高千穂峰で転落、死亡|遭難

2001年10月15日 宮崎日日新聞記事
14日午後2時半ごろ、高原町の高千穂峰御鉢の通称「馬ノ背」で、下山中だった男性が登山道を転げ落ち、全身を強く打って死亡した。

小林署の調べでは、現場は御鉢から頂上に向けて約100メートル行った地点で、急なこう配のガレ場。

この男性は、鹿児島県霧島町の高千穂河原から登り、同日午後1時ごろ山頂に到着。同2時ごろ下山を始め、現場で先行する人を追い抜いた後、転倒したらしく、急に姿が見えなくなった。

同行者が119番通報し、同四時ごろ鹿児島県警国分署員や地元消防署員が現場に到着、発見したが、心肺機能は停止していた。

同県の防災ヘリで陸上自衛隊国分駐屯地に運び、国分市内の病院に搬送、同5時17分、死亡が確認された。

男性は、山登りが趣味でたびたび各地の山に登っていたという。 引用終わり



事故で亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

普段山に登り慣れた方でもこうして転落する事もある。
気を緩めず、慎重に歩かねばと再認識した次第です。

イメージ

写真は馬の背〜高千穂峰









|高千穂峰で転落、死亡|高千穂峰で静岡の高1遭難 転落し負傷高千穂峰で転落死増える中高年遭難韓国岳で小学五年生が遭難・死亡えびの高原 甑岳(こしき岳)から下山中、迷い、あわや遭難事故に・・登山禁止(入山禁止)の霧島・高千穂峰で遭難騒ぎ鹿児島の男性遭難か?韓国岳登山口に車登山禁止(入山禁止)の霧島・高千穂峰で一時遭難、救助韓国岳 火口に下り 3名道に迷い110番〜無事救助川崎の女性ら2人 規制中の登山道で遭難騒ぎ |立ち入り規制中の大幡山で遭難 〜 二日後に救助

高千穂峰登山