back 戻るbackPhoto Miyazakiへ back高千穂神楽へ戻る    

高千穂神楽 手力雄(たぢからお)の舞

 
手力雄(たぢからお)の舞は、手力雄命(たぢからおのみこと)が天照大神が隠れている天岩戸を探し当てるところをあらわした舞です。
鈴と紅白の岩戸幣を持ったこの舞は、静と動の折り合いが見事に調和した神楽舞いでです。

 手力雄命が持つ岩戸幣には冠がついています。青幣の山冠は天と水とを、赤幣の横冠は地と土を表し、分け幣の手では青幣を立て赤幣を肩に当て或いは鈴を一緒に横にして舞われる。 ここでは青幣が山、赤幣は畑の象徴と説明される。
しかし、ここでは鎮魂と復活という日神信仰を基調とする岩戸五番のなかの一つとして舞われることから「鈿女(うずめ)」のタマフリに対して幣を用いての天地の祓い神楽として解するのがよりふさわしいように思える。

柴引」「戸取」「舞い開き」を普通岩戸三番と称し、これに「伊勢」と「鈿女(うずめ)」を加えて岩戸五番という。
「手力雄の舞」は本来伊勢神楽と同一の舞であり、三十三番の数に合わせて後に創案されたものである。

同じ手力雄の舞でも「手力雄」で用いる神面は白面であるのに対して「戸取」で用いる神面は赤面である。これは戸取りという神楽の性格上、渾身の力をこめられるため面(おもて)が紅潮した状態を表している。

上記解説は、下段記載「神楽三十三番 高千穂夜神楽の世界(後藤俊彦・武田憲一著) 鉱脈社」を参考にした。

高千穂神楽の一般的な番付では24番目に舞われる舞です。
高千穂神楽 手力雄(たぢからお)の舞

 

DANCE OF TAJIKARAO

Tajikarao was a god known for his great strength. when the sun goddess Ammaterasu hid herself in a cave,Tajikarao went searching for her.Tajikarao suspected that Amaterasu hid in Amano−Iwato cave.This dance depicts Tajikarao listening for any sound and that would Prove that Amaterasu was actually in the cave.

高千穂神楽の動画(手力雄の舞)


高千穂神楽 動画 手力雄の舞 



2010年11月、写真追加 2枚 この日の奉仕者(ホシャ)は岩戸神楽の方でした。
 
手力雄(たぢからお)の舞 2010-11-01手力雄(たぢからお)の舞 2010-11-02


2010年1月、写真追加 4枚(上の縦写真含む) この日の奉仕者(ホシャ)は秋元神楽の方でした。
 
手力雄(たぢからお)の舞 高千穂観光神楽 (奉仕者 秋元神楽) 02手力雄(たぢからお)の舞 高千穂観光神楽 (奉仕者 秋元神楽) 03


手力雄(たぢからお)の舞 高千穂観光神楽 (奉仕者 秋元神楽) 04

2010年1月撮影分ここまで

高千穂神楽 手力雄(たぢからお)01 高千穂神楽 手力雄(たぢからお)02

高千穂神楽 手力雄(たぢからお)03高千穂神楽 手力雄(たぢからお)04

高千穂神楽 手力雄(たぢからお)05

下記2枚は別の日に撮影したものです。

高千穂神楽 手力雄(たぢからお)06高千穂神楽 手力雄(たぢからお)07


手力男(タヂカラオ)の舞 1 (高千穂神楽)手力男(タヂカラオ)の舞 2 (高千穂神楽)
手力男(タヂカラオ)の舞 3 (高千穂神楽) 手力男(タヂカラオ)の舞 4 (高千穂神楽)

この他に こちらの写真補足ページにも写真を掲載しております。 → 高千穂の夜神楽 手力雄の舞

高千穂神楽 画像リンク

高千穂観光神楽4番

■高千穂神楽(手力雄・たぢからお) ■高千穂神楽(鈿女・うずめ) 
高千穂神楽(戸取り・ととり)高千穂神楽(御神躰・ごしんたい)

■その他の写真
上田原神楽 岩戸、野方野地区石神神社の神楽(宮崎神宮大祭にて撮影したもの)

■神楽の壁紙→       



▲PageTOPへ

高千穂神楽(たかちほ神楽)

-TAKACHIHO KAGURA-
2006.01Up 2006.09写真追加 2010.01写真4枚追加 


掲載画像、文言において、間違い、不都合等ございましたらご指摘ください。
高千穂神楽は毎夜20時より高千穂神社神楽殿で4番のダイジェスト(約1時間)が舞われます。


「高千穂の夜神楽」を見学する前に、読んでおきたいお奨め本の紹介

高千穂の夜神楽の解説本ならまずはこれでしょう!!と私もオススメ・決定版と言えるべき本です。
高千穂神社の後藤俊彦宮司も著者の一人です。

神楽三十三番―高千穂夜神楽の世界 (みやざき文庫 56) 神楽三十三番―高千穂夜神楽の世界
著者:後藤俊彦,武田憲一,沼口啓美
価格: ¥ 1,728円
内容紹介:夜神楽の里で舞いつがれる三十三番を、 各演目ごとに登場する神を比定し、 土地の神話や伝承も織りまぜて、 その意味を説明。 併せて、 夜神楽の里の歴史、 里人の心意気を描く。 グラビアも圧巻。 単行本: 273ページ
出版社: 鉱脈社 (2008/8/29)

以下のリンクよりamazon/楽天ブックスで購入出来ます。(通常配送無料)
神楽三十三番―高千穂夜神楽の世界 (みやざき文庫 56)(amazon)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】神楽三十三番 [ 後藤俊彦 ]
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com

宮崎県の特産品等をお取り寄せ

宮崎牛やマンゴー、冷汁など
宮崎の特産品をお取り寄せ!
みやざき便.com

 


 
じゃらん 宮崎

 

その他の高千穂の写真も是非ご覧下さい(一部です)

-Miyazaki sightseeing photograph collection-

The contents of this site are written in Japanese only Please use English translationsite.



手力雄の舞|たぢからお|高千穂神楽〔宮崎県 高千穂町〕

- 2018 -
【当サイトブログ】|高千穂観光関連のブログ毎日更新(目標)アラカルトブログ
TwitterFacebook


サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メール で。

カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Copyright © 2019  MORIMORI All Rights Reserved.

-PhotoMiyazaki -

Back to Top