宮崎の太陽backPhoto Miyazaki 宮崎観光写真 TOPページへback霧島えびの高原のページBack宮崎県の神社へ戻る 

 
記紀編さん1300年 神話のふるさとみやざき 温故知新ものがたり ロゴ

霧島岑神社 (宮崎県小林市)


霧島峯神社(小林市)の位置霧島岑神社 鎮座地: 〒886-0004 宮崎県小林市大字細野4937番
地図:GoogleMap Mapfan Mapion マップコード(227 460 428)
緯度経度:N=31.57.45.2 E=130.57.36.9(日本地理系)



霧島岑神社は、創建年代は分からないが、「続日本後記」に平安時代初期の第54代 仁明(にんみょう)天皇の承和4年(839)、日向国諸県郡霧島岑神は官社に預かり、のち従五位上を授けられた」とその名が 現われている。

霧島岑神社 祭神:瓊々杵尊(ニニギノミコト)・木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメ)・彦穂々出見尊(ヒコホホデミノミコト)・豊玉姫命(トヨタマヒメ)・鵜葺草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)・玉依姫命(タマヨリヒメ)

霧島は、噴火を繰り返す自然の厳しさの象徴として山岳信仰の場として日本有数の霊場であり、、霧島で修行をする修験者たちの拠点となったところ、霧島岑神社は性空上人が開いた(整備した)霧島六所権現のひとつ。
当時 霧島岑神社は高千穂峰中腹(高千穂峰-御鉢の鞍部せたお(脊門丘・瀬多尾等の文字をあてる。)に座し霧島中央権現宮とも呼ばれていた。鳥羽天皇の天永3年2月3日、御鉢が噴き、社寺共に焼失。その後、高千穂峰-矢岳間等(新瀬戸尾、岡原、夷守岳中腹)など、霧島噴火に伴うたび重なる焼失で、各所に遷座、1873年(明治6年)に現在の場所に遷された。
1874年(明治7年)に同じく六所権現の一つ「夷守神社」と合祀、現在の霧島岑神社となっている。

島津義弘が飯野城に居た頃は、特に当社を敬仰、度々参拝したという。
当時は霧島中央権現の名が高く参拝の徒が四方から雲集したが夷守岳へ遷宮の後漸く少くなったという。

霧島峯神社 鳥居前から拝殿をのぞむ

式内社の霧島神社 について・・・

延喜式の神名帳には「諸県郡一座小 霧嶋神社」とあり、これが六社権現の内のどの社を指すかは諸説あり、はっきりしていないが、中央権現の称からしてこの霧島岑神社とする説がある。

 〔参考〕 以下は天皇家の“ふるさと”日向をゆく (新潮文庫) 梅原猛著 より一部引用
霧島岑神社はかつては、霧島中央権現と呼ばれていた。
『延書式』の「神名帳」には「諸県郡一座小 霧嶋神社」とあるが、これが六社権現のうちどの社を指すかははっきりしていない。霧島神宮であるという説もあるが、中央権現の称からして、この霧島岑神社こそ式内社の霧島神社であるという説がもっとも正しいと思われる。『統日本後紀』(しょくにほんこうき)に、仁明天皇の承和四年(837)、日向国諸県郡霧島峰の神に従五位上を与えたとあるが、これはやはり霧島岑神社であろう。 (引用終わり)

文化財等

霧島岑神社の霧島岑御神像六躰(瓊瓊杵尊、木花咲耶姫、彦火火出見尊、豊玉姫、鵜草葺不合尊、玉依姫)は、市指定有形文化財に指定されている。

霧島峯神社 境内地図

参道前左側に100台駐車できる大きな駐車場が出来ました。ここに駐車の上、苔むした表参道で参拝されることをおすすめします。この空間は厳か、癒されます。 北参道を車で行くと北参道駐車場(20台)もあります。
霧島峯神社 仁王像と参道


霧島岑神社 参道

鳥居まで続く参道の石畳は、旧夷守駅の石を移設したもの

当サイト内 関連ページリンク

平成28年1月 新年 霧島六社権現参り 霧島岑神社
平成27年6月 新緑の霧島の神社
平成27年1月 霧島の神社 新年 霧島六社権現参り
 

霧島岑神社、霧島他関連リンク

 宮崎県のWEBサイトよりみやざきの神話と伝承101:御池と性空上人 
 本地垂迹資料便覧 霧島六所 高原町歴史年表
 当サイト内 関連ページ 日向神話神々の系図
 えびの霧島周辺MAP(地図)リンク&GPS 







霧島岑神社画像(画像は1024Pixもしくは1280pixに拡大します)


New 平成24年3月撮影 6枚追加 (上部の大きな写真二枚含む)
霧島峯神社 参道霧島峯神社 社殿前の鳥居
霧島峯神社 拝殿霧島峯神社 駐車場付近から

鳥居 仁王像

霧島岑神社 鳥居霧島岑神社 仁王像と参道

享保元年の仁王像、石灯篭、などが残されている。

霧島岑神社 仁王像霧島岑神社 仁王像

参道は苔むした樹木のトンネル

霧島岑神社 参道 霧島岑神社 苔むした参道
[左画像]本殿は木々に囲まれた静寂な森の中に位置する。写真は摂社の鳥居。
[右画像]霧島岑神社参道入り口にある巨樹、イチイガシ (宮崎の巨樹百選) 拡大画像は1600pix

霧島岑神社 摂社鳥居霧島岑神社 巨樹イチイガシ
[左画像]本殿 [右画像]周辺は杉の巨木にかこまれ厳かな空気が漂う。

霧島岑神社 本殿 霧島岑神社 杉







霧島岑神社(霧島中央権現宮 別当 瀬多尾寺)
三国名勝図会より 霧島中央権現宮宮


夷守神社 (ひなもり神社)(雛守権現社 別当 宝光院))
三国名勝図会より 雛守権現社社








性空上人像 (霧島東神社

霧島六社権現(六所権現社)


霧島には霧島山を囲むようにして霧島六社権現と総称される一連の神社がある。
霧島神宮(西御在所霧島権現社 別当・華林寺)(鹿児島県霧島町)、をはじめ、東霧島神社(つま霧島と読む)(東霧島権現社 別当・勅詔院)(宮崎県都城市)、狭野神社(狭野大権現社 別当・神徳院)(宮崎県高原町)、霧島東神社(霧島東御在所権現社 別当・錫杖院)(宮崎県高原町)、霧島岑(みね)神社(霧島中央権現宮 別当・瀬多尾寺)(宮崎県小林市)。(夷守神社(雛守権現社 別当・宝光院)は霧島岑神社へ合祀の為現在は五社となる。)
*“権現名”については、「三国名勝図会」記載の呼称を記載しました。
 
 これらの神社を六社権現として*整備・再建したのは十世紀、村上天皇の頃 天台法華仏教を奉じ、修験道の信仰を確立した性空上人(しょうくう上人)でした。
性空上人は霧島でも修行、霧島山信仰を体系づけたといわれております。
*各神社の創建自体はさらに時代をさかのぼります。各ページを参照願います。

霧島六社権現(五社の写真をダイジェスト風に掲載)
関連リンク 霧島神社総数諸説(三国名勝図会より) 霧島六社権現の地図(Google Mapで作成したもの。)



霧島岑神社 (宮崎県小林市)


平成18年3月掲載・平成24年3月最終更新





【直前予約空室カレンダー情報リンク】直近の空き室状況が一覧で。
直前宿泊予約・九州・宮崎・他

宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画の紹介
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画


[当サイト内みやざきを紹介する主なページ]

高千穂高千穂峡日向岬西都原古墳群綾照葉大吊橋と照葉樹林生目の杜運動公園宮崎神宮平和台公園阿波岐原 みそぎ池フローランテ宮崎サンマリンスタジアム日南海岸フラワーフェスタ青島堀切峠道の駅フェニックスサンメッセ日南鵜戸神宮堀川運河飫肥(おび)わかばロケ地坂元棚田道の駅なんごう都井岬関之尾の滝霧島観光えびの観光生駒高原えびの高原不動池高千穂牧場高千穂峰宮崎県の道の駅 forGPS(緯度経度)宮崎のお薦めお土産

みやざき
PHOTO MIYAZAKI 宮崎観光写真  宮崎の観光、旅行の参考になれば幸いです。
このページへのリンクはフリー/連絡不要です。BBS、ブログ等からもご自由にどうぞ。
尚、掲載された画像の使用に関しては→こちらを参照して下さい。 メールはこちら

backPHOTO 宮崎 宮崎観光写真TOPへ |  backMORIMORI HomePage へ


Photo Miyazaki 宮崎観光写真 宮崎だぁJP ひむかブログ1 宮崎の観光や宮崎の話題をを中心としたブログ(旧)ひむかブログ2 宮崎の観光や宮崎の話題をを中心としたブログ(新)ひむかブログX 宮崎の観光や一般話題を中心としたブログ

Copyright © 2002-2014 MORIMORI All Rights Reserved.



-PhotoMiyazaki 宮崎 観光写真 SubPage-




PhotoMiyazaki-宮崎観光写真について


このページは、宮崎県在住のページ開設者(MORIMORI)が 宮崎県の観光、宮崎県のお奨めスポット・宮崎県の名所・宮崎県の史跡・宮崎県の景色・宮崎県の花・宮崎県の美味しいもの・宮崎県の神楽等に代表される伝統芸能等々・・Webに掲載したの写真で宮崎県を紹介するサイト「PhotoMiyazaki-宮崎観光写真」の一ページです。

まだまだ、紹介しきれておりません。宮崎県には良いところ・美味しいものがたくさんあります。

WEB(写真)では伝えきれません!是非あなたも宮崎県へいらしてください!

 
リンクフリー 連絡不要・リンク大歓迎です。

写真・開設者 / MORIMORI