高千穂町「高千穂の湯」近くに「オートキャンプ場in高千穂」オープン

▶ in ニュース・地域の情報他 posted 2018.08.08 Wednesday / 07:50

高千穂町にある「高千穂の湯」近くに「オートキャンプ場in高千穂」がオープンしたようです。

※【 追記 】「高千穂の湯」は旧「高千穂温泉」です。温泉の基準を満たさなくなった為、公衆浴場となり2019年4月より名称も「高千穂の湯」へ変わりました。/追記おわり 

8/8付 宮崎日日新聞によると
日之影町の佐藤工業生コン(佐藤幸司社長)が、所有する土地約3千平方メートルを約4千万円かけて整備した。
高千穂町上岩戸出身の佐藤社長の「地域のにぎわい創出につなげ、古里への恩返しをしたい」という思いがきっかけとなり、今年2月から作業を進めてきた。
とのこと。

オートキャンプ場in高千穂 公式サイト(下段にリンク記載)によるとキャンプ場のキャパは総サイト数10と、それ程大きく無いようです。。 

サイトの種別は、キャンピングカーを含むミニバン、SUVの専用サイト(平均8m×5m)4区画と、フリーテントサイトの構成。

フリーテントサイトに関して、3m×3mと記載されておりました。
一般的なヘキサタープをはったりテント設営したりの、ファミリーキャンプでは狭すぎます。
タープ無しやソロキャンプなどを想定しているのでしょう。


低料金で気軽に高千穂町内で泊まれるキャンプ場として、高千穂の湯は近いし、高千穂観光目的でのキャンプにも最適なロケーションですネ。
 

「オートキャンプ場in高千穂」公式サイトより、施設の説明画像

「オートキャンプ場・in高千穂」
 拡大画像(高千穂町観光協会サイト)

施設を紹介するリーフレットのようなものが、公式Webサイト、高千穂町観光協会サイトで紹介されておりましたので、感じたこと、気付いたことを少し・・。

「SUVの専用サイト」
平均8m×5mのスペースは、一般的オートキャンプ場のスペースに比べると、狭い感じがします。
カーサイドタープ仕様のキャンピングカーとか、車中泊仕様のミニバンなどを想定しているのでしょう。大きなタープはキビシイかもしれません。

キャンピングカーの方は100V電源のクーラーを使う方も多いでしょうから、コインタイマー式電源の価格がいかほどなのか、知りたいところ。

フリーテントサイト
駐車場から、すぐなのが設営・撤収に便利ですね。
ただ、フリーテントサイトの境には、誤って車が突入しないような、事故防止の為の車止めが必要なのでは?と思ったりも。

ドッグラン
フリーキャンプサイトすぐ横に「ドッグラン」が気になるところ。
ドッグランがあることの周知徹底が必要でしょうね。
鳴き声なども気になるところです。

「高千穂町主な観光スポット説明」
「高千穂峡」の説明で、高さ70mは誤りです。
×高さ70m
○高さ約17m
オートキャンプ場in高千穂チラシより
オートキャンプ場in高千穂チラシより


車のイラストは「三菱デリカD:5」でしょうかね?
 


続きを読む>>

- | -

高千穂観光メインページへ戻る


-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

PAGE TOP