back 戻るPhotoMiyazaki〕 〔宮崎県の神楽〕    

三田井 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽) タイトル画像 三田井 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽) タイトル画像


三田井 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽) 7/8Page (柴引・伊勢・手力雄・鈿女・戸取・舞開)



柴引しばひき

場所:天の岩戸
命づけ:太玉命(ふとたまのみこと)
天香久山の柴をひき岩戸の前に飾る。

夜明けとともに、いよいよ岩戸神楽が舞われる。岩戸5番といわれるが、舞は六番で構成されている。布刀玉命が天香具山から榊を引き来り、天岩屋戸の前に飾る序曲舞。(高千穂の夜神楽33番ミニ解説より)
 
柴引(しばひき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
柴引(しばひき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
柴引(しばひき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
柴引(しばひき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
柴引(しばひき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
柴引(しばひき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 


伊勢いせ

場所:天の岩戸
命づけ:天児屋根命(あまのこやねのみこと)
七段しばりの大弊をもち舞う。岩戸を探る舞で岩戸開きの準備である。これから岩戸五番(六番あるけど)という。

岩戸開き祓いの神事舞で、岩戸五番では唯一素面で舞われる。(高千穂の夜神楽33番ミニ解説より)
 
伊勢(いせ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
伊勢(いせ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
伊勢(いせ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
伊勢(いせ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
伊勢(いせ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
伊勢(いせ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 


手力雄たぢからお

場所:天の岩戸
命づけ:手力雄命(たぢからおのみこと)
手力雄命が天照大神のお隠れになられている天岩屋を探し出すために、考えたり、静かに音を聞いたりする神楽で、鈴と御幣を持ち、天岩屋を探り当てる舞です。

天手力男神が岩戸幣と鈴を持ち、天岩屋戸の何処に大神がお隠れになっているかを探る舞。(高千穂の夜神楽33番ミニ解説より)
 
手力雄(たぢからお) 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
手力雄(たぢからお) 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
手力雄(たぢからお) 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
手力雄(たぢからお) 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
手力雄(たぢからお) 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
手力雄(たぢからお) 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
手力雄(たぢからお) 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
手力雄(たぢからお) 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
手力雄(たぢからお) 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
手力雄(たぢからお) 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 


鈿女うずめ

場所:天の岩戸
命づけ:天鈿女命(あまのうずめのみこと)
天鈿女命が天照大神を天岩屋から誘い出そうとする舞で、天岩屋の前で、調子面白く舞う神楽で優雅な舞です。神楽のはじまりともいわれています。

記紀神話では、天鈿女命は八百万神々の笑いを誘うため、桶の上で、衣もかなぐり捨て、調子面白く踊られたと記されているが、高千穂の夜神楽では、細女の舞は静かに舞われる。(高千穂の夜神楽33番ミニ解説より)
 
鈿女(うずめ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
鈿女(うずめ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
鈿女(うずめ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
鈿女(うずめ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 

鈿女(うずめ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽) 鈿女(うずめ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

鈿女(うずめ)


 
鈿女(うずめ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
鈿女(うずめ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
鈿女(うずめ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
鈿女(うずめ)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 


戸取ととり

場所:天の岩戸
命づけ:戸取明神(手力雄命)(ととりみょうじん)
手力雄命がたすきを掛け、面の汗をはらい。黒髪をふり乱して渾身の力を込めて岩戸を取りはらう荒々しい神楽です。
天岩戸を開き天照大神に再び出て頂き、これで又世の中が明るくなった。

手力男神が力の限り天岩屋戸を取り払う舞。岩戸を開くと神前中央に天照大神が祀られている筥宮が現れ、拝して終わる。(高千穂の夜神楽33番ミニ解説より)
 
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
戸取(ととり)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 


舞開まいびらき

場所:天の岩戸
命づけ:手力雄命(たぢからおのみこと)
ついに天岩戸を開き、天照大神に出て頂いたので、鏡を両手に持って喜び祝い舞う。

岩戸5番のフィナーレで、天手力男神が大神の手をとり、再びこの世にお迎えになる喜びの舞。宮司が神前中央の天照大神が祀られている筥宮の前で祝詞を奏上し、舞の途中で日月を象徴する御鏡を渡す。舞い終わると御鏡を宮司に渡し、宮司が筥宮に納めて終わる。(高千穂の夜神楽33番ミニ解説より)
 
舞開(まいびらき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
舞開(まいびらき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
舞開(まいびらき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
舞開(まいびらき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
舞開(まいびらき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
舞開(まいびらき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
舞開(まいびらき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
舞開(まいびらき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 
 
舞開(まいびらき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)
舞開(まいびらき)浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)

 





The contents of this site are written in Japanese only Please use English translationsite.
【サイト内検索のご案内】
当サイト内には多くの神楽の関連ページ/写真があります。
以下より、当サイト内の検索が出来ます。
画像検索もできますので、写真を探すことも出来ます。
サイト内検索



三田井 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽) 7/8Page (柴引・伊勢・手力雄・鈿女・戸取・舞開)


ページ公開 令和1年(2019年)8月12日

【高千穂観光関連】 高千穂観光 高千穂峡
【宮崎県内の神楽関連】 宮崎県の神楽
【当サイトブログ】|毎日更新(目標)アラカルトブログ宮崎観光ニュースひとりごとブログ
TwitterFacebook


サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メール で。

カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。掲載された当方撮影写真の使用に関しては → こちらを参照願います。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Copyright © MORIMORI All Rights Reserved.

-PhotoMiyazaki -

Back to Top