宮崎の太陽backPhoto Miyazaki 宮崎観光写真 TOPページへ Back宮崎県の神社へ戻る 

記紀編さん1300年 神話のふるさとみやざき 温故知新ものがたり ロゴ

銀鏡神社(しろみ神社) 西都市


銀鏡神社(西都市銀鏡)の位置
 銀鏡(しろみ)神社 鎮座地:西都市大字銀鏡
 地図 MapionMap 国土地理院サイト地図リンク
 GPS N=32/15/26 E=131/15/16辺り  天気予報 

銀鏡神社(しろみ神社) 01

銀鏡神社の創建 

長享3年(1489)創建

銀鏡神社の御祭神 

 (ここでは、銀鏡神社内案内板に記載されていたものを記します。)

産土大神、三社大神を鎮祭をするとあり、
 一、龍房山中に鎮座之大神
 (龍房山→りゅうぶさやまと読みます。)
 二、宿三宝荒神
 三、六社稲荷大明神
末社
 山宮大神 猟之神、山之神
 若宮大神 天照皇大神、天氏神主之祖神
 八幡大神、春日大神  天照皇大神之守護神
 八村神社  鈴木家之祖神 





こんな話もあります。〜石長姫を祀る銀鏡神社〜(日向神話より)
 迩迩芸命(ニニギノミコト)は「筑紫の日向の高千穂のくじふる峰」に降臨する。これがいわゆる天孫降臨である。
この高千穂は宮崎県北部に位置する高千穂なのか、高千穂峰のある霧島地域なのかどちらかはわからない。
迩迩芸命はその後、大山津見神(オオヤマツミノカミ)の娘、木花佐久夜姫(コノハナサクヤヒメ)という美しい妻をめとることになる。
この求婚の際、大山津見神は木花佐久夜姫と共に、姉の石長姫(イワナガヒメ)も一緒に結婚させるつもりだった。
子孫たちが、木の花の咲くように栄え(木花佐久夜姫)、岩のように永く続く(石長姫)ことを願っての大山津見神の親心だったようだが、あいに石長姫はご面相がよくなく、迩迩芸命は一日で石長姫を親元に帰してしまったという。
この時に、境遇を嘆いた石長姫が、わが姿を映す鏡を遠くへ放り投げたところ、これが西都市銀鏡(しろみ)付近(米良山中、龍房山)の大木の枝にかかり陽光、月光を浴びて白く輝いていたという。
この由縁でこの場所は白見と呼ばれ、後に現在の銀鏡(しろみ)という地名になったという。
これが鏡を御神躰とするのが銀鏡神社。 銀鏡神社の由来である。

日向の伝説 (鈴木健一郎著  昭和八年初版発行)には以下のように書かれておりました。
応永文明の頃清和源氏(せいわげんじ)の末流で吉良民部大輔兼続という者が米良に来った。彼はやがて氏を米良と改めた。
彼は山頂の霊光の話を聞き、その山に登る者は神罰を蒙るという噂を聞いた。彼は山々を眺めて霊光のさす厳を見極めた。そして絶壁をよじて山頂に登り、大木の枝に半ば食いこんでいる古鏡を発見した。
彼は伝説の神鏡を得て大いに喜び、奉持して帰りその家に安置して祀り、氏を銀鏡と改めた。
兼続ほその後神威を汚すのを恐れ、後土御門(ごつちみかど)の長享三年東米良村銀鏡の上原に社を建てて、かの古鏡を神体として磐長姫と大山祇神とを祀った。今もこの銀鏡氏の子孫は連綿として遣っている。
南朝の忠臣菊地氏ほ米良山中に隠れたが常に忠貞の心を保持した。かくて武光九代の子孫垂次ほ家に伝わる征西将軍懐良(かねなが)親王の御鏡を神体として銀鏡の社に合祀したという。
(注)材料を「菊池氏を中心とせる米良史」から採る。

*木花佐久夜姫と石長姫のお話は、記紀(古事記・日本書紀)にも記述されているが、石長姫が鏡を投げるところから後の話は、記紀より派生したもののようで、日向だけで語られているようです。
古事記伝 巻 十六 町立高鍋図書館蔵

銀鏡(しろみ)神社の画像 (主な画像は1024pixに拡大します)


新拝殿造営後の写真を少しだけブログに掲載しました。
 銀鏡神社


-平成21年12月・写真8枚追加-
銀鏡神社 鳥居周辺 平成21年追加-01銀鏡神社(しろみ神社) 02
銀鏡神社(しろみ神社) 03銀鏡神社 拝殿本殿 平成21年追加-08
銀鏡神社(しろみ神社) 04銀鏡神社 本殿 平成21年追加-02
本殿 / ご神木(と思います)
銀鏡神社 本殿 平成21年追加-03銀鏡神社 ご神木(おそらく) 平成21年追加-06

銀鏡神社摂社
銀鏡神社 摂社周辺 平成21年追加-04銀鏡神社 摂社 平成21年追加-05
銀鏡神社元宮(市指定) / 神楽神庭
銀鏡神社 元宮 平成21年追加-07銀鏡神社(しろみ神社) 05  伝承館  銀鏡神社舞殿








銀鏡神楽で撮影した写真を少し・・


銀鏡神社例祭の12月14,15日に奉納される銀鏡神楽33番は1977年に「米良神楽」の名で
宮崎県では初めての国の重要無形民俗文化財に指定された。
銀鏡神楽については銀鏡神楽のページ/銀鏡神楽2-33番に写真を多く掲載しております。
式32番ししとぎりのページもごらんください。

銀鏡神楽(しろみ神楽) 01

←西之宮大明神|宿神三宝荒神→

銀鏡神楽(しろみ神楽) 02銀鏡神楽(しろみ神楽) 03

六社稲荷大明神

銀鏡神楽(しろみ神楽) 04








銀鏡神社関連リンク

 みやざきの神話と伝承101:銀鏡の地名伝説(宮崎県) 銀鏡神楽より祭神と歴史の章(文:鈴木 正崇)

日向神話 神々の系図

銀鏡(しろみ)神社(西都市)


2006/10-2012/05





【直前予約空室カレンダー情報リンク】直近の空き室状況が一覧で。
直前宿泊予約・九州・宮崎・他

宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画の紹介
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画



 
みやざき
PHOTO MIYAZAKI 宮崎観光写真  宮崎の観光、旅行の参考になれば幸いです。
このページへのリンクはフリー/連絡不要です。BBS、ブログ等からもご自由にどうぞ。
尚、掲載された画像の使用に関しては→こちらを参照して下さい。 メールはこちら

backPHOTO 宮崎 宮崎観光写真TOPへ |  backMORIMORI HomePage へ


Photo Miyazaki 宮崎観光写真 宮崎だぁJP ひむかブログ1 宮崎の観光や宮崎の話題をを中心としたブログ(旧)ひむかブログ2 宮崎の観光や宮崎の話題をを中心としたブログ(新)ひむかブログX 宮崎の観光や一般話題を中心としたブログ

Copyright © 2002-2014 MORIMORI All Rights Reserved.

- 



http://www.pmiyazaki.com/odo_j/
PhotoMiyazaki 宮崎観光写真 Part2 Page




PhotoMiyazaki-宮崎観光写真について


このページは、宮崎県在住のページ開設者(MORIMORI)が 宮崎県の観光、宮崎県のお奨めスポット・宮崎県の名所・宮崎県の史跡・宮崎県の景色・宮崎県の花・宮崎県の美味しいもの・宮崎県の神楽等に代表される伝統芸能等々・・Webに掲載したの写真で宮崎県を紹介するサイト「PhotoMiyazaki-宮崎観光写真」の一ページです。

まだまだ、紹介しきれておりません。宮崎県には良いところ・美味しいものがたくさんあります。

WEB(写真)では伝えきれません!是非あなたも宮崎県へいらしてください!

 
リンクフリー 連絡不要・リンク大歓迎です。

写真・開設者 / MORIMORI