヽジヲビタヾシクアル 此穴ハ火山のあとなり渡り三町斗アリ すり鉢の如く下お見るニ おそろしきよふなり  と、慶応2年12月4日付、姉、坂本乙女宛の手紙に書いております。


 宮崎県高原町に位置する高千穂峰は、二説ある一つの天孫降臨の地であり、一方の天孫降臨の地である宮崎県の県北、高千穂町のくしふる神社のあるくしふる岳より始まる宮崎の観光街道、「ひむか神話街道」の終点でもある。

霊峰高千穂峰の頂上に立ち、是非ともこの目で山頂の迩迩芸命(ニニギノミコト)が降臨に際し、逆さに突きたてたという鉾「天の逆鉾(あまのさかほこ)」を見てみたかった。


宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等

【お得な旅行・宿泊情報】九州旅行、「九州ふっこう割」
 【第二期】(10/01〜12/28)九州ふっこう割ページ
 【第一期】(07/01〜09/30)九州ふっこう割ページ
九州旅行、九州ふっこう割

宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画の紹介
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画



天孫降臨について(日向神話)

天孫降臨は天照大御神(アマテラスオオミカミ)の命令で孫の迩迩芸命(ニニギノミコト)を地上の国へとつわかし、天孫による支配を確立するきっかけとなった。
迩迩芸命(ニニギノミコト)が降り立った所を、古事記では「筑紫(九州)の日向の高千穂のくじふる峰」、日本書紀では「日向の高千穂のニ上の峰」 と伝え、これにより 高千穂峰つまり宮崎県西諸県高原町日本発祥の地である とする根拠となっている。
この天孫降臨の地は、ここ高原町と宮崎県内でも北部に位置する西臼杵郡高千穂町の二説がある。 

高千穂峰登るぞ〜

  問題はあちきの体力だ(~~) 最近どこに行くのも車で・・足腰に全く自信無し、おまけに少し早足で歩いただけでもゼーゼー、坂を登ろうものなら心臓パクパク・・・ 筋肉と言えばおさえればフォアグラ状態、ふやふや(ァゥ!) 
休み休み、無理はしない、注意しながら登ればなんとかなるかな・・ ミヤマキリシマも撮影したいぞ〜。

 ・・・と 言う事でなんとか高千穂峰無事登って来ました。  以下はその際のレポです。
霧島MAP(地図)

現地周辺MAP(地図) (----登山道、-----今回のルート)


※ 宮崎/鹿児島のホテル・旅館は上記地図の〔宮崎〕or〔鹿児島〕→〔希望のエリア〕をクリックしてください。


高千穂河原より 2013年3月撮影 


新燃岳の2011年大噴火以来、遠ざかっていた、高千穂河原、2013年3月久々行ってきましたので写真をご紹介。
噴火警戒レベルが下がると良いのですが・・・落ち着いてきたかなと思ったら、火山性地震が1年ぶりにまた増えたり・・・。

高千穂河原から見た御鉢の様子 / 枠内 御鉢登山道、山頂付近の拡大写真
御鉢斜面の様子御鉢登山道の様子 拡大

登った訳ではなく、高千穂河原から望遠レンズで撮影しただけなので(^^;)

以上が 2013年3月撮影


News

霧島連山登山規制情報

 こちらのページを参照してください。 → 霧島山登山規制情報(概略図あり)
専門家は、「新燃岳火口縁を通る霧島連山の縦走(韓国岳→高千穂峰)は、(2011年のマグマ噴火から)10年単位で考える必要があるであろう」との見解を示しています。
2014年6月
ごみの散乱防止や登山客の利便性向上に向け、環境省は霧島連山・高千穂峰山頂に、個室の携帯トイレブースを設置した。市販の携帯トイレを利用できるよう便座が設置されている。

川崎の女性ら2人 規制中の登山道で遭難騒ぎ (2013/10/27記)
2012年GW初日・入山規制中の高千穂峰に登山、迷った2人を救助
登山禁止(入山禁止)の霧島・高千穂峰で遭難騒ぎ 

霧島山の火山活動や天気の急変に注意を!チラシ (PDF) 当方撮影の雲海写真も・・


以下は 過去の記録 (アーカイブ)

新燃岳火口より3Km以内には立ち入らない様、呼びかけ(気象庁)

気象庁は1月31日未明、新燃岳火口内の熔岩ドームが直径500mに達し、火砕流の恐れもある為、
新燃岳火口より3Km以内に立ち入らない様に呼びかけています。(噴火警戒レベルは3のまま)
今回、新たに大浪池の登山道の一部も立入禁止となったようです。

高千穂河原にも直径7〜8cmの噴石

2011年1月27〜28日には新燃岳から7Km離れた高千穂河原で、直径7〜8cmの噴石の飛散が確認されたようです。
新燃岳の火山活動が落ち着くまでは当面、韓国岳・高千穂峰等近辺の山への登山は様子をみた方が良いかと思います。
2011年1月27日の噴火の際、東に約50Km離れた宮崎市で撮影した写真です。

2009年の登山者数は2万9800人

環境省が高千穂河原登山口に設置した赤外線カウンターで調査した
2009年の高千穂峰登山者は2万9800人だったようです。

大河ドラマ「龍馬伝」鹿児島ロケ

NHKは9日、大河ドラマ「龍馬伝」第3部で坂本龍馬と妻お龍が旅行した霧島でのロケを予定していることを明らかにした。
龍馬とお龍の、「日本初」とされる新婚旅行は、第3部の最終話となる38回(9月19日放送予定)タイトル「霧島の誓い」で取り上げる予定とか。
龍馬とお龍は、高千穂峰に登ったそうですから、是非とも龍馬伝でも登って欲しいですね。
当サイト内関連話題→ 龍馬伝 第三部長崎ロケ、鹿児島ロケ 龍馬伝 鹿児島霧島ロケ
(鹿児島ロケは7月27日、28日、 27日に高千穂峰ロケが行なわれました。きっと天気が悪かっただろうなぁ)

霧島山(新燃岳)再びレベル2に(噴火の兆候)

2010年5月6日、霧島山新燃岳噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げ、
火口から1キロ以内への立ち入が再び禁止されております。(韓国岳への縦走は出来ません。)
もうすぐ・・見頃のミツバツツジも今年はお預けのようです。(5月6日)
新燃岳再びレベル2に / 最新情報は気象庁火山情報で。

霧島連山・新燃岳の噴火の兆候は認められなくなり警報解除が発表されました。(2008/10/29)
2008年8月高校生の方が滑落遭難大ケガ(翌日救助)、
10月75歳の方が滑落亡くなられております。十分ご注意ください。

[上記は大浪池登口付近にあった案内板を撮影、画像処理の上加筆したもの]
変則的な形での県境、高千穂河原、御鉢は鹿児島県、
高千穂峰が宮崎県というのが興味深い。→[MAP(地図)]

霧島温泉で創業100年の老舗旅館 清姫温泉
霧島温泉で老舗旅館  清姫温泉
New
〔関連TV放送のご案内〕
にっぽん百名山 「霧島山」
 BSプレミアム  2014年6月9日(月)  午後7時30分〜8時00分
 BSプレミアム  2014年6月15日(日)  午前6時30分〜7時00分(再)
 BSプレミアム  2014年6月19日(木)  午前11時00分〜11時30分(再)
“経験豊富なガイドに導かれ、わかりやすく、今の時代感覚にあった"ヤマタビ"の魅力を伝える「にっぽん百名山」。9日は霧島山。最も秀麗とされる高千穂峰(たかちほのみね)と最高峰の韓国岳(からくにだけ)を登る2泊3日の山旅をお伝えします。”

〔情報〕 高千穂峰の標高は、2014年4月1日より 1573m → 1574m になります。 → 詳細

〔情報〕 火山噴火予知連絡会は2014年2月25日、「地下のマグマだまりが2013年12月頃から膨張する傾向にあり、今後の推移に注意する必要がある」と発表した。 マグマだまりの膨張のほか、2013年12月〜2014年1月には、新燃岳に隣接する 大浪池及び韓国岳付近を震源とする地震が発生し、新燃岳の火口直下でも2月20日頃から地震が増加しているとのこと。

テレビ番組のご案内
BSTBS 6月8日(土)21:00〜 日本の名峰絶景探訪・神々が住む・高千穂峰

関連テレビ番組のご案内
2013年5月10(金)21:00〜(再放送 5月15(水)8:00〜) BSプレミアム 新日本風土記 「霧島連山」
宮崎県高原町がメインと思われます。  番組サイト


高千穂峰  御鉢 空撮



高千穂河原MAP(地図)高千穂峰へは、皇子原公園、霧島東神社からのルート(共に3.5時間程)と、今回私が登った鹿児島県側の高千穂河原のルート(1.5時間程)がある。
今回私が登った高千穂河原からのルートは一番登りやすく、短時間で登れるルートです。

 日向神話云々を語るなら・・ 本来なら、神武天皇が幼少時代を過ごした、ゆかりの地、皇子原公園側から登頂すべきなのですが、体力不足と経験不足につき、安易な鹿児島側からのルートを迷わず選択しました。(~~;)
霧島東神社近くからも登山道がありますが、なれた方向きの分かりにくいコースのようで、道に迷ったり、遭難事故が何度か発生しておりますので、十分ご注意ください。
 宮崎側からのルートはいずれ登山経験を積んで・・と・言う事で・・。
その前に体力もつけてと言う声もチラホラ(笑;)

 高千穂河原から高千穂峰までの距離は2.3Km標高差は600m。
私は、周りの景色を撮影しながら(実は休憩しながらとも言う)の登山でしたので2時間程度かかりました。

高千穂峰  (1,573.7m)
  宮崎県西諸県郡高原町
  MapionMap GPS N=31.53.10/E=130.55.08 辺り
  国土地理院提供地図リンク
高千穂河原ビジターセンター (一般的な登山口)
  鹿児島県姶良郡霧島町
 MapionMap  GPS N=31.53.08/E=130.53.45 辺り
 高千穂河原周辺案内図(PDF リンク先 霧島観光サイト)
国立公園霧島略図 1 (自然保護対策協議会発行)
 霧島エリアマップ(PDF リンク先:霧島屋久国立公園〔屋久島と分割・現在は霧島錦江湾国立公園〕霧島地域略図 企画:パークサービス・自然公園財団)

霧島山登山縦走

やはり霧島の楽しみは山歩きでしょう。初心者でも安心のコース等、霧島の山歩きは多彩です。
えびの高原〜高千穂峰の縦走も出来ましたが、2011年の新燃岳噴火で入山規制・現在は不可。

霧島連山縦走コース 距離・時間


宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com

宮崎県の特産品等をお取り寄せ

宮崎牛やマンゴー、冷汁など
宮崎の特産品をお取り寄せ!
みやざき便.com

高千穂峰登山で撮影した写真

[画像の一部はクリックすると拡大します。]

高千穂河原から御鉢の山頂部までは鹿児島県霧島市で、鞍部より高千穂峰山頂は高原町となる。
高千穂峰付近 県境 御鉢 高千穂峰 概略図


高千穂峰登山開始


霧島神宮 古宮址霧島神宮 古宮址

高千穂河原の駐車場に車を駐車(410円)、かつて霧島神宮があった古宮址脇より高千穂峰登山道へ入る。
霧島神宮は霧島のだび重なる噴火で炎上、この場所もかつて霧島神宮があった場所だそうだ。
霧島神宮は再建を繰り返し、裾野へ移動、現在の場所に1715年(正徳五年)、移動している。
現在の霧島神宮は第21代藩主島津吉貴公により造営寄進されたものとの事。
おっと 話がそれました・・ 古宮址を通らず、WC脇の自然遊歩道側からも登山道へ合流するので行けます。




高千穂峰登山 御鉢斜面前高千穂峰登山 御鉢斜面

石畳の道はやがて火山の赤い石、砂となって行き、辺りの樹林が無くなると高千穂峰の寄生火山である御鉢斜面の登山となる。この火山礫ガレ斜面は、足場の良いところを選んでよじ登って行くという感じです。軍手が必要です。


高千穂峰登山 御鉢斜より高千穂河原方面高千穂峰登山 御鉢斜面上部

途中で振り返ると、こんな感じです。 遥か向うに高千穂河原が見えます。 


高千穂峰登山 御鉢斜面最上部パノラマ

 そろそろ 御鉢の火口付近です。この辺りでは中岳新燃岳韓国岳等霧島連山が目の当たりに見えます。

高千穂峰寄生火山、御鉢


高千穂峰登山 御鉢 右の斜面はミヤマキリシマで一面ピンク色高千穂峰登山 御鉢

高千穂峰寄生火山御鉢登頂、右側の斜面はミヤマキリシマでピンクに染まっております。
御鉢(おはち)の火口。(直径およそ500m) 現在も噴気を上げ活動。

御鉢火口全景パノラマ写真
(この画像のみ撮影4月) 同じじような写真ですが御鉢のページもご覧ください。
高千穂峰登山 御鉢 活火山で蒸気があがっている。高千穂峰登山 御鉢火口の中もミヤマキリシマ

高千穂峰登山 御鉢火口高千穂峰登山 御鉢周囲の登山道(高千穂峰側から撮影)

御鉢の火口縁北側(馬の背)の登山道を歩きます。(御鉢火口内及び南側火口縁は,引き続き「立入禁止」)
この区間の登山道は概ね平坦、しばし周りの景色ながらの歩きを楽しみ最後に緩やかな登りとなる。
尚、御鉢火口縁の最高地点は1408m。

いよいよ高千穂峰


御鉢より見た高千穂峰 01御鉢より見た高千穂峰 02

やがて、主峰高千穂峰の黒い姿が!
ミヤマキリシマで一部の斜面がピンク色に見える。 うわぁ あんな急斜面を登るのか。

御鉢より見た高千穂峰 03 高千穂峰登山道 01

御鉢火口壁から主峰への鞍部へ下りるて行くといよいよ高千穂峰への最後の登りだ、この辺りは「背門丘(せたお)」と呼ばれ、霧島岑(みね)神社がもともとあったとこらしい。休憩をとるのにも良いポイントだ。(おそらくこの辺りは火山ガスは大丈夫だったはず)最初は傾斜も緩くわりと足場も良く、登りやすい・・が・・、


高千穂峰登山道 02高千穂峰登山道 御鉢をのぞむ

徐々に傾斜も厳しくなり、火山噴出した大きな石、火山礫、砂礫 で足をすくわれ脚力の無い私は辛くなって行く。
登り始めは写真のようなこんな滑り止め丸太で抑えた登山道もあったが、後に・・荒れて道らしいものは無くなる。
落石をさせないよう、一歩一歩踏みしめながら、無理をせず、疲れたら脇に寄り呼吸を整えながら登る。
後で知った話だが、一昨年下山中バランスを崩し,ここから滑り落ちて死亡すると言う事故も発生している。
ふり返るとだいぶ登って来た。御鉢が下に見える。


高千穂峰登山道 04 高千穂峰登山道 山頂付近のミヤマキリシマ

〜中略〜 頂上付近
途中の画像がないのは正直登るのに精一杯で写真を撮ってる余裕などなかったからかも知れない。
頂上少し手前付近は、滑り止め丸太も流され、さらに荒れており、登り辛い。 慌てず 慌てず 頂上を目指す。
おお!日の丸が見えて来た! 

高千穂峰 登頂!

 

高千穂峰山頂 01高千穂峰山頂 02 天の逆鉾

来た来た!ついに来た!念願の高千穂峰山頂、先端にはあの天孫降臨伝説を今に伝える天の逆鉾。
 360°の大パノラマ、ミヤマキリシマを堪能、疲れも一気に吹き飛ふ。

← 天の逆鉾(あまのさかほこ)


鉄あるいは銅製、長さ138cm、周囲26cm 霧島東神社の社宝

天逆鉾はいつごろから・・・天の逆鉾

文献の中に最所に天逆鉾が登場するのは江戸時代(1675年)橘三喜という人の旅行記の中。

立てたのは・・・

様々な説がありますが、一説には信仰深い山伏の一人が置いたといわれ、また一説には
薩摩の島津義久が勢力拡大の一環として伝承に沿った逆鉾を鍛冶屋に作らせ立てたとも言われています。
いずれにせよ真相は闇の中です。

一時期は柄だけだった・・

霧島の度々の噴火により鉾先が折れてしまい、柄だけの時代があったようです。
これは江戸時代の木下逸雲の記録でも確認できます。
(龍馬が登った時は、すでに柄だけだったようです。)
鉾先は都城市吉之元町の*荒武神社の御神体として祀られていたそうですが、戦後の混乱の中で紛失してしまったと言われます。

尚、現在ある逆鉾の鉾先は後付のもので、いつ誰が付けたかは分かっていないそうです。

 参考 高原町公報紙  PDF (参考文献 大學康宏「歴史の散歩道」) より 

* 荒武神社にある、奉賛会による由来文によると“鳥羽天皇の天永3年(1112年)2月2日に霧島山が大噴火し、頂上の逆鉾が西嶽村山中の不動石に落下し、荒武神社にご神体として奉安された。”と記載されているようです。

Wikipwdiaによると“柄の部分は地中に残っており、刃の部分は回収され、島津家に献上され、近くの神社(先の荒武神社の事かと思われます。)に奉納されたが、その後も様々な人手を転々と渡って現在は行方不明となっている。”とあります。(出典元不明)

*2 幕末長崎の画家、木下逸雲の「霧島山に登るの記」(文政11年(1828年))の小文に、この天の逆鉾図が大きく正確に描かれている。
高千穂峰山頂 03高千穂峰山頂 04
高千穂峰山頂 05高千穂峰山頂 06 二子石、御池方面
高千穂峰山頂 06−2 寄生火山二子石と御池高千穂峰山頂 06−3 偽山頂とか・・
高千穂峰山頂 07 おっと こんなところに人が。高千穂峰山頂 ミヤマキリシマ
  
ナイス-Leg?

下山

足元の浮石は一旦転がりだすとなかなか止らないで落ちて行く。
転がらぬ様十分注意をしながら一歩一歩踏みしめて下りる。登りより楽であるけどかなり神経を使う。砂利、砂に何度か足をくすわれつつも無事下山。

高千穂河原売店脇にある足洗い場で足を洗う。
山水なのであろう、凍る程に冷たく気持ちがいい!水飲み場の水も冷たくおいしい!
もう少し体力を付けなくては・・・


   

-坂本竜馬、おりょう新婚旅行記念  


坂本龍馬とおりょうの新婚旅行 今からちょうど130年前、慶応2年(1866年)日本の歴史の大転換期に坂本龍馬と妻おりょうは、薩摩(鹿児島)に訪れています。
京都伏見の寺田屋事件(1866年1月23日未明)で幕史に襲われ九死に一生を得た龍馬は、妻おりょうとともに霧島の山深く入り温 泉で傷を治しながらその足で霧島山(高千穂)の峯にある天の逆鉾を見ようと妻おりょうと高千穂登山をしています。
姉乙女への手紙によりますと「天の逆鉾」を見て天狗の面に似ていると二人で微笑んだと記されています。
下山途中は一面にみやまきりしまが咲きほころび美しい情景であったそうです。
またその足で霧島神宮をお参りし、大きな杉の木もあるが御神殿の建物にも奥深いものがあると感じながらここに一泊しそこから 霧島の温泉に戻り4月12日鹿児島へ帰っているようです。
坂本龍馬が鹿児島へ訪れた行程は88日間と示され、現在の新婚旅行とも言われています。
このことは龍馬が姉乙女宛へ送ったと言われる手紙から抜粋し要約したものです。
参考文献(京都国立博物館蔵より)1996.12 霧島町 
( 以上 霧島神宮現地案内版より引用 写真はその案内板と 坂本龍馬・おりょう)

リンク 坂本龍馬の手紙より 慶応2年12月4日付坂本乙女宛 → Wikisource

お龍を伴い高千穂峰へ登った坂本龍馬は、此所ニきり島ツヽジヲビタヾシクアル 此穴ハ火山のあとなり渡り三町斗アリ すり鉢の如く下お見るニ おそろしきよふなり  と、慶応2年12月4日付、姉、坂本乙女宛の手紙に書いております。
龍馬らが高千穂峰に登ったのは、慶応2年(1866年)3月29日、新暦にすると、5月13日、丁度ミヤマキリシマが咲く頃ですので、龍馬らはその頃を見計らったのではないでしょいうか?おそらく、手紙にあるきり島ツヽジは、後に「日本の植物学の父」といわれる牧野富太郎(1862年-1957年)が1909年に命名することになる「ミヤマキリシマ」の事でしょうね。
実は、牧野富太郎氏も新婚旅行で霧島方面を旅行した時にミヤマキリシマを発見、そして命名されたようです。
そして、これまた偶然にも? 牧野富太郎も龍馬と同じ、高知県生まれです。

-霧島連山 高千穂峰登山-


 帰路途中、山田町より撮影した高千穂峰 

 
枠のある画像はクリックすると拡大します。

銀塩一眼レフも持参したのですが、
今回程そのズッシリした重さを感じた
事はありませんでした。
おまけに銀塩の出来栄えもサッパリ。
やはり高性能な軽量デジカメ(非一眼)
買おうと決めた高千穂峰登山でした。

当方のブログ記事より
ミヤマキリシマ霧島登山


ページを作成するにあたり一部参考にした資料
「みやざき百山」 日本山岳会宮崎支部
「宮崎の山」 山と渓谷社

宮崎県の山一覧(一部)

2005/05

霧島の山一覧

 (並びは山の歴史の古い順になっています。 参照資料:霧島ジオパーク推進連絡協議会パンフレット)

  • (1)栗野岳(くりのだけ)1,094m 約20万年までに活動をしていた、現在の霧島山の中では古い火山のひとつです。
  • (2)矢岳(やだけ)1,132m 栗野岳とほぼ同期に活動をしていた古い火山のひとつです。
  • (3)獅子戸岳(ししこだけ)1,429m 10数万年前に活動して出来た火山で、山頂の西側に浅い火口のあとが残っています。
  • (4)白鳥山(しらとりやま)1,392m 約10万年前に活動して出来た火山です。その後に起こった白紫池(びゃくしいけ)の噴火によって火口は殆ど埋まっています。
  • (5)えびの岳(えびのだけ)1,292m 白鳥山と同じ頃に活動して出来た火山です。山頂には浅い火口が見られます。
  • (6)大浪池(おおなみいけ)1,412m 水面の標高は1,239m。約5万年前の噴火活動で出来た霧島山の中では比較的古い火口湖です。 
  • (7)夷守岳(ひなもりだけ)1,344m 約4万年前に活動していた火山で、“生駒富士”とも呼ばれ美しい山の形をしています。
  • (8)飯盛山(いいもりやま)846m 加久藤盆地が湖だった約3万年前に活動した火山です。
  • (9)韓国岳(からくにだけ)1,700m 約17,000年前に出来た霧島山の中で最も高い山です。山の大きさのわりに火口が大きいのが特徴。
  • (10)甑岳(こしきだけ)1,301m 韓国岳とほぼ同じ時代に活動して出来た山です。
  • (11)新燃岳(しんもえだけ)1,421m 現在の霧島山の中では、最も活動的な火山のひとつです。2010年5月にも噴火をしています。
  • (12)中岳(なかだけ) 1,301m 約1万年前に活動して出来た火山です。
  • (13)高千穂峰(たかちほのみね) 1,574m きれいな山の形が特徴的で、約7,000年前に活動をはじめました
  • (14)大幡池(おおはたいけ) 水面の標高は1,230m 噴火活動によって出来た火口に水がたまって出来た火口湖です。大幡山(標高1,353m)には、比較的最近に近い溶岩を噴出したあとが見られます。
  • (15)御池(みいけ)305m 約4,600年前に起きた、霧島山の歴史の中で最も爆発的な噴火によって出来た火口湖です。
  • (16)御鉢(おはち)1,408m 高千穂峰の西側で、約1,500年前から活動を始めた火山です。新燃岳と同じように、現在も活発な活動をしています。
  • (17)硫黄山(いおう山)1,310m 江戸時代にえびの高原に出現した硫黄山は、霧島山の中で最も新しい火山です。

霧島ジオパークフィールドマップ


「霧島ジオパーク」 霧島連山一帯は、2010年9月14日、日本ジオパークに認定されました。



ご意見、ご感想等ございましたらゲストブックまたはmail-icon
「霧島、宮崎」の画像を気軽にUPして下さい。ご自由にどうぞ→PhotoMiyazaki画像あっぷあっぷBBS
みやざき
PHOTO MIYAZAKI 宮崎観光写真  宮崎、霧島の観光、旅行の参考になれば幸いです。
このページへのリンクはフリー/連絡不要です。BBS、ブログ等からもご自由にどうぞ。
尚、掲載された画像の使用に関しては→こちらを参照して下さい。 メールはこちら

backPHOTO 宮崎 宮崎観光写真TOPへ |  backMORIMORI HomePage へ


Photo Miyazaki 宮崎観光写真 宮崎だぁJP ひむかブログ1 宮崎の観光や宮崎の話題をを中心としたブログ(旧)ひむかブログ2 宮崎の観光や宮崎の話題をを中心としたブログ(新)ひむかブログX 宮崎の観光や一般話題を中心としたブログ

Copyright © 2002-2014 MORIMORI All Rights Reserved.

PhotoMiyazaki宮崎観光写真SubPage
http://www.pmiyazaki.com/kirishima/tz/takachiho/



PhotoMiyazaki-宮崎観光写真について


このページは、宮崎県在住のページ開設者(MORIMORI)が 宮崎県の観光、宮崎県のお奨めスポット・宮崎県の名所・宮崎県の史跡・宮崎県の景色・宮崎県の花・宮崎県の美味しいもの・宮崎県の神楽等に代表される伝統芸能等々・・Webに掲載したの写真で宮崎県を紹介するサイト「PhotoMiyazaki-宮崎観光写真」の一ページです。

まだまだ、紹介しきれておりません。宮崎県には良いところ・美味しいものがたくさんあります。

WEB(写真)では伝えきれません!是非あなたも宮崎県へいらしてください!

 
リンクフリー 連絡不要・リンク大歓迎です。

写真・開設者 / MORIMORI