三脚 ベルボン ジオ・カルマーニュE645L + 自由雲台 QHD-71Q 感想

▶ in カメラ関連 posted 2020.06.13 Saturday / 07:58

久々、三脚&雲台を購入したので感想などです。
ほぼ備忘録みたいな、製品リンク集みたいなもの(^^;)

もちろん新品を買うようなお金は無いので(^^;)、リサイクルショップ(ネットオークション)で、15,000円程で購入したもの。
日進月歩のデジタルカメラとは違い、三脚や雲台などは大きな技術革新は無いですから、10年以上前のモデルでも、程度良ければ全く問題無し。(個人的意見)

ベルボン カーボン製大型三脚 ジオカルマーニュ E645L 三軸雲台(PHD-61Q)付き


三脚 外観


購入したのは・・Velbon(ベルボン) カーボン製大型三脚 Geo Carmagne(ジオカルマーニュ)E645L 三軸雲台(PHD-61Q)付き
ジオカルマーニュE645L 公式サイト製品情報

定価 10万7940円
ヨドバシカメラでの販売終了時価格:¥42,800

ハイアングル 背の高い三脚が欲しく追加購入

現在、メインで使っている三脚は Velbon(ベルボン) CarmageG530 + 自由雲台 QHD-61Q 随分長く愛用。
普段使う分には、使い勝手良く、しかもそこそこ軽く、自由度は高い。
たまに手を上に伸ばした位のハイアングルでスローシャッター撮影したくなる事が今まであったので、背の高い三脚が欲しく思っていたところでした。
たまたま先日、程度の良いものを見つけたので、購入した次第。

今回、入手したジオ・カルマーニュE645Lは、カーボン4段三脚で、全高2010mmのハイアングルが可能となる。

3ウェイ(三軸)雲台嫌い、自由雲台(ボールヘッド)主義

個人的には・・三軸雲台は好きになれず、手持ちの三脚の雲台は全て自由雲台(ボールヘッド)に統一している。
三軸の雲台は、持ち運び時にかさ張るし、重量も重い、目的のモノを撮影する際に、3軸調整しなければならず、時間がかかるのがネック、ローポジション時に雲台位置によってはパン棒が脚にぶつかってしまう。などの欠点がある。
動画を撮るなら「パン」などで使うので三軸一択でしょうけど、そのような動画はまず撮らないので、私の場合、自由雲台で事足りるのです。

ただ、重量のある望遠レンズなどでは、三軸雲台の方が、操作もしやすいし、安定しているのですが、私の場合、重量のある望遠レンズを使う(持ちだす)事は年に数える程しかないし、気を使えば自由雲台でも対応できますし・・。

三軸雲台(PHD-61Q)を自由雲台(QHD-71Q)へ等価交換

と言う事で・・今回購入した三脚についてきた三軸雲台(PHD-61Q)は使わないので、ネットオークションに出品〜で売却、代わりに中古の自由雲台(QHD-71Q)を入手した。送料込み価格はほぼ同額でしたので、等価交換みたいな感じでした。
自由雲台は、三脚の4Kg対応スペックに合わせ、一つ下のクラスのQHD-61Q(4Kg対応)でも良かったのですが、中古市場ではあまり価格も変わらなかったのと、望遠ズームレンズ( FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS)を使う事も考え、よりマージン確保出来る5Kg対応品を購入した。


3WAY雲台(PHD-61Q)
重量820g 推奨積載質量 5kg
参考価格:\28,600
ヨドバシカメラでの価格:¥14,790
三軸雲台(PHD-61Q) 公式サイト製品情報

上の3Way雲台(PHD-61Q)を以下の自由雲台(QHD-71Q) へ交換
↓ 
 
自由雲台(QHD-71Q)
重量450g 推奨積載質量 6kg
定価:¥23,100
ヨドバシカメラ販売終了時の価格:¥12,800
自由雲台(QHD-71Q) 公式サイト製品情報


続きを読む>>

- | -

オススメ peak design(ピークデザイン)anchor links(アンカーリンクス)AL-4

▶ in カメラ関連 posted 2019.09.19 Thursday / 07:58

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS(SEL200600G)は2Kg越えの重量。
カメラボディ側のストラップでも持てないことは無いのですが、レンズ部が重いのでマウント部に機械的負荷がかかり、歪みそうで好ましくないので、レンズ側に付いているフックにストラップを装着して使用してます。

レンズに標準でストラップが同梱付属しているのもカメラボディ側のストラップは使用しないでくださいという事なのでしょう。

カメラセットにレンズ・カメラボディと2本のストラップとなり、なんとも不格好、持ち歩くにもカメラバックに収納するのにも邪魔。

そこで、登場するのが、今回紹介する さまざまなストラップの先に装着するだけで、簡単に、素早くストラップを取り外しできるようになるクイックコネクター、「Peak Design(ピークデザイン)の アンカー リンクス AL-4」

なかなか使い勝手良いのでご紹介。

peak designピークデザイン anchor linksアンカーリンクス AL-4

望遠レンズ側にアンカーハウジングを装着した場合
望遠レンズ側にアンカーハウジングを装着した場合


カメラボディ側にアンカーハウジングを装着した場合
カメラボディ側にアンカーハウジングを装着した場合


紐の直径は実測1.8mm、見た目頼りなさげですが、耐荷重は90Kgとか! 凄いですねー、大人一人分がぶら下がっても大丈夫?。

私のような用途以外にも
三脚固定時、ジンバル使用時、防湿庫保管時などにストラップを簡単に取り外したい時などにも便利かと思います。
もちろんカメラ以外の用途にも使えると思います。
  


続きを読む>>

- | -

FE 24-70mm F2.8 GM(SEL2470GM)故障不具合修理(ズーム外装ゴムラバー劣化・フードロック破損)

▶ in カメラ関連 posted 2019.06.10 Monday / 07:52

1年位前からソニー一眼のレンズ FE 24-70mm F2.8 GM(SEL2470GM)において以下の不具合があったが、支障は無いし、修理を先延ばししていたのですが、延長保証(5年物損付保証)に加入しているし、修理に出すことにした。

不具合1、ズーム部分の外装ゴム(ラバー)が伸びて枠を超えて重なっていて見苦しい。
不具合2、レンズフード(ALC-SH141)のロック機構が緩くなり、ロックしないので自然に回転、最悪外れたりする。

実は二度程、自然にレンズフードがポロリと落ちたことがある。
二度目の落下の際は、神楽まつり会場で紛失。会場内を探していたところ、気付いてくれた方が、会場内のまつり本部に届けておきましたと告げてくださったので事なきを得た。
紛失だと、5年保証ききませんから痛い自腹出費(レンズフード(ALC-SH141)実売価格5,000円程?)に。

不具合1は、ネットでも同不具合を見かけた。
価格コムのクチコミでは
"ソニーストアで注文 2点でパーツ代1300円位でした。"とありました。ズーム部とピント部あわせて2点注文したのでしょうね。
不具合2はフードを交換すれば良くなると思うので、私でも修理できそうな内容。

FE 24-70mm F2.8 GM(SEL2470GM) 不具合説明写真


続きを読む>>

- | -

Photo Miyazakiメインページへ戻る

PAGE TOP