月形 (高千穂峡) 

▶ in 高千穂峡 posted 2012.02.16 Thursday / 18:07



高千穂峡、「玉垂れの滝」の上にある半月の岩形を月形(つきがた)といいます。
弟の素盞嗚尊(すさのおのみこと)のご乱暴に嘆き悲しんだ天照大神(あまてらすおおみかみ)は、天岩屋にお隠れになりますが、八百万の神々の謀り事により、再びこの世にお戻りになります。
素盞嗚尊(すさのおのみこと)は、神々の裁きを受け、所払いとお詫びの証を造ることになりました。
 尊は、天照大神を日の光る太陽として日形を彫り、自分の光は月の光の半分もないからと、ざんげの印として三日月の穴を彫り、その後、高天原を去り、出雲に行かれたと伝えられております。

 江戸末期の記録には、月形・日形の絵図も残されていたようですが、現在は日形は崩壊し、月形のみが残っているようです。 (参照元:現地案内板)

高千穂峡 月形

ジモ・ミヤ・タビ キャンペーン PRバナー by MORIMORI
県内を旅してコロナ禍で疲弊する観光業を応援しよう!
宮崎県民限定「ジモ・ミヤ・タビ」キャンペーン
隣県割
大分県、熊本県、鹿児島県 在住の方限定【隣県割】宿泊最大一人あたり5,000円割引



確かに月の形ですが、なんとなく目にも見えますね。

高千穂峡 月形 02

冬の撮影なので、少し寂しい感じですが、落葉している分、見通しが良いのかも知れませんね。





以下は 本記事とは直接関係ありませんが、いくつか画像を掲載。

天岩戸神楽 八鉢(やちばち)
18番 八鉢(やちばち) すさおの尊が嫁を迎えて喜びの舞
少彦名命(すくなひこなのみこと)が太鼓に乗って身軽な舞をする。
(上岩戸地区・鉾神社にて)


話は がらりと変わって、古事記編さん1300年話題・・。

今年、平成24年は 日本最古の歴史書「古事記」が編さんれて、1300年にあたります。
高千穂町でも、先日の建国記念まつりでも、古事記編さん1300年記念と書かれておりましたし、19日に開催された「高千穂の夜神楽」シンポジウムでも、には、古事記編纂1300年記念とうたわれておりました。
古事記ゆかりの地も多い、高千穂、この機会に、多くの方に足を運んでいただけると良いですね。

以下は、宮崎県のポスターです。

宮崎県 古事記編さん1300年PRポスター#1
3D風の奥行きのある立体感あふれたデザインで、正面に「天孫降臨」の文字、高千穂の夜神楽の「手力雄命(たぢからおのみこと)」左に国見ヶ丘のニニギノミコト像、右上に高千穂峰山頂にある天の逆鉾、下に高千穂の雲海を配置、アーティスティック、かつ、インパクトのあるポスターだと思います。

新聞記事によると、県は1,000枚作成したようですので、県内の主な観光地等でも見かけるかも知れませんね。
 




Youtube MORIMORI

「高千穂観光ブログ」について

※本サイト内ページの内容については、その完全さに関して、いかなる保証をするものではありません。
サイト内ページに関するいかなる間違い、不掲載についても一切の責任を負うものではありません。
 記載された情報・内容は、先々変更になる場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

*リンクフリー*当サイト内ページへのリンクは連絡無用・Twitter、フェイスブック、ブログ、BBS等からも自由にどうぞ。

〜 高千穂観光ブログ  | 月形 (高千穂峡)  〜
 

- | -

高千穂観光メインページへ戻る


日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp




PAGE TOP