back 戻る宮崎観光ページへ〕   
Photo Miyazaki サンメッセ日南ページタイトル
Miyazaki sightseeing photograph collection Sunmesse Nichinan

サンメッセ日南 (世界でおそらく唯一であろうモアイ、アフ・アキビ7体の完全復刻像)

 
サンメッセ日南 モアイ像の壁紙 1

サンメッセ日南 モアイ像の壁紙 2〔PC用壁紙2枚〕
1920×1080pix(16:9)

サンメッセ日南関連ニュース

サンメッセ日南関連リンク(下記ページもご覧ください)


モアイ -Moai-

モアイの「モ」は未来、「アイ」は生きる、すなわち「未来に生きる」という意味との事。
モアイ像 高さ約4m 重量 18t〜20t
アフ(祭壇) 0.8m〜1.6m 幅 26.4m 奥行 3m
On the top of a hill overlooking the nearby Pacific Ocean stand 7 replicas of the Moai of Easter Island.

 
《九州への旅行・宿泊が割引!》
【第二期】九州ふっこう割(10/1〜12/28)チケットを入手、お泊りで観光はいかがでしょう!


【お得な旅行・宿泊情報】九州旅行、「九州ふっこう割」
 【第二期】(10/01〜12/28)九州ふっこう割ページ
 【第一期】(07/01〜09/30)九州ふっこう割ページ
九州旅行、九州ふっこう割

宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

 
じゃらん 宮崎

 

サンメッセ日南アクセス情報 住所・地図・JR・バス・車

〔住所〕 〒887-0101 宮崎県日南市大字宮浦2650 TEL:0987-29-1900
〔地図〕 GoogleMap Mapfan Mapion マップコード(274 595 074)
〔緯度経度〕  N=31.39.37.3 E=131.27.46.0(日本地理系)

以下の情報は、2015年4月6日現在の情報です。JR・バスは都心部と違い本数が極端に少ないので、事前にJR九州・宮崎交通など公式サイトで時刻表などをチェックの上、行程を計画されることをオススメします。

〔JR〕  JR九州 日南線
■伊比井駅〜徒歩5分〜伊比井バス停〜路線バス(油津方面行)サンメッセ日南下車〔約9分〕(440円)
■油津駅〜油津駅前バスセンター〜路線バス(空港・宮崎駅方面行)サンメッセ日南下車〔約27分〕(700円)
JR日南線時刻表

〔バス〕(宮崎交通)
■宮崎駅 〜 飫肥 または 油津駅前 行きに乗車〜サンメッセ日南下車 〔約81分〕(1420円)
■山形屋前 〜 飫肥 または 油津駅前 行きに乗車〜サンメッセ日南下車 〔約77分〕(1400円)
■宮交シティ 〜 飫肥 または 油津駅前 行きに乗車〜サンメッセ日南下車 〔約66分〕(1330円)
■宮崎空港 〜 飫肥 または 油津駅前 行きに乗車〜サンメッセ日南下車 〔約56分〕(1270円)
九州のバス時刻表(例)(出発地等を変更してご覧ください。)

〔車〕国道220号沿いです。園内駐車場220台(無料)
■宮崎市内〜国道220号(日南海岸沿いの眺望路) 36Km 約55分
■宮崎IC〜国道220号 32Km 約45分
■宮崎空港〜国道20号 31Km 約45分
■田野IC〜県道28号(山間部の快適路)〜国道220号線 45Km 約60分
■日南市内〜国道220号 約20分
※九州道方面から来た場合、田野ICからのルートが車、信号も少ない、山越えの快速路(途中に「道の駅田野」あり)で、時間的に早く、高速料金も安いです。但し、日南海岸の代表的な観光スポット 道の駅フェニックス(堀切峠)等、車窓からの美しい海岸線などを見ることが出来ません。
参考ページ(現在スマホ未対応)
 → 飫肥へのルートを案内したページ
 → 日南海岸ダイジェスト
※通常期は、宮崎市内の一部を除けば、車の流れはすこぶる良いです。
GW、お盆休み等には、近くに鵜戸神宮などもあり、国道220号のサンメッセ日南付近で渋滞したり、駐車場が大変混みます。余裕を持ったスケジュールを!!。
※国道220号は連続雨量170ミリを越えると折生迫〜風田間が通行止めとなります。迂回路は県道28号線です。

開園日・時間・入場料(入園料)等

〔定休日〕 第一、第三水曜日(8月、祝日を除く)
〔営業時間〕 AM9:30〜 PM17:00(入場16:30)
〔駐車場〕 無料(220台)
〔入園料〕 大人 700円、中高生 500円、4歳以上 350円

− お得な割引情報 −
コンビニで事前に前売券を発券すると大人600円・中高生400円・4歳以上300円です。
 詳細は→ JTBサイト内発券案内ページ
(前売券は、発券後一ヶ月間有効 期間中1名様1回限り有効・2016年3月まで)


モアイ復元

サンメッセ日南のモアイは、1996年2月頃に作られたものとのこと。
サンメッセ日南の見どころの一つは、世界ではじめて、そしておそらく唯一であろうモアイ、アフ・アキビ7体の完全復刻像でしょう。
まだ作られて年月はそれ程経ってないので像自体が新しく今一つリアリティーに欠けますが、これから年月と共に風格も一段と増してゆくことでしょう。
美しい日南海岸を背景に、特に若い方に人気の観光スポットです。

何故日本にあのイースター島のモアイ像(レプリカ)が?

〔経緯〕サンメッセ日南の公式サイトより一部引用
「昔の部族抗争と1960年のチリ大地震よって倒壊したままのモアイ像を大型クレーンを製造している(株)タダノが修復の奉仕をしようと立ち上がった。→  タダノモアイプロジェクト
 その際日本とイースター島の考古学者、古石を扱う専門業者も必要であり、奈良国立文化財研究所、モアイ アイコン飛鳥建設(株)も加わり、モアイ修復日本委員会が結成され、92年8月、チリ政府との間でアフ・トンガリキ15体の修復調印が行われた。
 イースター島を司っている長老会は、日本の修復チームの功績に感謝する証として、モアイを日本で復元することを許可。
日南海岸の風景がモアイの復元場所に最適と理解され、修復チームの了解を得た。」との事です。

また、Wikipadiaによると・・
香川県高松市に本社を置く株式会社タダノが、1992年からクレーンなどをイースター島に持ち込んでモアイ像を起こしたり修復などを行い、使用後のクレーンなどをイースター島に寄贈している。
これはTBSの『日立 世界・ふしぎ発見!』で1988年の秋にイースター島を特集した際、「クレーンがあれば、モアイを元通りにできるのに」という知事の声を放送したところ、解答者である黒柳徹子が「日本の企業が助けてあげればいいのに」という内容の発言をし、それをタダノの社員が見ており、タダノの社長が話に乗ったのがきっかけとの事です。
その関連記事は下記にリンク
モアイ救出イチかバチか(2010年4月16日 asahi.com 掲載記事) → asahicom
 
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com

宮崎県の特産品等をお取り寄せ

宮崎牛やマンゴー、冷汁など
宮崎の特産品をお取り寄せ!
みやざき便.com

 


園内の様子



サンメッセ日南 モアイ正面サンメッセ日南 モアイ 斜めから
モアイ正面 / モアイ 斜めから

サンメッセ日南 裏モアイサンメッセ日南 埋もれているのは縁切りモアイとか・・
モアイの背側 / 埋もれているのは縁切りモアイとか・・

サンメッセ日南 ここから見る海と空はきれい。サンメッセ日南 ここが一番の撮影ポイントでしょうか。
ここから見る海と空はきれい。 / ここが一番の撮影ポイントでしょうか。

サンメッセ日南 雲が海に反射してます。 この先端で映画タイタニックの一シーンを演じる人は最近見かけません(笑)サンメッセ日南 国道からもこのモアイ像を見る事が出来ます。

この先端で映画タイタニックの一シーンを演じる人は最近見かけません(笑)  / 国道を見守る一体のモアイ。


サンメッセ日南-丘の途中にあるモアイ-サンメッセ日南-丘の上よりモアイ-サンメッセ日南-丘の上よりモアイ2-


モアイ牧場

モアイ像の下側はモアイ岬牧場と称した観光牧場の様であるが、大して動物はいなかった様な??
牛、羊、鹿、ウサギ各5頭位はいたかな?
ここは20ヘクタール、そのほとんどが坂道になっている為、結構坂道が多い、まあ大した広さではないので、歩いてもさほどでは無いが、暑い時期等は園内を自由に走れるラウンドカー(5人乗り普通免許要)900円が快適。これを先に借りると良いと思います。
実はこれゴーカート感覚で運転するのも結構楽しかったりもするんです・・(^^) 

サンッメッセ日南-ハイビスカスが咲いてました-サンメッセ日南 ふれあい牧場1サンメッセ日南 ふれあい牧場2


展望台(天空の塔) レストラン周辺

奥手にセンタープラザ展望台(天空の塔)、レストラン等がある、この雰囲気は地中海?って感じで目の前の海との光景がとても絵になります。 目の前に広がるパノラマ風景・・晴れた日はそれはもうスバラシイ眺めです。あくまで晴れた日は・・(~~;)
天空の塔は、春分の日、秋分の日の年2回,7体ある真ん中のモアイの背中から昇った朝日が,天空の塔の10センチの隙間を通り,太陽の階段をかけ登り,頂上の地球感謝の鐘の中央に差し込むように設計されているそうです。一度見てみたいものですがこんな時間にサンメッセは開園してませんね・・。

サンメッセ日南-展望台1-天空の塔サンメッセ日南-レストラン付近より-サンメッセ日南-展望台2-

サンメッセ日南-展望台3-サンメッセ日南-紺碧の海とジョウオ椰子-サンメッセ日南-人工の牛(笑)-
ユーミンの歌が聴こえてきそうな・・光景 ♪ソーダ水の・・(著作権がらみの為割愛)

太陽の丘

イギリスのストーンサークルをモチーフにしたという丘からは地球はやはり丸いんだなぁ〜と実感出来る水平線、パノラマが眼下に広がる。
サンメッセ日南-ロゼッタストーンをモチーフにした丘-サンメッセ日南-モアイ広場アーチ-サンメッセ日南-遊び場-

他に、小さいお子様の遊ぶスペースも設けられております。その他 蝶の楽園などもありました。

サンメッセ日南の個人的感想

モアイ復刻像見たさに行きましたが、 モアイのみならず、とにかくここのロケーションは素晴らしいの一言、晴れた日の、眺めは本当に素晴らしいです。晴れ以外は逆にNGですが(~~;)

〔ラウンドカーはオススメ〕
サンメッセ日南 ランウンドカー園内は、20ヘクタール。斜面にあり、ほとんんどが坂道です。夏は照り返しもあり、歩くと と---っても暑いので、ラウンドカー使用を強くお勧めします。
カート料金(5人乗り) 30分コース VIPカート:1000円 普通カート 900円 延長は30分毎に300円 *普通免許証必要(利用時に免許証を提示)
一般的な見学で滞在1時間程度でしょうか・・施設の規模からすると、入園料 700円(大人の例)は少し高いかなという感じもしないでもないです(^^;)入場券は、途中のコンビニで前売券(詳細は上に記載)を発券、購入の上、行かれることをオススメします。

イースター島のモアイ (参考)

モアイはチリ領イースター島にある人面を模した石造彫刻のこと。
大きさは3.5m、重量20トン程度のものが多いが最大級のものは20m、重量は90トンに達する。

伊豆大島くらいの小さな島の海に面した高台に、人面を模したモアイ像が多数建てられている。
東端と西南端の狭い切り立ったがけを除きほぼ島の全周にまんべんなく配置されている。
おそらく祭祀目的で立てられたと推測されるが、実際の祭祀形態については諸説あり、定説はいまだない。
島で産出される凝灰石でできており、建造中に放置されたものも含め約1000体ある。
顔だけのものが多いが、中には胴や手足がついているもの、ふんどしのようなものを着けて正座しているものもある。
 引用元: フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

サンメッセ日南以外の日本のモアイ

日本に、倒されたモアイ像を起こすテストのために作られたモアイ像が香川県の女木島に存在する。
この他に、チリから日本に贈呈されたモアイ(レプリカ)がある。1960年に発生したチリ地震津波で甚大な被害を受けた宮城県志津川町(現在の南三陸町)に対して、チリ地震津波災害30周年の折、同じ被災国であるチリからモアイが贈られた。このモアイは現在、志津川湾に面した公園に設置されている。
札幌市南区に所在する滝野霊園にも多数のモアイ像を模した石像が群立している。2006年12月現在33体のモアイ像が存在し、周辺の休憩用ベンチの一部もモアイ像を模している。 
福岡県中間市の屋根のない博物館(モヤイ公園)にはモアイ像も数体存在。
姫路市の遺跡テーマパーク「太陽公園」 モアイのレプリカがある。 引用元: フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)




宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画の紹介
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画



その他の宮崎の写真も是非ご覧下さい(一部です)-Miyazaki sightseeing photograph collection-

The contents of this site are written in Japanese only Please use English translationsite.


サンメッセ日南 (モアイ完全復刻像)(宮崎県日南市)

- 2003/05 UP   2015/03 −
【当サイトブログ】|毎日更新(目標)アラカルトブログ宮崎観光ニュースひとりごとブログ
宮崎の写真投稿掲示板(BBS|PC用壁紙:宮崎の壁紙

サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メール もしくはGuestBookで。

カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。掲載された当方撮影写真の使用に関しては → こちらを参照願います。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Copyright © 2015  MORIMORI All Rights Reserved.

-PhotoMiyazaki - / -MORIMORI -

Back to Top