九州観光関連トップ     
別府地獄巡り 血の池地獄 01 タイトル画像

別府地獄巡り 血の池地獄 (大分県観光スポット)


一般に「別府地獄めぐり」とは、別府地獄組合が運営する8ヶ所の地獄、「海地獄」、「鬼石坊主地獄」、「山地獄」、「かまど地獄」、「鬼山地獄」、「白池地獄」、「血の池地獄」、「龍巻地獄」を指します。
この内、「海地獄」、「白池地獄」、「血の池地獄」、「龍巻地獄」の4箇所は、平成21年7月、「別府の地獄」として国の名勝に指定されております。
このような「地獄」が観光施設となったのは、明治末期以降とのこと。
「海地獄」、「鬼石坊主地獄」、「山地獄」、「かまど地獄」、「鬼山地獄」、「白池地獄」はわりと近い位置にあり、徒歩で周れますが、「血の池地獄」、「龍巻地獄」は少し離れたところに位置しますのでバスもしくはタクシーでの移動となります。(下部地図参照)

効率良い「べっぷ地獄めぐり」順路

効率良い順路は「海地獄」→「鬼石坊主地獄」→「山地獄」→「かまど地獄」→「鬼山地獄」→「白池地獄」→(バスで「鉄輪」〜「血の池地獄」)「血の池地獄」→「龍巻地獄」のようです。
※「血の池地獄」と「龍巻地獄」は隣接しております。「龍巻地獄」(間歇泉)の吹き上がる時間を確認の上、どちから周るか決めれば良いと思います。

入園料

各地獄の見学は有料で、2015年4月現在、入場料はそれぞれ400円です。
5ヶ所以上の地獄を巡るのでしたら、2,000円で購入出来る8ヶ所共通券がお徳です。
いずれの地獄も駐車場は無料です。

定期観光バスもいいかも

亀の井バスが、地獄めぐりの定期観光バスを通常期一日三便運行。案内(亀の井バスサイト)

当サイトでは、現在、国の名勝、「海地獄」、「血の池地獄」、「龍巻地獄」の写真を紹介しております。
このページでは、「地の池地獄」を紹介します。

血の池地獄(ちのいけじごく)

血の池地獄は日本で一番古い「地獄」です。奈良時代に編纂された「豊後国風土記」に「赤湯泉」の名で記されているとのこと。日本最古の書物、「古事記」の編さんされた以前から存在する、日本最古の天然地獄なのです。
赤い色は、地下の高温、高圧下で化学反応を起こし生じた酸化鉄、酸化マグネシウム等を含んだ赤い熱泥が地層から噴出、堆積するため池一面が赤く染まっております。
光線の具合にもよるのかも知れませんが、血の色というよりは、若干茶色っぽい感じもします。
血の池地獄の広さは1300平方m、深さ30m以上、温度は78℃。
血の池地獄は、明治08年、13年、21年、27年、38年、44年、大正元年、昭和元年、および2年に爆発を起こしたようですが、対策として、池の撹拌(かくはん)作業を行うようになってからは爆発は起きていないとのことです。

湧出量:約1,800kl/日
泉質:酸性緑礬泉
泉温:約78度
別府地獄巡り 血の池地獄 02


別府地獄巡り 血の池地獄 03
別府地獄巡り 血の池地獄 04
別府地獄巡り 血の池地獄 05




【直前予約空室カレンダー情報リンク】直近の空き室状況が一覧で。
直前宿泊予約・九州・宮崎・他

ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング
楽天トラベル九州旅行

 

 
《お得な情報》東九州道など周遊エリアの高速道路が乗り放題!大分・宮崎ドライブパス 2015

別府地獄巡り 血の池地獄  アクセス等の情報

〔開園時間〕8:00〜17:00
〔住所〕〒874-0016 大分県別府市野田778
〔バス〕JR日豊本線別府駅から亀の井バス亀川経由鉄輪行きで30分、血の池地獄前下車すぐ
〔地図〕GoogleMap Mapfan Mapion マップコード(46 552 831)
緯度経度:N=33.19.26.6 E=131.28.51.4(日本地理系)
 
別府地獄巡り マップ(地図)
〔 別府地獄巡り 地図 拡大します。 〕

 

地図(マップ) べっぷ周辺エンジョイマップ・別府鉄輪温泉案内マップ

→ 拡大ページはこちらで
べっぷ周辺エンジョイマップ
〔べっぷ周辺エンジョイマップ〕
別府鉄輪温泉案内マップ
〔別府鉄輪温泉案内マップ〕

別府地獄巡り 海地獄へ 別府地獄巡り 血の池地獄(現在ご覧のページ) 別府地獄巡り 龍巻地獄へ


別府の地獄〜血の池地獄〜(大分県)


当サイト内大分県関連ページ
くじゅう花公園地獄蒸し料理 別府 地獄蒸し工房 鉄輪
久住高原赤川温泉赤川荘すずめ地獄道の駅原鶴黒川温泉のそば屋さん九重夢大吊橋原尻の滝


ページ作成者が宮崎県在住の為、宮崎県がメインなのですが、大分県など隣県の観光情報なども少しづつ追加して行く予定です。
このページが、大分観光、大分旅行のきっかけになれば幸いです。

サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メール もしくはGuestBookで。
カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。掲載された当方撮影写真の使用に関しては → こちらを参照願います。

Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Copyright © 2015 MORIMORI All Rights Reserved.


-九州観光- / -PhotoMiyazaki -

Back to Top