back 戻る宮崎観光ページへ〕   
PhotoMiyazaki

 

■ 朝の連続テレビ小説「わかば」が今月27日よりスタート

Date: 2004-09-05 




朝の連続テレビ小説は殆ど見る事もなかったのですが、今回は 宮崎と神戸が舞台、宮崎は日南市飫肥(おび)を中心に鵜戸神宮等でロケを行っており、放映を楽しみにしております。

昨日、宮崎ではロケの関係者等含め50名程を招いたわかばの試写会が行われた様で、その模様がローカルニュースで流れておりました。
わかば出演の ヒロイン高原若菜役の原田夏希斉藤慶子(宮崎県小林市出身です)もいらしてた様です。
タイトルバック、エンディング等の映像もニュースでさわりだけ放映されました。
エンディングには霧島連山高千穂の峰の風景なども流れる様です。


実はNHK朝の連続テレビ小説で宮崎が舞台になるのは 川端康成原作の「たまゆら」以来。
残念ながら私はたまゆらは見ておりませんが、たまゆらは書き下ろしであり、取材の為に川端康成は九州を訪れました。
宮崎から鹿児島へ、そして天草、島原を経て五島列島までが当初の取材の予定コースだったようです。
昭和39年11月16日宮崎ブーゲンビリア空港から○○○○ホテルへ向かう途中、タクシーから見た大淀川の夕映えの美しさに川端はいたく感動、当初の宮崎滞在予定は2,3日のはずであったが、大淀川の夕映えの美しさが川端を引き止め、もう一晩もう一晩と、とうとう15日も宮崎で過ごしてまいます。

二人は川べりに立って夕映えのなかにつつまれて夕映えをながめた
夕映えは大川の水面にもひろがって来ていた
静かな水の色が夕映えのなかへふくらんで あたたかく溶け合っているようだった。 「たまゆら」の一節より

結局、川端はえびの高原に一泊、その後鹿児島に二泊して帰郷したそうだ。
この辺りの事は、『大地に絵をかく』 渡辺綱纜 鉱脈社 第三部「川端康成と宮崎」に詳しく書かれており、大変興味深く読ませて頂きました。
 橘公園 にはたまゆらの記念碑が建っております。

尚 「たまゆら」とは、玉響と書き、古代神話の勾玉(まがたま)が互いに触れ合う時のほのかでかすかな響きを表し、しばしの時間、とか ほのかな風情 を表す言葉として使わるそうです。

たまゆらが放映され宮崎観光の礎となったあの当時と、今では、全くと言って良いほど違うけど、わかばの放映により視聴者の皆様がほんの少しでも宮崎に興味を抱いて、そして宮崎へ足を運んでくれると良いなーと願ってやみません。

当サイト内関連記事
 わかば宮崎ロケ地情報 NHK 朝の連続テレビ小説 わかば で宮崎県日南市飫肥(おび)










− 当サイト内ページ(一例)くわしくは→ サイト内検索で −


宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等

【直前予約空室カレンダー情報リンク】直近の空き室状況が一覧で。
直前宿泊予約・九州・宮崎・他

宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画の紹介
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画





- 2003/05 UP   2015/03 −
【当サイトブログ】|毎日更新(目標)アラカルトブログ宮崎観光ニュースひとりごとブログ
TwitterFacebook
宮崎の写真投稿掲示板(BBS|PC用壁紙:宮崎の壁紙

サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メール もしくはGuestBookで。

カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。掲載された当方撮影写真の使用に関しては → こちらを参照願います。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Copyright © 2015  MORIMORI All Rights Reserved.

-PhotoMiyazaki - / -MORIMORI -

Back to Top