平成23年(2011年)度 高千穂町観光協会増収 新聞記事より

▶ in ニュース・地域の情報他 posted 2012.07.03 Tuesday / 06:34



高千穂神楽と雲海(合成・コラージュ)

高千穂町観光協会の平成24年度総会が6月28日行われたようです。
以下は、7月3日、宮崎日日新聞県北面の記事を犹仮鉢、下に当方の一言を記載したものです。

犧監E章会長は「年間1000万人超が訪れる阿蘇・九重から人を引っ張る新たな道をつくりたい」と挨拶
猜神23年(2011年)度は2年ぶりの増収、収益事業部門総収入額は、前年度比959万円増の2億2937万円


阿蘇エリアを訪れる観光客は、年間1700万人とか、昨年3月の九州新幹線全線開業に伴い、阿蘇エリアへの入り込みは関西以西を中心に増えているそうです。
高千穂町は、熊本(阿蘇)からの入りが多いと思いますので、大きな要因としては、やはり九州新幹線効果もあるのでしょうね。
(裏を返せば、外的要因で増えているとの事もいえそうです。)

猯更垓般骸莪啓入が3倍、レンタカー事業が2.5倍伸び、好調

高千穂はレンタカーがあると効率良く周れます。
(裏を返せば公共交通機関の便が悪く車が無いと辛い、ということですが・・)
パジェットレンタカーの高千穂取次店を、高千穂観光協会レンタカー事業部が代行しているようで、昨年はパジェットレンタカーとは別に、独自の企画、*阿蘇くまもと空港店での相互乗り捨て無料など、企画商品なども功を奏したのかも知れません。
*現在、同企画商品は扱っていないかも知れません。

JR熊本駅前のレンタカー利用者も増加し、月によっては2倍となるなど増えているようです。
一昨年までの「高速道路どこまで走っても土日祝500円」が廃止された影響も、レンタカー増に寄与しているのかも知れません。

犂儻神楽は同比4342人増、4万7828人が利用。収入は同比11.4%増2388万円

高千穂の観光神楽は、GW・お盆、立ち見も出るような混雑Peak時には、一日に二回公演を行う場合もありますが、年間(365日)で単純計算すると、一回あたり131人です。
主な旅館等から送迎しているようですし、最近では(7月20日までの期間限定ですが、)ビジネスホテルホテルのグレイトフル高千穂でも送迎を行っているようです。
高千穂の夜はコレという感じで、すっかり定着しているようですね。

犢坡撻掘璽坤鵑猟恒の影響もあり、直営売店の売り上げは同比8.8%減の3,037万円

直営店は、「がまだせ市場」と、高千穂峡のところにあるお土産店がでしょうか・・。
稼ぎ頭?、年間1億円弱を売り上げた事もある高千穂峡のボートも、増水などで運休も多く、おそらくあまり伸びなかったのではないでしょうか。
今年も、増水の日が多いようで、ここのところ10日以上運休しているようです。こればかりは自然が相手、辛いところです。

猖槐度事業計画では、「高千穂の夜神楽」のユネスコ無形文化遺産代表一覧記載に向けた活動推進などを承認

神楽では、花巻市大迫の「早池峰神楽」が平成21年にユネスコ無形文化遺産に登録されています。
高千穂の夜神楽も、是非とも登録していただきたいですね。

まったくの余談ですが・・ユネスコで思い出しましたので。
綾町などが登録を目指しているユネスコのエコパーク(UNESCO - MAB Biosphere Reserves)(自然と人間生活が持続的に共存する地域)登録は、パリのユネスコ本部で7月9〜13日に決定される見通しとの事です。

 関連ページ → 綾照葉樹林と照葉大吊橋
 




天安河原・仰慕窟(ぎょうぼがいわや)


高千穂峡 柱状摂理


二枚の写真は、天安河原仰慕窟(ぎょうぼがいわや) そして 高千穂峡柱状摂理です。
今回は、ありがちな「定番のアングル」とは少し違ったものを掲載しました。

当サイト内、記事関連ページ →  高千穂観光の歴史


〔追記〕

高千穂町観光客2年連続減 大震災など影響(2011年の観光統計)

高千穂町の2011年の観光統計によると、昨年1年間に高千穂町を訪れた観光客は134万8600人、口蹄疫の感染拡大で客足が落ち込んだ2010年の149万4800人を14万6200人下回り、2年連続で減少。東日本大震災の影響とみられるという。

2011年 134万8600人
2010年 149万4800人
2009年 152万人

国民宿舎ホテル高千穂宿泊レポート by MORIMORI
〜 ブログ開設者 MORIMORIの国民宿舎ホテル高千穂宿泊レポート 〜


宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション



Youtube MORIMORI

「高千穂観光ブログ」について

※本サイト内ページの内容については、その完全さに関して、いかなる保証をするものではありません。
サイト内ページに関するいかなる間違い、不掲載についても一切の責任を負うものではありません。
 記載された情報・内容は、先々変更になる場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

*リンクフリー*当サイト内ページへのリンクは連絡無用・Twitter、フェイスブック、ブログ、BBS等からも自由にどうぞ。

〜 高千穂観光ブログ  | 平成23年(2011年)度 高千穂町観光協会増収 新聞記事より 〜
 

- | -

高千穂観光メインページへ戻る


日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp



-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com


PAGE TOP