back 戻る宮崎観光back 戻る宮崎の神社〕    

銀鏡神社(しろみ神社) 銀鏡神社(しろみ神社)

銀鏡神社(しろみ神社)

銀鏡神社(しろみ神社) 西都市銀鏡鎮座
SHIROMI Shinto shrine

銀鏡神社の創建・御祭神等

創建:長享三年(1489)3月16日
御神体:霊峰龍房山、御神鏡
御祭神:磐長姫大神、大山祇大神、懐良親王
伝承・文化財等:
銀鏡神楽(指定名:米良神楽)国指定重要無形民俗文化財
神楽神面(二面)県指定重要有形民俗文化財

〜石長姫を祀る銀鏡神社〜(日向神話より)

 迩迩芸命(ニニギノミコト)は「筑紫の日向の高千穂のくじふる峰」に降臨する。これがいわゆる天孫降臨である。
この高千穂は宮崎県北部に位置する高千穂なのか、高千穂峰のある霧島地域なのかどちらかはわからない。
迩迩芸命はその後、大山津見神(オオヤマツミノカミ)の娘、木花佐久夜姫(コノハナサクヤヒメ)という美しい妻をめとることになる。
この求婚の際、大山津見神は木花佐久夜姫と共に、姉の石長姫(イワナガヒメ)も一緒に結婚させるつもりだった。
子孫たちが、木の花の咲くように栄え(木花佐久夜姫)、岩のように永く続く(石長姫)ことを願っての大山津見神の親心だったようだが、あいに石長姫はご面相がよくなく、迩迩芸命は一日で石長姫を親元に帰してしまったという。
この時に、境遇を嘆いた石長姫が、わが姿を映す鏡を遠くへ放り投げたところ、これが西都市銀鏡(しろみ)付近(米良山中、龍房山)の大木の枝にかかり陽光、月光を浴びて白く輝いていたという。
この由縁でこの場所は白見と呼ばれ、後に現在の銀鏡(しろみ)という地名になったという。
この鏡を御神躰とするのが銀鏡神社。 銀鏡神社の由来である。

銀鏡神社(しろみ神社) 銀鏡神社(しろみ神社)

古事記伝

*木花佐久夜姫と石長姫のお話は、記紀(古事記・日本書紀)にも記述されておりますが、石長姫が鏡を投げるところから後の話は、記紀より派生したもののようで、日向だけで語られているようです。

日向の伝説 (鈴木健一郎著  昭和八年初版発行)より

応永文明の頃清和源氏(せいわげんじ)の末流で吉良民部大輔兼続という者が米良に来った。彼はやがて氏を米良と改めた。
彼は山頂の霊光の話を聞き、その山に登る者は神罰を蒙るという噂を聞いた。彼は山々を眺めて霊光のさす厳を見極めた。そして絶壁をよじて山頂に登り、大木の枝に半ば食いこんでいる古鏡を発見した。
彼は伝説の神鏡を得て大いに喜び、奉持して帰りその家に安置して祀り、氏を銀鏡と改めた。
兼続ほその後神威を汚すのを恐れ、後土御門(ごつちみかど)の長享三年東米良村銀鏡の上原に社を建てて、かの古鏡を神体として磐長姫と大山祇神とを祀った。今もこの銀鏡氏の子孫は連綿として遣っている。
南朝の忠臣菊地氏ほ米良山中に隠れたが常に忠貞の心を保持した。かくて武光九代の子孫垂次ほ家に伝わる征西将軍懐良(かねなが)親王の御鏡を神体として銀鏡の社に合祀したという。
(注)材料を「菊池氏を中心とせる米良史」から採る。
 

銀鏡神社(しろみ神社) 交通アクセス・地図等の情報

鎮座地:〒881-1232 宮崎県西都市大字銀鏡492
地図:GoogleMapMapfanMapion
マップコード(501 015 709*18)
緯度経度:32度15分23.2秒 131度15分19.7秒 (日本地理系)
東九州道 西キICより車で約1時間20分
銀鏡まで、普通車がすれ違い出来ない部分は殆んどありませんが、カーブ等ありますので、スピードは控えめに。
記紀編さん1300年 神話のふるさとみやざき 温故知新ものがたり 宮崎県ロゴ
記紀編纂1300年記念ページ

 


銀鏡神社の写真

画像をクリックすると1920pixに拡大します。出来れば大きな画面でご覧ください。
スマホ等でうまく拡大しない場合には、写真下の文字リンクをタップしてください。

銀鏡神社(しろみ神社)拝殿 銀鏡神社(しろみ神社)拝殿

銀鏡神社(しろみ神社)拝殿

銀鏡神社(しろみ神社) 銀鏡神社(しろみ神社)

銀鏡神社(しろみ神社)

銀鏡神社(しろみ神社)鳥居 銀鏡神社(しろみ神社)鳥居

銀鏡神社(しろみ神社)鳥居

銀鏡神社(しろみ神社) 銀鏡神社(しろみ神社)

銀鏡神社(しろみ神社)




銀鏡神社拝殿(入母屋造)9坪 ※幣殿、拝殿は平成27年11月8日竣工(寄進)

銀鏡神社(しろみ神社)拝殿 銀鏡神社(しろみ神社)拝殿

銀鏡神社(しろみ神社)拝殿

銀鏡神社(しろみ神社)拝殿内部 銀鏡神社(しろみ神社)拝殿内部

銀鏡神社(しろみ神社)拝殿内部

銀鏡神社(しろみ神社) 銀鏡神社(しろみ神社)

銀鏡神社(しろみ神社)

銀鏡神社本殿(流造)5坪(明治25年改築)

銀鏡神社(しろみ神社)本殿 銀鏡神社(しろみ神社)本殿

銀鏡神社(しろみ神社)本殿

銀鏡神社元宮 西都市指定文化財(平成19年12月3日指定)

銀鏡神社元宮 銀鏡神社元宮

銀鏡神社元宮



末社

山宮大神 猟之神、山之神
若宮大神 天照皇大神、天氏神主之祖神
八幡大神、春日大神 天照皇大神之守護神
八村神社  鈴木家之祖神

銀鏡神社末社 銀鏡神社末社

銀鏡神社末社


銀鏡神社旧拝殿

平成27年11月8日竣工(寄進)される以前の写真です。

銀鏡神社旧拝殿 銀鏡神社旧拝殿

銀鏡神社旧拝殿(平成21年撮影)

 
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com

宮崎県の特産品等をお取り寄せ

宮崎牛やマンゴー、冷汁など
宮崎の特産品をお取り寄せ!
みやざき便.com

 

銀鏡神楽(しろみかぐら)

国指定重要無形民俗文化財(指定名:米良神楽)

銀鏡神楽(しろみかぐら) 銀鏡神楽(しろみかぐら)

銀鏡神楽(しろみかぐら)
米良神楽(銀鏡神楽)は鵜戸門流といわれ、天和(1681〜1684)年間のころ、銀鏡の浜砂淡路守重賢が鵜戸山道場に出仕して、現在の米良(銀鏡)神楽にある「鵜戸神楽」「鵜戸鬼神」などの番付を習得したと伝えられています。
夜神楽は、銀鏡神社大祭に奉納、12月14日、夜を徹して舞われます。
15日午後の式三十二番「ししとぎり」では、神楽の中に独特の狩言葉や狩法神事(かりほうしんじ)が伝承されています。

銀鏡神楽の写真ページは別途公開しておりますので、下記リンク先をご覧ください。
 銀鏡神楽その1
 銀鏡神楽その2
ダイジェスト画像(拡大画像無し)
 
銀鏡(しろみ)神楽 式4番 地舞
銀鏡神楽(式4番 地舞)
銀鏡(しろみ)神楽式6番 鵜戸鬼神(ウドキジン)
銀鏡神楽(式6番 鵜戸鬼神(ウドキジン))

 
 
銀鏡(しろみ)神楽 式8番 西之宮大明神(ニシノミヤダイミョウジン)
銀鏡神楽(式8番 西之宮大明神(ニシノミヤダイミョウジン))
銀鏡(しろみ)神楽 式10番 宿神三宝荒神(シュクシンサンポウコウジン)
銀鏡神楽(式10番 宿神三宝荒神(シュクシンサンポウコウジン))

 
 
銀鏡(しろみ)神楽 式11番 若男大明神(ワカオトコオオカミ)
銀鏡神楽(式11番 若男大明神(ワカオトコオオカミ))
銀鏡(しろみ)神楽 式13番 六社稲荷大明神
銀鏡神楽(式13番 六社稲荷大明神)

 
 
銀鏡(しろみ)神楽 式14番 七社稲荷大明神
銀鏡神楽(式14番 七社稲荷大明神)
銀鏡(しろみ)神楽 式15番 神崇(カンシイ)
銀鏡神楽(式15番 神崇(カンシイ))

 
 
銀鏡神社 本殿祭
銀鏡神社 本殿祭
銀鏡神社 本殿祭
銀鏡神社 本殿祭

 
 
銀鏡(しろみ)神楽 式32番 ししとぎり [狩法神事]
銀鏡神楽(式32番 ししとぎり [狩法神事])
銀鏡(しろみ)神楽 式33番 神送り
銀鏡神楽(式33番 神送り)

 

銀鏡神楽の写真ページは別途公開しておりますので、下記リンク先をご覧ください。
 銀鏡神楽その1
 銀鏡神楽その2
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等

宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画の紹介
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画




back 戻る宮崎の神社
 
じゃらん 宮崎

 

銀鏡神社(しろみ神社)(宮崎県西都市銀鏡鎮座)

- 初版2006年/改変更新2018年7月 -
このページは「神話のふるさとみやざき」、「みやざきの神社」の魅力をお伝えしたく、公開しているページです。

【当サイトブログ】|毎日更新(目標)アラカルトブログ宮崎観光ニュースひとりごとブログ
TwitterFacebook

サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メール もしくはGuestBookで。

カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。当方撮影写真の使用規定に関しては → こちらに記載。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Copyright © 2016  MORIMORI All Rights Reserved.

-PhotoMiyazaki - / -MORIMORI -

Back to Top