宮崎の太陽(笑)back[PhotoMiyazaki宮崎観光写真へ戻る]  

秋キャラ
☆PhotoMiyazaki 宮崎観光写真GuestBook
お気軽に一言どうぞ〜

投稿は表示された4桁のキー番号を入力してください。
*一般公開されるまでしばしお待ちください。
非公開で連絡したい方は、こちらからメールでどうぞ。
写真の使用に関しては、写真の使用規定を参照してください。
【91】 本年大坪の一本桜のライトアップをさせていただきました滑ヨ谷 原田と申します。喜んでいただけて光栄に存じます。ライトアップは3月29日まで午後7時から午後9時30分まで行います。

(株)関谷 原田様、おつかれ様です。「大坪の一本桜」のライトアップ実に良かったです!いらしてた方も皆、感激されてました。期間等ご連絡頂き、ありがとうございます。早速関連ページに記載させていただきました。実はsekiya様のFacebookは拝見していたのですが、Facebookのアカウントは持てど、使ったことが無いもので見ているだけの人なのです。(^^;;) 
03/26-00:10    
 原田  
【90】 4月に高千穂に旅行に行きます。充実した内容のHPですね。おかげで行く予定の無かった場所も、どんどん候補地にあがって来てしまって、旅行の日にちが足りなくなりそうです。これから吟味して、場所を絞っていくのが大変です(笑)ありがとうございます。

umeさん はじめまして、高千穂といえば、高千穂峡、天安河原・天岩戸神社、高千穂神社、夜の観光向け“高千穂神楽”あたりが基本ベースかと思います。くしふる神社も時間があればおすすすめです。
02/13-23:27    
 ume  
【89】 私は夷守神社のすぐ近くで18年間生まれ育って来ました。今回夷守(ひなもり)神社のホームページを見て改めて奥深く知ることが出来ました。ありがとうございます感謝です 観光地はいろいろあり久しぶりに小林の良い所を思い出しました。小林は盆地で四方を山に囲まれています。車で夷守(ひなもり)神社を右に見て、坂を登って行くと2、3分で左手に神の郷温泉が在りさらに進んで行くとあたりが開けて種畜牧場があります。牛や羊が飼われていてあの広大な開けた牧場を見ると今までの景色が一変してびっくりします。さらに進むと展望台を兼ねた公園がありました スリル満点の乗り物もありまた小林盆地を堪能できます。季節の花も美しく出迎えてくれます。春の牧場の桜はみごとです。今は都会に住んで40年以上経ちましたが、去年久しぶりに行ってみて懐かしかったです。今年は秋に友達と一緒に行く予定です。

ほんにさん はじめまして、おっしゃる「夷守神社」は明治時代に合祀された、現在の細野にある「霧島岑神社」のことかとは思いますが、地元の方は、「夷守神社」と呼ばれてらっしゃるのでしょうね。一般観光客が行くような神社には無い、あの静けさと厳かな空気が良いです。霧島六社権現の二つですし、由緒もあります。牧場はコスモス牧場の事でしょうね。夷守台あたりも歩くと気持ちいいし、ひなもりオートキャンプ場(夏は涼しく、何度もキャンプしました)、など、あのあたりの高原の雰囲気は良いです。春は牧場(まきば)の桜も良いですね。秋に、ご友人と帰省されるとの事、楽しんでください。故郷の良さって離れてわかるものなのですよね。
06/25-07:12    
 ほんに  
【88】 先日、紅葉真っ盛りのえびの高原池めぐりに行ってきました。すっかり色付いた紅葉はすばらしいものでした。ただ残念に思ったのは、六観音御池の展望デッキに三脚を据えて、デッキを占領しているカメラマンが複数居られた事です、誰もが写真に残したいと思うのはあたりまえの事だと思います。芸術家気取りで高級カメラの展示会は遠慮してもらいたい(2011.11.01に、おったあんたたちよ!)。展望デッキ内は、訪れたすべての人が公平に利用できるよう、是非とも三脚使用禁止にしてもらいたいものです。また、遊歩道を逸脱し、林の中に分け入って撮影しているカメラマンを複数見受けました(2011.11.01に、おった二人組、あんたたちの事よ!)、国立公園であることが解かってないのでしょうか?対策をお願いします。

ケロリンさん はじめまして。えびの高原の池巡りコース辺りも紅葉の時期なのですね。六観音御池の展望所は私も以前紅葉の時期に一度行った事がありますが、あのフロアに三脚が並んでおり、別の場所で撮影しました。私も写真を撮る者、あのシーンでの三脚の必要性はわかります、波がおさまるのや、光の変化を待ったして長時間になるのは分かりますが、その間、三脚で占有するのも考えものです。おそらくこの時期、ケロリンさん同様、不快な思いをされた方も多いのでは?と思います。京都の仏閣などでは三脚使用禁止のところも多いです。宮崎県内でも御田祭のように三脚禁止となった祭りもあります。県内の神楽でも指定したエリアでしか三脚を使えないところもあります。誰かが不快な思いをされないよう、全ての方が周りに絶えず気を配れば済むことなのですが、苦情が多いようでしたら、紅葉の時期だけ、三脚使用可/禁止のエリアと、分けるのも、致し方ないことなのかも知れません。
当方サイト内、六観音御池のページに「お願い」を追記しました。
11/02-10:20    
 ケロリン  
【87】 子馬と一緒に居るところを見たいのですが 何時ごろがいいですか

星野さんはじめまして。 都井岬のことだと思いますが、4・5月に生まれますので、6月頃にかわいい春駒を見ることが出来ます。(当然今でも少し成長した子馬を見ることが出来ます。)経験上、昼間なら時間はあまり関係ないと思います。 ただ、馬は食みながら移動しますので、その日、何処にいるかはわかりませんので丘の上に登って探すしかないですね。ゲートを入って右側に最初の大きな駐車場がありますが、そこの前が小松ヶ丘です、まずはここに登ってみてください。志布志湾が一望出来、景色も最高の場所です。居ないようでしたら、丘の上をチェックしつつ灯台方面に移動するしかないです。(わき見運転には注意を。) それから馬は突然走り出したりしますので、十分注意してください。あまり近づかないように。
09/03-11:53    
 星野  



お名前
(ニックネームでOKです)
コメント
(宣伝目的,ページに関係のない書き込みは禁止します。)
暗証キー
(記事削除に使用)
文字色
投稿キー
(下記数字を入力)
クッキー保存 アイコン なし
 ← 今回の投稿キー番号です。投稿の際にはこの4桁の数字を投稿キー欄に半角で入力。
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |
▼ご自分の投稿記事を削除します。
No. Pass

- CHARM BOARD v1.41 -を投稿キー入力方式に改造。