宮崎の太陽backPhoto Miyazaki 宮崎観光写真 TOPback霧島えびの高原のジページBack宮崎県の神社へ 

 
記紀編さん1300年 神話のふるさとみやざき 温故知新ものがたり ロゴ

霧島東神社 (宮崎県高原町)

霧島東神社(高原町)の位置
 霧島東神社の鎮座地

〒889-4414 宮崎県西諸県郡高原町大字蒲牟田6437
地図 マップファン
GPS N=31/53/17 E=130/57/51 辺り 天気予報 (宮崎県高原町)
霧島東神社 参拝殿 霧島東神社は、高千穂峰への中腹、標高500メートルの高台に鎮座。創建は*第10代崇神天皇の代、と言われ、ニニギノミコトが天孫降臨された際に、初めて祖先の神々を祀ったところと伝えられている。
〔主祭神〕 伊弉諾尊(イザナギノミコト)・伊弉冉尊(イザナミノミコト)
〔配祀〕 天照大神(アマテラスオオミカミ)・瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)・天忍穂耳尊(アメノオシホミミノミコト)・彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)・鵜葺草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)・神日本磐余彦尊(カムヤマトイハレヒコノミコト)(神武天皇)
*崇神天皇::『古事記』『日本書紀』に記される第10代天皇 在位 紀元前97年〜紀元前68年

霧島東神社は噴火を繰り返す自然の厳しさの象徴として山岳信仰の場としても日本有数の霊場であり、霧島で修行をする修験者たちの拠点となったところ、性空上人が開いた霧島六所権現のひとつ(霧島東御在所権現社 別当・錫杖院)となっていた。
現地案内板の説明文

伊邪那岐尊(イザナギノミコト)・伊邪那美尊(イザナミノミコト)を主祭神として祀り、第十代崇神天皇の代に霧島山を信仰の対象とする社として創建されたと伝わる。天暦年間(947〜957)に天台宗の僧、上空上人が神社のかたわらに別当寺である、錫杖院を建立し、霧島六社権現のひとつとして霧島山で神意仏心を崇める修行を行う修験者たちの拠点となった。当時は霧島山大権現東御在所之宮と呼ばれ、霧島修験の興隆に伴い社寺ともに栄えた。
度重なる霧島山の噴火により、復興造営を重ねており、現在の社殿は享保12年(1722)の造営により、幾度かの改修を経て今に至る。殿内奥には雌雄一対の龍柱が祀られ、正面には寛文6年(1666)薩摩藩主島津光久公寄進の「東霧島坐 [霧島の東に坐(いま)す]」の扁額が納められている。
例大祭 11月8日・9日
霧島東神社 神門から参道・拝殿を望む


天の逆鉾(あまのさかほこ)

高千穂峰山頂に立つ天の逆鉾は霧島東神社のご神宝。(ページ下部に写真あり) 山頂は霧島東神社の境内(飛び地)

祓川神楽

毎年12月第二土曜〜日曜に、不浄を祓うために真剣を使って舞う祓川(はらいがわ)神楽(神舞)が祓川神楽殿(もしくはその外に御講屋)で奉納される。(祓川神楽殿は、霧島東神社とは場所が違うので要注意)
祓川神楽は狭野神楽と共に「高原の神舞(かんめ)」として、平成22年、国の無形民俗文化財に指定されました。


霧島東神社関連外部リンク 
 宮崎県のWEBサイトよりみやざきの神話と伝承101:御池と性空上人
  当サイト内 関連ページ 日向神話神々の系図
  えびの霧島周辺MAP(地図)リンク&GPS 

New
《平成28年初詣情報》
元旦、午前1時から歳日祭、祓川神楽の「神随」を奉納。3日午前9時より元始祭。

当サイト内 関連ページリンク

平成27年6月 新緑の霧島の神社
平成27年1月 霧島の神社 新年 霧島六社権現参り
 

テレビ番組の紹介 BSプレミアム 新日本風土記 霧島連山

2013年5月10(金)21:00〜(再放送 5月15(水)8:00〜) BSプレミアム 新日本風土記 「霧島連山」
宮崎県高原町がメインと思われます。 祓川神楽なども紹介されるようです。  番組サイト

記紀編さん1300年記念 神話めぐりバスツアー 県南・県西 開始(土・日・祝)  霧島東神社も




霧島東神社画像(画像は1024Pixに拡大します)

2008年9月撮影追加 4枚

霧島東神社は、御池より車でかなり急な坂を登ったところにあります。
森に包まれた参道は厳かそのもの。下界と空気がまったく違います。

霧島東神社 2008年撮影 01霧島東神社 2008年撮影 02
霧島東神社 2008年撮影 03霧島東神社 2008年撮影 04
霧島東神社 参道霧島東神社 神門前の杉
霧島東神社 神門より霧島東神社 神門内参道

霧島東神社 拝殿等 霧島東神社 参拝殿 その2
「東霧嶋坐」 扁額

「東霧嶋坐」 扁額

 源光久書

拝殿に、「東霧嶋坐」と書かれた扁額(へんがく)を仰ぎ見るこ
とができます。
左には「源光久書」と奉納者銘が記されております。

平成18年発刊 霧島東神社由緒記によると・・・
源光久は、島津家十八代当主・島津家久の嫡男光久のことで、源と称したのは、源頼朝の命により薩摩・大隅・日向三カ国の守護・地頭として九州に下向した初代忠久が、実は源頼朝の落胤(らくいん)であるという由緒を持つためとの事。

霧島東神社 少し黄葉霧島東神社 黄葉

命の芽生え・・銀杏から芽の出たイチョウでしょうか。

天逆鉾(アマノサカホコ)

天逆鉾(あまのさかほこ)



霊峰高千穂峰山頂には、霧島東神社の社宝でもある、「天逆鉾(あまのさかほこ)」があります。 

様々な伝説

代表的な伝説二つ

■天上界の「イザナギ」「イザナミ」の夫婦神が日本列島を作るために、大地に天沼矛を突き刺し、かみ混ぜた。
この天沼矛が天逆鉾であるという説。
(引き抜いた矛の先から滴り落ちたものが日本列島の一部になった)

■高千穂峰に天孫降臨した神「ニニギ」が持っていた鉾が天逆鉾であり、国家平定のために使われた後、二度と振るわれることのないようにとの願いをこめて鉾を高千穂峰に突き立てたという説。
他にも様々な説がありますが、いずれも真相は分りません。

天逆鉾 あまのさかほこ (高千穂峰山頂) 01天逆鉾 あまのさかほこ (高千穂峰山頂) 02

石の天逆鉾

その昔、一人の大男が高千穂峰から天逆鉾を担ぎ、麓の祓川まで降りてきた事件があったそうです。
祓川の人々は男を問い詰め、なんとか逆鉾を取り戻しましたが、突如、その男が行方不明になりました。
人々は逆鉾が自らの意思で降りてきたと思い、逆鉾は山頂に返しましたが、石で複製の逆鉾を作り、それをしばらく祓川でお祀りしていたようです。
現在、この石の天逆鉾は霧島東神社の境内にひっそりと鎮座し、当時の篤い信仰心をうかがい知ることができます。

石の天逆鉾 (霧島東神社) 01石の天逆鉾 (霧島東神社) 02


霧島東神社 宮司のお話

天逆鉾は当神社の社宝であり、月に一度は高千穂峰に登り、天逆鉾を礼拝します。
現在は、史跡というイメージを持っている方が多いようですが、修験道の盛んだった時代には山伏達が修行の一環として
礼拝していました。また、麓の人々は雨の少ない時期になると天逆鉾の前で雨乞いの祭りをしていたそうです。
今では、登山客も安全を祈願します。
このように時代や人によって天逆鉾に対する思いは違いますが、感謝し、崇拝する気持ちは同じです。
大切なのは天逆鉾へ対する人の心なのです。   / 霧島東神社 宮司 黒木将浩(まさひろ)さん


 *上記天逆鉾の関連文章は、高原町広報誌「広報たかはる」(H22/8/1 NO.592)より転載させていただきました。





現地案内板の説明文

高千穂峰(1574m)の山頂にあり、霧島東神社の社宝として祀られている。伊邪那岐尊(イザナギノミコト)・伊邪那美尊(イザナミノミコト)が高天原から鉾を差しおろし、かき混ぜて作った国土に、逆さに突き立てたものと使えられる。また、天孫降臨の際に瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が天照大御神(アマテラスオオミカミ)から授かった鉾ともいう。
実際に祀られた時期は明確ではないが、霧島山の修験者たちが神話にならって祀ったものとされ、少なくとも江戸時代にはその存在は広く知られていた。霧島山に対する信仰の対象であるとともに戦前までは雨乞いの神ともされ、鉾の前で祭儀を行っていたという。




   *高千穂峰に関しては 高千穂峰 高千穂峰登山ページを参照願います。





性空上人の石像


この尊像は、性空上人が入寂されてより一千年の御遠忌に当たる平成十八年、上人の遺徳を偲ぶ善男善女の奉賛により建立されたものである。尊像の右腕に杖つく錫杖は、金剛力により衆生の塵を払い人々を悟りに導く智杖であり、錫杖の音を聞くことによって一切の衆生は悪をやめ、善を修し悟りに達するといわれる。
また左掌に掲げる独鈷は、人間の心中の煩悩を払い本来の姿を現すための法具であり、性空にとっては見仏が叶わぬ時は両眼を盲にする悲願の象徴であった。
 ただ直向に道を求めて止まぬ性空の若き日の英姿には、仰ぎ見る人に明日を生き抜く力を与え続けるものがある。

平成18年発刊 霧島山東御在所縁起 霧島東神社由緒記 / 著者 楠本正  発行 霧島東神社より引用

性空上人の石像性空上人の石像


霧島東神社参道にある「開山性空上人」と書かれた性空上人の石碑

霧島東神社参道にある「性空上人開(山)」と書かれた性空上人の石碑 01霧島東神社参道にある「性空上人開(山)」と書かれた性空上人の石碑 02
性空上人像 (霧島東神

社

霧島六社権現(六所権現社)と性空上人


霧島には霧島山を囲むようにして霧島六社権現と総称される一連の神社がある。
霧島神宮(西御在所霧島権現社 別当・華林寺)(鹿児島県霧島町)、をはじめ、東霧島神社(つま霧島と読む)(東霧島権現社 別当・勅詔院)(宮崎県都城市高崎町)、狭野神社(狭野大権現社 別当・神徳院)(宮崎県高原町)、霧島東神社(霧島東御在所権現社 別当・錫杖院)(宮崎県高原町)、霧島岑(みね)神社(霧島中央権現宮 別当・瀬多尾寺)(宮崎県小林市)。(夷守神社(雛守権現社 別当・宝光院) は霧島岑神社へ合祀の為現在は五社となる。)
*“権現名”については、「三国名勝図会」記載の呼称を記載しました。

 これらの神社を六社権現として*整備・再建したのは十世紀、村上天皇の頃 天台法華仏教を奉じ、修験道の信仰を確立した性空上人(しょうくう上人)でした。
性空上人は霧島でも修行、霧島山信仰を体系づけたといわれております。
*各神社の創建自体はさらに時代をさかのぼります。各ページを参照願います。

霧島六社権現(五社の写真をダイジェスト風に掲載)
関連ページ→  霧島神社総数諸説(三国名勝図会より) 霧島六社権現の地図(Google Mapで作成したもの。)



霧島東神社(霧島東御在所権現社 別当 錫杖院)
三国名勝図会より 霧島東御在所権現社

錫杖院は、正式名を霧島山大権現東光坊花林寺錫杖院と称された、霧島山東御在所両所権現社(現在の霧島東神社)の別当寺である。
霧島六所権現は、10世紀半ば、比叡山の性空上人により、霧島山の周囲に寺社が配置された。
錫杖院もその一つで、東御在所権現社と共に栄えたが、文暦元年(1234)の霧島山の大噴火により焼失した。その後、文明18年(1468)薩摩国の島津忠昌が真言僧を遣わして復興させ、一時期日向国の伊東氏に支配された他は島津氏の統治下に入った。
高千穂峰や御池も錫杖院の境内とされ、峰に登る際は、必ず当寺に参詣するなど、社寺共に繁栄していたが、慶応4年(1868)4月、廃寺となった。

平成14年3月31日 高原町教育委員会作成  史跡 錫杖院墓地 現地案内板より一部引用        

 


霧島東神社 (宮崎県高原町)




皇子原公園パンフレット ひむか神話街道〜神武天皇ゆかりの地 高原をたずねて〜 高原町マップ


みやざき
PHOTO MIYAZAKI 宮崎観光写真  宮崎の観光、旅行の参考になれば幸いです。
このページへのリンクはフリー/連絡不要です。BBS、ブログ等からもご自由にどうぞ。
尚、掲載された画像の使用に関しては→こちらを参照して下さい。 メールはこちら

backPHOTO 宮崎 宮崎観光写真TOPへ


Photo Miyazaki 宮崎観光写真 宮崎だぁJP ひむかブログ1 宮崎の観光や宮崎の話題をを中心としたブログ(旧)ひむかブログ2 宮崎の観光や宮崎の話題をを中心としたブログ(新)ひむかブログX 宮崎の観光や一般話題を中心としたブログ

Copyright © MORIMORI All Rights Reserved.