α350ゲット、電池はNP-FM500Hに

▶ in カメラ関連 posted 2008.08.11 Monday / 21:31

 今年春α350が発売された頃より、「使えるライブビュー・クイックライブビュー」のデジタル一眼レフカメラって事で、私の撮影スタイルにベストマッチ、欲しかったのですが、まだ・まだ・・もう少し安くなって・・と、価格コムをチェックしつつ様子を見ておりました。

ここへ来て、価格もそろそろ横ばい、底近い? だいぶこなれて来て、しかも7月7日〜10月15日までメーカー(SONY)の一万円キャッシュバックキャンペーン中・・と来たもんだ(笑)。
(保証書・領収書のコピー・箱のバーコード部の切り抜きを送ると10,000円のキャッシュバックです。)

 「こりゃ もう 今 いっとくしかないでしょう・・」

 という「買ってし魔王」の囁きが・・。

α350のバッテリー(電池)NP-FM500H

インフォリチウム表示今回、バッテリー(正確にはリチャージャブルバッテリーパックと呼ぶらしい電池)はインフォリチウム電池(リチャージャブルバッテリーパックNP-FM500H)となり、カメラ本体の液晶モニターで、バッテリー残量を1%刻みで細かくわかるるようになっています。
(確かα100の電池もインフォリチウム電池でしたが精度が上がったのかも?)
バッテリー(電池)の外観はα100のバッテリー(NP-FM55H)と一見同じように見えますがケース中央にスリットが追加され、α100の電池(NP-FM55H)はα350に物理的に挿入出来ないように細工されており、使えません。

参考までα100の電池NP-FM55Hのケースを加工しα350にを挿入すると、本体は電池自体を識別するようで、純正電池を使用してくださいという旨のエラーメッセージが本体液晶画面に出て使えない・・と、ある掲示板に書かれておりました。

上位互換となり、逆、つまり、NP-FM500Hはα100にも問題なく使用出来ます。
よってSonyのαシリーズα100、α200、α300、α350、α700等APS-C規格の機種はすべて使えるという事になるのでしょうね。
参考まで充電器はα100で付属していたのものと共通、同じです。
NP-FM55H以外にHandycam、Cyber-shotに使用のNP-FM50の代替として使える様です。

10月に発売予定のフルサイズ機α900の電池(リチャージャブルバッテリーパック)もNP-FM500Hの様です。

 α100電池NP-FM55H α350電池NP-FM500H

NP-FM500H互換電池は発売されない?

私の場合、従来は、純正電池は結構高いので、予備電池は安い互換品を購入しておりましたが、今回インターネットで情報収集をしていて以下のような書き込みを見かけました。
「ROWAに問い合わせたらNP−FM500Hは特許を取得しているらしく、互換製品の製造が不可能であるという返事を受けました。」

[その後の情報追記(1)]
その後ROWAより1,680円でNP-FM500Hの互換電池が発売されております。特許の問題はクリアできたのでしょうかね。ROWAは3ヶ月保障だし、PL保険にも入っているので、予備に一本いっときますか・・懲りずに(笑)→参照

■適合機種ソニーデジタルカメラ
 α100/α200/α300/α350/α700/α900
■バッテリー残容量は“インフォリチウム”システム採用により、カメラ本体の液晶モニターで5段階のバッテリーアイコン表示に加え1%単位の精度で表示(本体対応機種のみ)
■電圧:7.2V  ■容量:11.8Wh(1650mAh) ■質量:約78g
/追記(1)おわり


今回私は純正予備電池もカメラと共に同時購入(購入価格6,700円)しましたが、α350は1回のフル充電で約730枚(ライブビュー使用時は約410枚)も撮れますので、通常は長期旅行などでも充電器を持ち歩けば、電池は付属の一個で事足りるのかも知れません。

能力自体は11.5Wh(NP-FM55H)から11.8Wh(NP-FM500H)とわずか0.3Whしか増えておりません、表向きはパワーアップ、主たる目的はコピー品対策って事なのでしょうかね?

NP-FM500H(リチャージャブルバッテリーパック)主な仕様
仕様電池:リチウムイオン蓄電池
最大電圧:DC8.4V
公称電圧:DC7.2V
容量:11.8Wh (1650mAh)
質量;約78g
製品パッケージ(表)スキャン画像

参考まで、これは以前オークションで入手したメーカー不明のNP-FM55H互換バッテリーの内部です。
バッテリーだけかと思いきや、電圧検出等のICが数石使われているようです。
 バッテリー(電池)内部

この種のコピー製品の使用は自己責任、最悪本体に影響を及ぼしたり、発火事故の心配、もしもの時のPL保険に入っているのかも不明、など結構リスキーな部分がありますし、寿命も値段相応です。
当方は試しに2つの出品者よりそれぞれ一つ買いましたが、2つとも1年程度(20回程度の充電)で使えなくなりました。
他のデジカメでも互換と称されるコピー品を何個か購入しましたが経験上この種のコピーものは殆ど一年未満で充電できなくなったりします。
私の運が悪いだけなのか?、懲りずに毎度安物買いのなんとやらです。

 おっとバッテリーのお話が長くなってしまいました(笑)

α350の外観

 α350 液晶のローアングルスタイル max130度
 α350-01

 α350 ハイアングルスタイルはこんな感じ max40度
 α350−02

α350の第一印象など

α350の外装はさすがに安っぽいですが、機能、使い勝手は第一作α100から比べると進化しておりまして、特にISO感度調整が単独ボタンになったのは結構頻繁にISOを変える私にはうれしい改良。
一日触ってみた感じでは良い感じです。
シャッター音も意外に良かったりする。(音も作り込んだ様です)

[バリアングル(可倒式液晶表示)をしばらく使ってみての感想追加]
ローアングル側は調整角度も広く画面も見やすく良いのですが、ハイアングル側、上から撮影しようとすると今の可変角度では非常に見辛いです。
真上にかざしての撮影では使い物になりません。
斜め前45度程度、しかも頭の上程度の高さを想定されて設計されているのでしょうね。(構造上の種々の制約でこうなったと言った方が良いでしょうか。)
あと、ハイアングルではお日様の下では全くと言って良いほど液晶画面は見えません。
当然ながら縦位置撮影でのロー・ハイアングル撮影について液晶は傾かないのでかなり使い辛いです。
コニカミノルタA200のような縦横対応バリアングルが理想的なのですが、一眼レフともなると制約も多く難しいのでしょうかね。

ハイアングル側での液晶の見辛さですが・・液晶はローアングル側に倒してカメラを180度ひっくり返して撮るってのもアリ?かも(笑)
 → α350を逆さまにしてハイアングル撮影

欠点を書きましたが、今のところ業界一であろう使えるライブビュー(AFスピード含め)+バリアングルは総じてとても使い勝手良く、今までのファイダーだけでの撮影に増して写真の幅(奥行き?)を広げてくれると思います。

今やデジタルカメラは人間の顔までも認識する誰が撮っても同じ写真が出来る至れり尽くせり何でもござれフルオートの時代、唯一我々撮る側に残された個性表現の一つはカメラアングル/フレーミングです。
カメラはファインダーをのぞいて撮影するもの、ファインダー以外は邪道と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、私はこの製品はなかなかよいところを捕らえていると思います。(追記おわり)


続きを読む>>

東京ディズニーランド三脚禁止の令

▶ in カメラ関連 posted 2008.08.04 Monday / 21:49

東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシー三脚禁止

東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーで2008年9月より一脚・三脚・ハードケース等の撮影機材について、園内への持ち込みを規制する事が決まったようです。
三脚での場所取りや、カメラのハードケースの子供との接触事故含め、他のお客様とのトラブル等「安全面」に関わるもの、また、撮影したものを無断でDVD化し販売するなど「営利目的の撮影」が規制の要因では?とネットでは書かれていたりしておりました。
DVD等営利目的にとどまらず、最近はだれでも簡単にYouTubeみたいな動画ストレージエリアや自身のブログに版権・著作権;肖像権等無視(確認許諾はおそらくはとっていないであろう。)で動画・静止画をアップされておりますし、昔から版権にかなり厳しいディズニーの事、安全面もそうですが、もしかすると後者の要因も結構含んでいるのかも知れません。

以下は公式ページでの案内
「ゲストの皆さまへ
東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーでは、皆様の安全を第一に考え、お手持ちの荷物を確認させていただいております。
9月1日より、安全のため一脚・三脚・ハードケース等の撮影機材については、パーク内への持ち込みをご遠慮いただくこととなりました。撮影の際、一脚・三脚等は使用できなくなりますのでご了承ください。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。」
花火や、夜景等の撮影、いくら手振れ防止機能付いたカメラでも曇りの日とかでは低感度で絞り込むと三脚無しでは非常に辛いですよね。

京都のお寺等でも三脚禁止のところも

インターネット検索で調べてみたのですが、京都や鎌倉等のお寺等でもかなり三脚禁止としているところが増えて来ているようです。

結構興味深い内容でしたのでリンク掲載→真如堂の紅葉

私の住む宮崎県でもさにあらず、三脚禁止の祭りが・・

私の住む宮崎県でも数年前より三脚禁止となったった祭りがあります。
7月に、美郷町西郷区では御田祭という田の中を馬が勇壮に走りまわったりする、お田植え祭り(神事含む)があります。
写真愛好家にとって被写体として非常に魅力的な祭りで、九州内はもちろんの事、関西方面からも撮影ツアーのバスまで来る位の有名な祭りとなりました。
近年、撮影田の周りは夜の明けた頃から写真愛好家の三脚の場所取りで取り囲まれ入る隙なし、地元の方も立ち並ぶ三脚の隙間から見ているような状況でして、お田植え祭りという神事・祭り本来の意味が失われつつあり、また他の観客の方からもクレームが入ったのでしょう、ついに昨年三脚の使用禁止になったと思います。
個人的には昼間のこういう明るい屋外での祭りではたして三脚使う必要あるのかなぁ?という気もしてましたが・・。
高千穂の夜神楽等でも三脚・一脚を禁止しているところがあるようです。
数年前に訪れた西都市の銀鏡神楽は、主催者-写真愛好家間で話合いを行い、三脚を許可するエリアを設けたりしてお互い共存という姿を見出しておりました。(今現在の状況は当方は確認しておりません。)

写真愛好家の皆様が地元の方や、周りの方等へ気を配って、撮らせてもらっていただいているという謙虚な気持ち・姿勢でいれば、そうそう問題にもならないような気もするのですが、中には「この人、頭おかしいんじゃないの?」と思うような写真愛好家も時々見かけるのは事実ですし、これに至るには見えないところでいろいろあったのだろうと察します。

お互い周りに気を配り、「写真撮影禁止」という、最悪の事態だけは避けたいものですね。


続きを読む>>

Photo Miyazakiメインページへ戻る

宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

PAGE TOP