九重夢大吊橋の写真 (大分県)

九重夢大吊橋の写真(九重町 九酔渓にかかる大つり橋) 大分観光

九重夢大吊橋

九重夢大吊橋へのアクセス情報等

九重夢大吊橋の場所 
住所:〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野1208番地
  
九重夢大吊橋の地図
大型車等も駐車出切るメインの駐車場地図サイトリンク
九重夢大吊橋のメイン駐車場(南側)の地図(Mapion) 
  ( GPS N=33/10/07 E=131/13/34)

実はオープン当初の紅葉渋滞期は難所ルート側の駐車場の方が結構空いてたりしました(^^;)
 九重夢大吊橋の駐車場(北側)の地図(Mapion)
  (GPS N=33/10/21 E=131/13/54)
Yahoo!トラベル九重町・宝泉寺温泉・飯田高原 ニッポンレンタカー ご利用の1時間前までネット予約ができる!

九重 夢 大吊橋は大分自動車道九重I.Cより県道40号(飯田高原中村線)を経由して25分程度。
九重IC→(国道210号〜県道40号・25分)→[大吊橋]
由布院IC→(やまなみハイウエイ 県道11号 40分)→[大吊橋]
県道40号については狭い区間もあり、やまなみハイウエー、他からのルートを推奨しているようです。
紅葉
 [2011年九重夢大吊橋紅葉情報]
Web情報を見ると、今年の紅葉は11月3日には見頃となり、18日には終わりをむかえようといるようです。
下記にリンクの記載しておりますWebカメラ(ライブカメラ)の画像も参考になろうかと思います。
九重夢大吊橋の紅葉 add01九重夢大吊橋の紅葉 add02


 [2009年九重夢大吊橋紅葉情報 アーカイブ]
Web情報を見ると、今年の紅葉は例年より一週間程早いようです。11月14日にはピークを過ぎ散り始めているようです。既に初雪が降ったようです。温かくしてお出かけください。

 [2008年九重夢大吊橋紅葉情報 アーカイブ]
Web情報を見ると10月23日現在少しずつ紅葉し始めているようです、例年に比べて色づきは早いと、遅いいろいろな記事を見かけましたが、これからの気温次第かと思われます。Peakは11月第二週位でしょうか?

 [2007年九重夢大吊橋紅葉情報 アーカイブ] 
九重夢大吊橋周辺、九酔渓(きゅうすいけい)は紅葉の名所ですが、2007年の紅葉のピークは11月10日前後の見通しとの事です。(10月30日現在ほのかに色づき始めた状態)

 (吊橋の紅葉では・・先日行った熊本県五家荘の方が結構見応えあったような気も・・(^^;) 写真1写真2



日本一 九重夢大吊橋 (2015年12月まで・・)

 (2015年12月には、静岡県三島市で建設中のつり橋が日本一となる予定との事です。)

日本一の人道大吊橋 九重夢大吊橋2006年10月30日完成

 2004.6.3 仮称「鳴子川大橋」として起工した大分県九重町鳴子川渓谷にかかる九重夢大吊橋(総工費19億2,200万円)は2006年10月30日に完成した。

これまで歩く歩道としての高さでは宮崎県綾町にある照葉(てるは)大吊橋が日本一、橋の長さでは、茨城県水府村 龍神大つり橋が最長でしたが、九重夢大吊橋の高さは173m(綾142m)、長さは390m(茨城375m)、日本一の高さと長さを誇る吊橋(2006年11月現在)が完成しました。
九重夢大吊橋 寸法図
標高777mの九重夢大吊橋の上からは、丁度中間辺りで目前に「女滝」を望め、九酔渓、鳴子川渓谷の雄大な景色等360度のパノラマ、くじゅう連山、「日本の滝百選」に選ばれた「震動の滝」も少し遠く奥側に望めます。

九重夢大吊橋の概要

本体着工 平成16年5月 総工費 (周辺整備費を含む) 約20億円 国・県の補助あり
■標高 777m ■高さ 173m(歩く吊橋日本一) ■長さ 390m(同、日本一 *2015年12月まで?
■主塔の高さ 43m ■主塔の直径 1.4m  ■橋桁の幅 1.5m  ■手摺の高さ 1.4m
■橋桁の重量 312t ■メインワイヤー(2本)直径53mmのワイヤーを7本束ねてあります。
■耐重量 117トン(設計上65kgの大人が約1,800人乗っても耐えられます。)
■耐風性 風速65m程度 ■耐震性 震度5程度

大吊橋の通行料金・時間等

◆料金:中学生以上 500円 小学生以上 200円  乳幼児 無料  (団体:30名以上10%引き)
◆定休日 なし (気象などにより急遽閉鎖する場合もある)
◆受付時間 時期より異なるので注意 (谷あいになる為、秋から冬は16時を過ぎると暗くなります。)
 8:30〜16:30( 1月〜6月/11・12月) 8:30〜17:30( 7月〜10月)
◆ペットの入場禁止 ◆風雨天の際の傘差し歩行禁止

九重大吊橋の感想 雑感

オープン直後しかも紅葉の時期、大混雑で橋の上では全く立ち止まれないので、ゆっくり景色や下などを見ている余裕などありませんでした。
橋の上を皆さんでゾロゾロ行進していただけという印象で・あまり景色を眺める余裕もなし・みんなで渡れば怖くない?
正直、高所恐怖症気味の私でさえもなんら怖さを感じている暇もなかったという感じでした。

紅葉が終われば少し落ち着くと思いますが、冬場は滝以外は枯れた木ばかりで景観は今ひとつかも知れません。

橋の上は結構風が吹き、思ったより結構寒いので秋〜冬場〜春は暖かい服装でお出かけください。
安全面より雨の日の傘は禁止、ビニールのレインコートを200円で売っているらしい。雨の日にはレインコートをお忘れなく。

今年(2006年)は冷え込みが少なかったせいか紅葉の色付きが今ひとだったようで、たしかにほとんどは茶色の世界で、期待した程、赤や黄色の紅葉は無かった。残念。 PR JTBサイトでのホテルの空室確認/予約(大分県)
 
Webカメラ画像 九重夢大吊橋のライブカメラ?画像 (日田玖珠九重Webカメラ画像提供システム)

震動の滝

九重夢大吊橋のゲートを入り「震動の滝」を見る事のできる場所への遊歩道があります。
中段の滝展望所まで九重夢大吊橋たもとより階段昇り降りに5〜10分程度です。(時間は体力等によります。)
 →震動の滝周辺のページ

ここに掲載した写真のこと

個人/商用等で写真を使用したい場合には→写真の使用についてをご覧ください。

このページへのリンクについて(もちろんフリー連絡不要)

このページへのリンクはブログ、掲示板、WebPage等より、どうぞご自由に、もちろん連絡不要です! 



九重夢大吊橋の写真(下記写真はクリックすると640pixに拡大します)


吊橋オープン直後の紅葉の時期、渋滞を避ける為に早朝開門前から現地入りしましたが、見所の「震動の滝」や「女滝」紅葉等の写真撮影には午前中は光線の具合が非常に悪く(逆光もしくはそれに近い状態)、写真も全くさえないものとなりました。
・・・かといって昼頃出かけたのでは紅葉の時期は大渋滞覚悟だし・・・。

九重夢大吊橋の写真  (01) 朝開門前の風景九重夢大吊橋の写真 (02)九重夢大吊橋 (03) 開門と同時にこんな感じ


九重夢大吊橋 (04) 女滝九重夢大吊橋 (05)女滝九重夢大吊橋 (06)女滝
九重夢大吊橋 (07)下を見るとこんな感じ九重夢大吊橋 (08) 震動の滝九重夢大吊橋 (09) 紅葉は今ひとつでした。
九重夢大吊橋の写真 (10) 手前の臨時駐車場から撮影九重夢大吊橋の写真 (11) たまに空く時間帯があります。九重夢大吊橋の写真 (12) すごい人でした。
九重夢大吊橋の写真 (13) 橋の上に何人いるのだろう・・九重夢大吊橋の写真 (14)


九重夢大吊橋の写真 人人人(16)九重夢大吊橋の写真 人が多いので結構ゆれます。 (17)九重夢大吊橋 安全祈願の祠がありました(18)





余談・・

久住夢大吊橋 ではなく 九重夢吊橋


間違え易いですが・・・くじゅう ではなはく ここのえです。 
九重夢大橋ではなく九重夢大吊橋です。
あと 「夢」は こうやって くくるのが正式名称です。 → 九重“夢”大吊橋 

紅葉を終えたら「震動の滝」以外は今一かなぁ・・「枯れ木も山の賑(にぎ)わい」?


関連記事 引用

“http://kiji.i-bunbun.com/read/read.cgi?1148914800=114894759616378=1

世界一の夢を乗せて 「九重“夢”大吊り橋」に決定

 九重町は二十九日、玖珠川上流の鳴子川渓谷に建設している大吊(つ)り橋の名称について選定委員会を開き、「九重”夢”大吊橋」と決めた。
 名称については4月15日から5月19日まで一般公募し、日本全国や外国に住む日本人から計5890点の応募があった。この中から「””(かっこ)を付けて夢を強調している点がいい」との評価で、福岡県太宰府市の****さん(63)の作品を選んだ。(引用終わり)


九重夢大吊橋か完成する前に当方書いたブログ記事→ 日本一九重大吊橋

九重夢大吊橋までの地図(概略MAP) 

九重夢大吊橋までの地図(概略MAP) 


九重夢大吊橋ニュース記事関連 アーカイブメモ


九重夢大吊橋2013年10月21日800万人突破

2013年10月30日で7周年を迎える九重夢大つり橋の入場者が、10月21日、800万人に達した。2007年度には200万人を超える入場者があり、当初目標の年30万人を上回るペースで入場者が続いているが、昨年度は63万人とやや減少傾向となっている。

(情報)日本一の長さは2015年12月まで? つり橋「箱根西麓・三島大吊橋」建設中

つり橋「箱根西麓・三島大吊橋」は静岡県東部でパチンコ店などを経営する会社が、三島市笹原新田付近の山林約5ヘクタールを整備して建設。幅1.6m、全長400mで、現在日本一の長さを誇る歩行者用のつり橋「九重夢大吊橋」(390m)を10m上回る。高さはそれ程でもなく、73m(九重夢大吊橋は173m)のようです。富士山や駿河湾が一望できる。総事業費は約30億円。2015年12月に開通予定、年間180万人の集客を見込む。 12年4月25日

開通から5年半 700万人達成 

九重夢大吊橋の入場者数が、700万人に達したようです。ただ、2011年の来場者は約75万人に留まり、町内の宿泊者も完成前の約40万人から横ばいなど課題も。 12年4月22日

2010年11月9日 600万人達成 開通から4年10日 入場客は減少傾向

九重夢大吊橋の入場者数が開通以来、600万人に達したようです。ただ、今季は約90万4800人と大台割れとなって減少傾向にあるとか・・リピーターの確保が課題でしょうか。 10年11月10日

2009年 10月15日 九重夢大吊橋500万人突破

10月15日(水)300万人を突破した。 オープンから3年足らずでの達成。

飯田高原周遊バス きょうから実証運行

九重町地域交通協議会は、紅葉シーズンを挟んだ10月3日〜12月27日までの間、土、日曜日と祝日に飯田高原内の観光地を巡る周遊バスを実証運行。  周遊バスのルートは、九重夢大吊橋中村口を起点に、くじゅう連山長者原登山口や九重やまなみ牧場、九州芸術の杜、九重ラベンダー園から大吊橋の北方口を経て、出発点に戻る24・9Km。1周の所要時間は46分程度になる。 → 大分合同新聞 09年10月3日

さあ!!クイズです九重夢大吊橋500万人到達いつ?

九重町観光協会は、九重夢大吊橋の来場者500万人到達日を当てるクイズを始めた。町内の約170ヶ所の観光施設、観光案内所に備え付けの用紙で解答を受け付けている。 09年9月19日

九重夢大吊橋に新直売所、観光案内、2009年4月オープン

九重町は、九重夢大吊橋に農産物直売所を4月にオープンする予定。
農産物直売所だけでなく観光案内所、吊橋券売所、バス運転士らの休憩所も備える。/追記 09年2月13日

九重夢大吊橋へのバイパス道路完成 行楽渋滞緩和に

大吊橋へのバイパス工事(県道40号飯田高原中村線・バイパスは延長約1km)が完成、10月10日全線開通した。渋滞が緩和されそうです。バイパスの工事は大吊橋完成前から行われていたようですが・・・工期がこれほどかかってしまったのには何か訳があるのでしょうね。ともあれ紅葉時期のあの大渋滞が少しでも緩和されると良いのですが・・私が以前行った際に感じたのはバイパスよりむしろ駐車場のキャパを広げた方が渋滞緩和には効果がありそうな気もしましたが、効果は如何に。) / 追記記事(7-2) 2008年10月24日

九重夢大吊橋 375万人(2008年10月9日)/前年比大幅減

大吊橋の入場客数は開業以来375万人(2008年10月9日現在)。2008年4月以降は77万人で、昨年同期比45万人減と大幅減。 / 追記記事(7-1) 2008年10月24日

特急「ゆふいんの森号」停車に伴い臨時バス運行

九重町は九重夢大吊橋へ観光客を運ぶ臨時バスを運行するため、運営費等540万円を新年度(2008)予算案に盛り込む方針を決定した。最寄りのJR豊後中村駅に特急「ゆふいんの森号」が停車するダイヤ改正(4月26日より停車)に合わせ、4月〜11月の期間、日田バスと玖珠観光バスが1日6本を土日祝日などにR豊後中村駅〜九重夢大吊橋間を結び臨時バスを運行予定。また飯田高原一帯を周遊する新たな循環バスも運行、路線バスの充実を図るようだ。 / 追記記事(6)2008年2月29日

九重“夢”大吊橋1周年 入場者230万人

九重“夢”大吊橋(おおつりはし)が2007年10月30日、開業1周年を迎えた。29日までの年間入場者は町の予想をはるかに上回る230万8107人に達した。大吊橋周辺はこれから紅葉シーズンが本格化。2007年の紅葉は11月10日頃がピーク、見頃との事。
大吊橋を訪れるのは中高年の夫婦や家族連れが多く、町が実施したアンケート調査でも、60代(26%)が最も多く、50代(20%)、70代(16%)と続いているそうだ。
大吊橋の開業後、町内の温泉旅館やホテルは2、3割の宿泊客増加にとどまり、やや当てが外れたような格好。
以上、情報元は西日本新聞 / 追記記事(5)2007年10月31日

九重夢大吊橋 入場者200万人突破

九重“夢”大吊橋の入場者が9月16日(開業322日目)に200万人を突破した。
同町の当初予測(年間30万人)の7.6倍 で到達した。 / 追記記事(4)2007年9月17日

九重“夢”大吊橋来場者の動向調査(2007年7月)

九重町が2007年7月に来場者1000人を対象に実施したアンケート調査
男性:女性 半々
年齢別:60代 26%、50代 20.1%、70代 15.7%の順、中高年が主流。
地域別:福岡県 35.3%、大分県 13.9%、熊本県 7.3%の順。 (2007年10月11日西日本新聞より)

九重夢大吊橋 雨でも1万6000人

大型連休も終盤に差しかかった5月4日はあいにくの雨の中、九重夢大吊橋には県内外から16,000人が訪れた。
16,000人は開業以来、1日当たりの入場者数としては5番目、待ち時間は最高2時間半。累計では118万人に達した。 / 追記記事(3)2007年5月5日

九重夢大吊橋100万人突破

九重夢大吊橋の入場者数が4月10日に100万人を突破したそうです。予定より3倍以上早いスピードとか。
年末に50万人達成でしたので約100日で50万人が訪れている計算になりますね。 / 追記記事(2)2007年4月15日

九重夢大吊橋50万人突破

九重町の九重”夢”大吊橋の入場者数が12月28日、50万人を突破したそうです。
当初、年間30万人と見込んでいただけに九重町も想定外とか。
12月に入ってからはさすがに渋滞はあまりないそうですが、冬の時期、標高800m近くにある九重夢大吊橋付近は結構、積雪があり凍結していたりします。スタッドレスタイヤがベストです。
日陰に残ったアイスバーン等での追突事故も多いようです。運転には十分ご注意ください。 / 追記記事(1)2006年12月28日





※ 上記地図の希望の県をクリックしてお進みください。





九重夢大吊橋の写真(ここのえゆめおおつりばし) 大分観光 

2006/11 UP 2009/2最終更新

九州観光のページへ

MORIMORIカメラのページへ戻る

画像の無断転載禁
当サイト・ページはリンクフリーです。 Web、ブログ、BBS等どうぞご自由にリンクしてください。(連絡不要)

MORIMORI