宮崎の太陽back[Photo Miyazaki 宮崎観光写真 TOP] back[宮崎の神社]

 
記紀編さん1300年 神話のふるさとみやざき 温故知新ものがたり ロゴ

興玉神社(こだまじんじゃ)

都城市の位置(アバウト)  Kodama Shinto Shrine

興玉神社 鎮座地 
〒885-0044 宮崎県都城市安久町2955番地
25台分位の立派な駐車場あり。
マップファン 緯度経度 N=31.41.6.7  E=131.5.42.9


興玉神社の御祭神

猿田彦命(さるたひこのみこと)
大名持命(おおなもちのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)


興玉神社内神殿


国指定重要文化財(建造物)
指定年月日 昭和58年6月2日

名称 輿玉(こだま)神社内神殿附(つけたり)旧棟木一本


興玉神社は、明治六年に「久玉(くだま)大明神」 ほか、近在の数社を 「外山 (とやま)権現」 の社地に合祀したもので主祭神は 「猿田彦神(さるたひこのかみ)」である。

注 猿田彦神は日本神話で、ニ二ギノミコトが、天孫降臨の際、先頭頭に立って道案内し、のち伊勢の国、五十鈴(いすず)川上に鎮座したという神である。

内神殿は本殿祭壇上に安置された一間厨子(ずし)で、ほぼ純粋な禅宗様(よう) になり、柱は円柱で屋根は入母屋造(いりもやづくり) の板葺(いたぶき)である。
 口伝によれば、この内神殿はこの地より東方約一キロメートルにあった正応奇(しょうおうじ)の本尊である薬師如来像を安置した薬師堂の厨子ときれ、明治四年に村民の手によりここに移きれたという。
また、これには切り縮めなどの改造がかわっており、その際にとりはずした棟木が現存している。棟木には建立年月日のほか大工藤原国家謹などの墨書銘がある。また、棟式を示す細部の依存状況はよく、数少ない九州の中世禅宗様式建築の中でも建立代の確実な標識的遺例として貴重である。

猿田彦 ににぎのみこと 降臨の 道案内し 興玉に祭らる
 百一才 兼盛詠

平成十ニ年三月 都城市教育委員会 (現地にて頂いた資料より転載)

〔補足事項〕
都城商工会のサイトによると、「明治初年の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)のとき、住民の機転で神社の内神殿として転用保存されてきた。」とありました。
また、内神殿の、創建時の棟木は 都城市歴史資料館に展示してあるそうです。

宮崎県文化財情報サイト → 興玉神社内神殿

都城市のサイトの興玉神社紹介ページを見ると、同一ページ内で こだま神社 おきたま神社 両方混在併用していることより、興玉は「おきたま」と読ばれる場合もあり、混在は意図的なものなのかも知れません。(未確認)

興玉(こだま)神社 01興玉(こだま)神社 02
興玉(こだま)神社 本殿 06 興玉(こだま)神社 本殿 07

ふるさとの銘木・古木 興玉神社のスギ


スギ科スギ 樹高32m・根回り7.1m・胸高周囲4.6m・推定樹齢400年
興玉(こだま)神社  スギ 03興玉(こだま)神社 スギ 04

興玉(こだま)神社  スギ 08興玉(こだま)神社  スギ 09

興玉(こだま)神社 スギ 10 興玉(こだま)神社 ヒガンバナ

 宮崎県都城市 興玉神社


-2012/10-




【直前予約空室カレンダー情報リンク】直近の空き室状況が一覧で。
直前宿泊予約・九州・宮崎・他

宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画の紹介
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画




みやざき
PHOTO MIYAZAKI 宮崎観光写真  宮崎の観光、旅行の参考になれば幸いです。
このページへのリンクはフリー/連絡不要です。BBS、ブログ等からもご自由にどうぞ。
尚、掲載された画像の使用に関しては→こちらを参照して下さい。 メールはこちら

backPHOTO 宮崎 宮崎観光写真TOPへ |  backMORIMORI HomePage へ


Photo Miyazaki 宮崎観光写真 宮崎だぁJP ひむかブログ1 宮崎の観光や宮崎の話題をを中心としたブログ(旧)ひむかブログ2 宮崎の観光や宮崎の話題をを中心としたブログ(新)ひむかブログX 宮崎の観光や一般話題を中心としたブログ

Copyright © 2002-2014 MORIMORI All Rights Reserved.




http://www.pmiyazaki.com/jinjya/kodama_j.htm
PhotoMiyazaki 宮崎観光写真 Part2 Page