backPhoto Miyazakiへ back高千穂神楽へ戻る

高千穂神楽 手力雄(たぢからお)の舞

手力雄(たぢからお)の舞 高千穂観光神楽 (奉仕者 秋元神楽) 01

(高千穂神社神楽殿観光神楽にて)

手力雄(たぢからお)の舞は、手力雄命(たぢからおのみこと)が天照大神が隠れている天岩戸を探し当てるところをあらわした舞です。
鈴と紅白の岩戸幣を持ったこの舞は、静と動の折り合いが見事に調和した神楽舞いでです。

 手力雄命が持つ岩戸幣には冠がついています。青幣の山冠は天と水とを、赤幣の横冠は地と土を表し、分け幣の手では青幣を立て赤幣を肩に当て或いは鈴を一緒に横にして舞われる。 ここでは青幣が山、赤幣は畑の象徴と説明される。
しかし、ここでは鎮魂と復活という日神信仰を基調とする岩戸五番のなかの一つとして舞われることから「鈿女(うずめ)」のタマフリに対して幣を用いての天地の祓い神楽として解するのがよりふさわしいように思える。

柴引」「戸取」「舞い開き」を普通岩戸三番と称し、これに「伊勢」と「鈿女(うずめ)」を加えて岩戸五番という。
「手力雄の舞」は本来伊勢神楽と同一の舞であり、三十三番の数に合わせて後に創案されたものである。

同じ手力雄の舞でも「手力雄」で用いる神面は白面であるのに対して「戸取」で用いる神面は赤面である。これは戸取りという神楽の性格上、渾身の力をこめられるため面(おもて)が紅潮した状態を表している。
上記解説は: 神楽三十三番 高千穂夜神楽の世界 (後藤俊彦・武田憲一著) 鉱脈社 を参考にしました。

高千穂神楽の一般的な番付では24番目に舞われる舞です。
 

DANCE OF TAJIKARAO

Tajikarao was a god known for his great strength. when the sun goddess Ammaterasu hid herself in a cave,Tajikarao went searching for her.Tajikarao suspected that Amaterasu hid in Amano−Iwato cave.This dance depicts Tajikarao listening for any sound and that would Prove that Amaterasu was actually in the cave.



高千穂神楽の動画(手力雄の舞)

(当方撮影)

高千穂神楽 動画 手力雄の舞 


高千穂観光神楽 タヂカラオ

(各画像はクリックすると1024pix幅に拡大します。)


2010年11月、写真追加 2枚 この日の奉仕者(ホシャ)は岩戸神楽の方でした。
 
手力雄(たぢからお)の舞 2010-11-01手力雄(たぢからお)の舞 2010-11-02


2010年1月、写真追加 4枚(上の縦写真含む) この日の奉仕者(ホシャ)は秋元神楽の方でした。
 
手力雄(たぢからお)の舞 高千穂観光神楽 (奉仕者 秋元神楽) 02手力雄(たぢからお)の舞 高千穂観光神楽 (奉仕者 秋元神楽) 03


手力雄(たぢからお)の舞 高千穂観光神楽 (奉仕者 秋元神楽) 04

2010年1月撮影分ここまで

高千穂神楽 手力雄(たぢからお)01 高千穂神楽 手力雄(たぢからお)02

高千穂神楽 手力雄(たぢからお)03高千穂神楽 手力雄(たぢからお)04

高千穂神楽 手力雄(たぢからお)05

下記2枚は別の日に撮影したものです。

高千穂神楽 手力雄(たぢからお)06高千穂神楽 手力雄(たぢからお)07


手力男(タヂカラオ)の舞 1 (高千穂神楽)手力男(タヂカラオ)の舞 2 (高千穂神楽)
手力男(タヂカラオ)の舞 3 (高千穂神楽) 手力男(タヂカラオ)の舞 4 (高千穂神楽)

この他に こちらの写真補足ページにも写真を掲載しております。 → 高千穂の夜神楽 手力雄の舞




高千穂神楽 画像リンク

高千穂観光神楽4番

■高千穂神楽(手力雄・たぢからお) ■高千穂神楽(鈿女・うずめ) 
高千穂神楽(戸取り・ととり)高千穂神楽(御神躰・ごしんたい)

■その他の写真
上田原神楽 岩戸、野方野地区石神神社の神楽(宮崎神宮大祭にて撮影したもの)

■神楽の壁紙→       



手力雄の舞は静と動の内、静の部分では1/30程度でもシャッターチャンスを美味く使えばそこそこ撮れますが、動きのある他の神楽(特に戸取の舞のシーン)では 明かりに恵まれたこの観光者向けの神楽でもフラッシュなしでは明るいレンズを使わないと、IS0800でもちょっと苦しいです。 成功の秘訣は、数多く撮ってみる事でしょうか(笑) 
神楽の撮影の場合、フラッシュは使わない方が雰囲気ある絵が撮れると思います。 
 
撮影の際には他の方の迷惑にならないよう・たえず周囲に気配り目配りを。

▲PageTOPへ

高千穂神楽(たかちほ神楽)

-TAKACHIHO KAGURA-
2006.01Up 2006.09写真追加 2010.01写真4枚追加 


掲載画像、文言において、間違い、不都合等ございましたらご指摘ください。
高千穂観光神楽は毎夜20時より高千穂神社神楽殿で4番のダイジェスト(約1時間)が舞われます。


高千穂のページ




リンクフリー(リンクはご自由にどうぞ)

画像の無断転載禁止 尚掲載された画像の使用に関しては→こちらを参照して下さい。




- PhotoMiyazaki-MORIMORI -

Copyright © 2005-2010  MORIMORI All Rights Reserved.






PhotoMiyazaki-宮崎観光写真について

人も自然もぽっかぽか Miyazaki
このページは、宮崎県在住のページ開設者(MORIMORI)が 宮崎県の観光、宮崎県のお奨めスポット・宮崎県の名所・宮崎県の史跡 ・宮崎県の景色・宮崎県の花・宮崎県の美味しいもの・宮崎県の神楽等に代表される伝統芸能等々・・Webに掲載したの写真で宮崎県 を紹介 するサイト「PhotoMiyazaki-宮崎観光写真」の一ページです。

まだまだ、紹介しきれておりません。
宮崎県には良いところ・素晴らしい伝統・美味しいものがたくさんあります。
WEB(写真)では伝えきれません!

是非あなたも 「人も自然もぽっかぽか」 宮崎へいらしてください!
リンクフリー facebook twitter blog 等リンク大歓迎。