【直前予約・空室カレンダー情報】直近の空き室状況が一覧で。
直前宿泊予約・九州・宮崎・他

フォトコンテスト情報 西都市・椎葉村・宮崎市・神武さま・高原町・霧島 6件

▶ in イベント posted 2014.08.25 Monday / 07:47



フォトコンテスト(写真コンテスト)などの写真公募情報を6件紹介します。

【西都市】「西都市観光協会 2015年カレンダー用写真」
  8月末締切 → 項目へ (結果:選外)
【椎葉村】「第13回椎葉の四季フォトコンテスト」 
  8月末締切 → 項目へ(結果:奨励賞)
【宮崎市】「みやざき景観100選フォトコンテスト」 
  9月末締切 → 項目へ(結果:2点入選)
【宮崎神宮】「宮崎神宮御神幸祭奉賛会・写真コンテスト」 
  11月20日締切 → 項目へ(結果:準特選)
【高原町】「第二回日本発祥地まつりフォトコンテスト」 
  20157年1月11日締切 → 項目へ(未応募)
【霧島周辺市町】「“ぐるっと環霧島“魅力伝える”写真コンテスト」 
  2015年2月16日締切 → 項目へ(結果:入選)


宮崎市の「みやざき景観100選フォトコンテスト」は、デジタルカメラのJPGファイルをメール添付で応募出来ますので、手間も少ないです。

写真をお持ちの方は、応募してみてはいかがでしょう。

西都原古墳群 ヒマワリ

 




■ 西都市観光協会2015年度オリジナルカレンダー

西都市観光協会では観光PR用として、2015年度オリジナルカレンダーの制作を予定、現在、現在カレンダー用の写真を広く公募しております。

【募集要項】
【テーマ】西都市内で撮影された自然の風景・歴史、文化の情景
【募集期間】平成26年7月1日〜同8月31日まで
【応募資格】県内外プロ、アマチュアを問いません
【作品規格】プリント作品・六つ切〜四つ切(確認したところワイド可とのこと)・A4・B4 カラー/モノクロ可
【応募規定】2005年4月以降に撮影された未発表オリジナル写真・お一人2点まで可
【応募方法】撮影者名、連絡先を明記の上、募集期間内に西都市観光協会へ持参もしくは郵送。
【その他】応募写真の中から12点を2015年のカレンダーに使用。当カレンダー用以外には使用しない。採用された場合、謝金として1万円。採用12作品は観光協会のホームページにて氏名を記載し発表。

詳細は→ 西都市観光協会 ニュース記事を参照してください。

【コメント】

西都市の「観光PRカレンダー用の写真」として考えるならば、以下のようなところが考えられるかと思われます。
当サイト内に関連ページのあるもについてはリンクを記載しました。

西都原古墳関連 (通年)→ 関連ページ
記紀の道(宮崎観光遺産)都萬神社含む (通年)→ 関連ページ

有楽椿(尾八重)国の天然記念物 (12月〜4月)
西都原の桜と菜の花 (3月中旬〜4月上旬)→ 関連ページ   (スライド動画)
高取山公園のミツバツツジ  (4月中旬〜5月上旬)→ 関連ページ  (スライド動画)
杉安峡のあじさい  (5月下旬〜6月上旬)
西都原のヒマワリ (7月)→ 関連ページ   (スライド動画)
西都夏まつり (7月中旬)
下水流臼太鼓踊り(8月下旬〜9月上旬の間)
西都原のコスモス (10月下旬〜11月上旬)→ 関連ページ    (スライド動画)
西都古墳まつり (11月上旬)→ 関連ページ
都於郡城址まつり (11月中旬)
尾八重神楽 (11月)→ 関連ページ
銀鏡神楽 (12月14・15日)→ 関連ページ1 関連ページ2

他に、国・県指定の史跡等として・・・
都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 国指定 → 関連ページ
山路毘沙門天立像(やまじびしゃもんてんりつぞう) 県指定
日向国分寺跡・木喰五智館 (ひゅうがこくぶんじあと・もくじきごちかん) 県指定)→ 関連ページ
長谷観音像 (はせかんのんぞう) 県指定 ・・・等々


〔追記〕結果報告 二枚応募  「選外」でした。(涙)

以下の 二点応募しましたが・・ 選外でした 残念。

西都原 桜 西都原の夕景





-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com




 




■ 椎葉村「第13回椎葉の四季フォトコンテスト」

椎葉村のこのフォトコンテストは毎年開催されております。

【募集要項】
【テーマ】椎葉村の春夏秋冬すべてのもの 四季部門 イベント部門 二種類あり
【募集期間】2014年4月1日〜8月31日(当日消印有効)
【応募資格】県内外プロ、アマチュアを問いません
【作品規格】カラープリント四切り 又は六切り(電話確認したところワイド可との事)
【応募規定】未発表のオリジナルに限ります。また、他のコンテスト等への応募や発表予定のないものみ限ります。お一人何点でも可。
【応募方法】作品の裏面に応募票を貼り付け提出(郵送)
【その他】入賞作品の著作権は主催者に帰属。入賞作品は原版(フィルムもしくはデジタルの場合にはCDR等)を提出。

四季部門
 特選 1点 賞状 賞金5万円
 準特選 1点 賞状 賞金3万円
 奨励賞 3点 賞状 賞金2万円
 入選 5点 賞状 賞金5千円

イベント部門
 特選 1点 賞状 賞金5万円
 準特選 1点 賞状 賞金3万円
 奨励賞 3点 賞状 賞金2万円
 入選 5点 賞状 賞金5千円

詳細は、→ ディスカバー宮崎を参照してください。


【コメント】
一昨年、以下の大久保のヒノキの写真の一分をトリミングして応募し、四季部門で運よく入選しました。
木の巨大さを表現する為、比較対象が必要です。比較対象モデルをお願いしたのは母とカミさん(笑)
椎葉村 大久保のヒノキ



〔追記〕 結果報告 二枚応募中、中塔渓谷の紅葉の写真 題「艶やかな流れ」で「奨励賞」をいただきました。

 




■ みやざき景観100選フォトコンテスト


宮崎市では平成26年4月に市制90周年を迎えたことを記念し、宮崎市内の新しい魅力・名所を発掘するため、市内にある魅力的な場所・風景、自分だけが知っているマニアックな風景、地域で自慢できる場所、日常風景を違う角度から見た景色など、いろいろな観点からの景観フォトを募集します。10年後には市制100周年を迎えることから、「みやざき景観100選」を継続して選定し、新たな景観資源、観光資源として活用します。

【募集要項】
【テーマ】(一般部門及びアンダー18部門部共通)
自然景観 四季折々の風景 宮崎市内の空、川、山など自然景観をテーマとした作品。
地域の魅力・お宝 地域の魅力を伝えることができる景色、建造物のある風景、祭や行事・イベントなど活気ある風景などの作品。
ちょっと見つけた秘密の風景 自分しかしらないこの時期のこの時間の景色といったような作品や秘密の場所など人には知られたくない、とっておきの場所の作品。
こんな風景もあるぞ (いろいろな視点からみた風景)通常はこの角度しか見ない、見慣れている風景でもこの角度からならさらに魅力的に見えるなど、工夫をこらした作品。
夜景 ここからの夜景がきれい など夜景をテーマとした作品
名所・旧跡、歴史、文化的な景観 残しておきたいおすすめの景観
音のある風景 景観を通して音が感じられる作品(滝、川の流れ、列車の音、朝の騒音、祭の賑わいなど)

【募集期間】2014年5月12日〜9月30日
【応募資格】県内外プロ、アマチュアを問いません
【作品規格】プリントのサイズは2L判(2枚) 電子メールにDATA添付で応募も可能
【応募点数】お一人3点まで。
【応募規定】宮崎市内をおおむね三年以内に撮影されたもの、他詳細は宮崎市サイト参照。
【応募方法】プリントで応募の場合、2L判にプリントした写真2枚を発送 電子メールにDATA添付で応募も可能
【その他】応募作品の著作権は、撮影者に帰属。応募作品について、画像データ(ネガ、ポジフィルム等、ファイルデータ(JPEG形式))の提出をお願いすることがある。


部門及び賞
●一般部門
グランプリ  1点    商品券   2万円
優秀賞    2点    商品券   1万円
入選     17点 商品券   3千円

●アンダー18部門
金賞    1点    図書カード 5千円
銀賞    2点    図書カード 3千円
銅賞    3点    図書カード 1千円

詳細は 宮崎市サイト内を募集要項ページをご覧ください。


【追記】 10/11 (宮崎市サイトより引用)
今回の「みやざき景観100選フォトコンテスト」の募集は終了しました。
皆さまからの200点以上の作品が寄せられました。
たくさんのご応募ありがとうございました!!

応募作品の展示予定
みやざきアートセンター 4階 多目的室 : 平成26年10月11日(土)〜10月19日(日)
宮交シティ ガリバー広場 : 平成26年10月23日(木)〜30日(木)
イオンモール宮崎 1階 レストランコート : 平成26年11月4日(火)〜9日(日)


【追記】 10/27 宮交シティで全作品見て来ました。
3枚メールでDATA添付で応募したのですが、綺麗にプリントされており感謝!!
コメント欄に短文一言しか書いてないので恥ずかしや・・。
皆様結構書いてらして・・・もっと書くべきでしたね。
投票箱があり、投票できるようでしたが・・、26日の夜7時過ぎに行った際には、投票用紙は見当たりませんでした。
展示場所は、ガリバー広場ではなく、別の場所でした。

展示

〔追記〕 結果報告 三枚応募、「流鏑馬馬場の桜」、「天ヶ城の桜」二点が「入選」しました。
全入賞作品は宮崎市サイトでご覧いただけます。
余談ですが・・上記ページ内、作品タイトル:終わらない夏(青島神宮)← 「青島神社」の間違いかと思います。

3月10日〜24日 宮交シティアポロの泉2Fにて展示会を予定しているそうです。

次回の宮崎市景観賞フォト部門は、平成28年度に実施予定とのこと。

【追記】 宮崎市のサイト内に名詞作成原稿ページ


 




■ 宮崎神宮御神幸祭奉賛会・写真コンテスト


恒例の宮崎神宮大祭に関してのフォトコンテストです。

【募集要項】
撮影対象となる祭典
 本宮祭 宮崎神宮 10月26日(日)
 御神幸行列 11月1日(土)(往路) 2日(日)(復路)
 神武さま広場 11月1日(土)高千穂通 17:45〜21:00まで
 上記、平成26年宮崎神宮大祭期間中の催事であること。
シャンシャン馬 (過去の写真より)
【募集期間】〜2014年11月20日(木)締切
【応募資格】制限なし
【作品規格】サービス六ツ切以上・ワイド四ツ切まで。
【応募点数】制限なし
【応募規定】
 ※応募上のご注意
 ・応募作品は必ず自作品であること。
 ・応募作品は原則として返却いたしません。
 ・入賞作品の版権は主催者に帰属いたします。
 ・入賞は一人一賞とします。

【応募先】
 〒880-0811 宮崎市錦町1番10号
KITENビル7階 宮崎商工会議所内
宮崎神宮御神幸祭奉賛会・写真コンテスト係 宛て

【審査】 主催者および大祭関係者
【発表】 11月下旬・入賞者宛通知
【展示】 KITENビル(宮崎駅西口)
【展示期間】 2014年12月4日(木)〜12月24日(水)

【賞品】
 ・推薦……賞金 20,000円
 ・特選……賞金 10,000円
 ・準特選…賞金 5,000円
 ・入選……記念品

※ 表彰状はなし / JPGDATA等の提出は特に必要ないようです。

詳細は ディスカバー宮崎サイト内ページをご覧ください。

「神武さま広場」で撮影した写真を少し掲載 
→ 神武さま広場
→ 写真ページ
この時撮影した、写真(Web未公開)を一点応募予定です。


【結果報告】 一枚応募 題「神々家族の集い」で、「準特選」を頂きました。 


 




■ 第2回 日本発祥地まつりフォトコンテスト(高原町)


高原町において、平成27年2月11日(建国記念日)に 第ニ回目の「日本発祥地まつり」が開催されます。
高原町は、神々しい高千穂の峰に抱かれ、皇祖 神武天皇ご生誕の地に創建されたと伝えられる狭野神社を始め、数多くの皇祖所縁の神社や史跡を持つ町です。

「日本発祥地まつり」では、狭野神社から皇子原公園へのご神幸行列を始め、国指定重要無形民俗文化財「高原の神舞」(狭野神楽・祓川神楽)を始め高原町に伝わる棒踊りや奴踊り等また焼肉フェスティバルや農産物・観光物産の販売、神武天皇所縁の地を巡るウォーキングなどが予定されているようです。

今年もフォトコンテストが行われるようで、フォトコンテストへの応募作品を募集しております。

【募集要項】
「神武の里たかはる」を感じさせる写真

【募集期間】平成26年12月15日〜平成27年1月11日(当日消印有効)
【応募資格】プロ・アマ・居住地・年齢・性別等を問わず、どなたでも参加できます。
 ※小中学生以下の方は保護者の同意署名が必要です。
【作品規格】特に記載ありませんでしたが、おそらくワイド四ツ切までだと思います。
【応募点数】お一人3点まで

【応募規定】
 ※応募上のご注意
応募作品はご本人の撮影による未発表の作品に限ります。 (ただし、ご自身のホームページ等に掲載したものは応募可能)
画像の加工(合成、組写真など)は対象外
入賞作品は原版(ネガ・ポジ・データ)を提出。
入賞した場合、2月11日の「第2回 日本発祥地まつり」当日の表彰式に出席する必要があります。(賞状・賞金の送付等は行わない旨、応募要領に記載)

【応募先】
〒889−4412
宮崎県西諸県郡高原町大字西麓473番地6
高原町観光協会 宛

【発表】 平成27年2月11日(水・建国記念の日)に開催する「第2回日本発祥地まつり」にて発表・表彰式を行います。
(入賞者には事前連絡があると思います。)

【賞品】
 最優秀賞: 1点 賞状・賞金5万円
 優秀賞: 2点 賞状・賞金3万円
 入選: 7点 賞状・賞金5千円

以下のリンクに応募要領(応募表等)がありますのでご覧ください。
応募要項  

内容は、フォトコン応募規定等の一般的なのもですが、今回は、以下の点にもご留意を。
■入賞者には2月11日に行われる日本発祥地まつりフォトコンテスト表彰式にて賞状・賞金を授与致しますので、必ずご出席下さい。賞状・賞金の発送等は致しかねますのでご了承下さい。
■応募作品は、著作権などの権利のすべてが応募時点で主催者に帰属するものに限ります。

昨年、当方も「第一回日本発祥地まつりフォトコンテスト」に応募、運よく、最優秀賞を頂きました。
昨年の第一回日本発祥地まつりの様子、フォトコンテスト入賞作品の紹介などを以下の当サイト内、神話関連ページで紹介しておりますので、ご覧ください。

第一回 日本発祥地まつり

昨年の入賞作品にもありました、高原の神舞(夜神楽)ですが、今年(平成26年))は、狭野神楽は12月6日(土) 祓川神楽は13日(土)です。
出かけてみいてはいかがでしょう。
くれぐれも防寒は怠り無きよう! とにかく寒いです。

高原町PR

※ 今年は、応募しませんでした。


 




■ ぐるっと環霧島“魅力伝える”写真コンテスト

霧島山を取り囲む宮崎県と鹿児島県の5市2町(都城市・高原町・小林市・えびの市・湧水町・霧島市・曽於市)で構成する環霧島会議で「ぐるっと環霧島“魅力伝える”写真コンテスト」を開催。

【募集要項】
【テーマ】霧島地域の魅力を伝える写真

昭和9年に国立公園として指定を受け、80周年を迎えた霧島山。豊かな自然とその山麓で暮らす人々の文化や伝統、霧島地域の魅力あふれる写真など、四季折々の霧島地域の姿(自然、景観、祭り、イベントなど)を収めた写真を募集。

【募集期間】平成27年2月2日(月曜)〜平成27年2月16日(月曜)※当日消印有効
【応募資格】制限なし
【作品規格】カラープリント(写真屋でのプリントに限る)四つ切りまたは四つ切りワイド
【応募点数】お一人4点まで。
【応募規定】応募者本人が平成26年1月1日(水曜)から平成27年2月15日(日曜)までに撮影したもので、未発表の作品。
組写真、合成写真、デジタル写真の画像処理、額装、パネル貼り及び台紙貼りは不可。
【応募方法】
応募用紙についている出品票を1作品1枚記入の上、作品とともに直接提出もしくは郵送。
(応募用紙は下記記載えびの市のサイトなどからPDFファイルをDL出来ます。)

直接提出先
•えびの市観光商工課:宮崎県えびの市大字栗下1292番地 TEL:0984-35-1111
•都城市みやこんじょPR課:宮崎県都城市姫城町6街区21号 TEL:0986-23-2615
•小林市商工観光課:宮崎県小林市細野300番地 TEL:0984-23-1174
•高原町まちづくり推進課:宮崎県西諸県郡高原町大字西麓899番地 TEL:0984-42-2111
•曽於市経済課:鹿児島県曽於市末吉町二乃方1980番地 TEL:0986-76-1111
•湧水町商工観光課:鹿児島県姶良郡湧水町木場222番地 TEL:0995-74-3111
•霧島市観光課:鹿児島県霧島市国分中央三丁目45番1号 TEL:0995-45-5111

郵送先
〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央三丁目45番1号
      霧島市役所 観光課 写真コンテスト応募係 宛


 環霧島大賞:1点  賞金5万円
    金賞:2点  賞金3万円
    銀賞:3点  賞金2万円
   四季賞:10点  賞金1万円
    入選:10点  賞金5千円 ※それぞれ賞状も授与

詳細は→ えびの市サイト内案内ページを参照してください。

【結果報告】 入選を頂きました。 
但し、写真を絞れず、どれか・・という気持ちで4枚も応募した上での結果ですので、気持ち的には敗北デス(Death)(--)




以上6件、フォトコンテスト(写真コンテスト)等での写真募集のお知らせでした。

こういったフォトコン(写真コンテスト)は、美術展などと違い、どちらかと言うと、芸術性よりは、主催者の要求テーマ(欲しい写真)にマッチしたものがわりと択ばれる傾向にあると思われます。

フォトコンは初めてって方も、トライしてみてはいかがでしょう!

余談ですが・・・
フォトコン等に応募する際の写真の大きさですが、アピールという面では、出来れば応募規定内の最大サイズが良いと思います。
プリント料金は、ワイド4つ切(366×254mm)の場合、「宮崎カメラ」だと、一枚600円です。
直接お店で、注文も出来ますが、デジタルカメラの場合、手元のPCからネット回線でDATAを送って注文出来る、「ネットプリント」が使えるので便利です。
カメラのキタムラ」だとワイド4つ切、一枚870円ですが、二枚以上同時に頼めば一枚あたり598円(店頭受け取り)の、「宮崎カメラ」より若干お安いようです。
フジプリ」のネット注文だと、郵送になり、送料もかかり、納期も5日〜一週間程かかりますが、もう少し安いようです。
一枚334円、10枚以上だと(現在キャンペーン中の様で)一枚172円とか。(税別・送料別)6枚〜9枚頼むのでしたら10枚頼んだ方が安くあがる計算になります。

以上は、価格面の情報でした。写真の質については未確認です。
段のお付き合い、仕上がり具合など考慮の上、選択されると良いと思います。当方は、ワイド4つ切までは、即日仕上げの「宮崎カメラ」、それ以上のサイズは「カメラのキタムラ」のクリスタルプリントで注文しております。

余談ですが、「カメラのキタムラ」の全紙などの大きなプリントは四国にある業者(協力外注)が行っているようです。
複数枚注文するなら送料代引き手数料あわせても、ネットプリントで結構安いところがありますので捜していると良いと思います。

発送等について。
フォトコンに応募する時は、特に指示無き場合でも、写真の裏に 撮影日・氏名(個人情報をあまり気にされない方は住所も)を、書いておいた方が無難です。
写真持ち込み可の場合には、近くの方は、直接届けた方が、郵送梱包の手間も無く、送料なし、安上がりです。
発送の場合には、ワイド4つ切の場合、250g以内におさえた時の、日本郵便での定形外郵便での定形外郵便の発送料は250円です。


 




宮崎のホテル・旅館など

【お得なNews】7月3日より じゃらんnetで限定クーポン(最大5000円)配布開始
宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

Youtube MORIMORI



宮崎一県民が語る あれこれについて

※本サイト内ページの内容については、その完全さに関して、いかなる保証をするものではありません。
サイト内ページに関するいかなる間違い、不掲載についても一切の責任を負うものではありません。
 記載された情報・内容は、先々変更になる場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

*リンクフリー*当サイト内ページへのリンクは連絡無用・Twitter、フェイスブック、ブログ、BBS等からも自由にどうぞ。

〜 宮崎一県民が語る あれこれ | フォトコンテスト情報 西都市・椎葉村・宮崎市・神武さま・高原町・霧島 6件 〜

- | -

ページ作成:MORIMORI

Photo Miyazaki メインページへ戻る


日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp


PAGE TOP