カチガラス(カササギ)

▶ in - posted 2007.01.20 Saturday / 01:04

佐賀県にはカチガラスという珍しい鳥がいる。

田園地帯を歩いていると何処かしらでギャー、ギャー、と鳴いている。

 カチガラス

カチガラスは佐賀地方での呼び名であり、正式には「カササギ」と名前の鳥とか。

日本のカチガラス(カササギ)は豊臣秀吉の朝鮮出兵時代に佐賀藩主鍋島直茂が朝鮮半島から持ち帰った外来種だそうで、日本では佐賀県南部の佐賀平野と福岡県中西部の筑後平野を中心に生息、長崎県・熊本県・大分県の一部地域でも少数が生息しているとの事。

カチガラス(カササギ)

カチガラス(カササギ)は佐賀県の県鳥に指定され、国の天然記念物として保護されている。
現在、佐賀県内で15,000羽程度生息するとか。

朝鮮半島では、カチガラス(カササギ)は七夕伝説における織姫と彦星の間をつなぐ掛け橋の役を担う鳥として、親しまれ、大韓民国では国鳥、首都のソウル特別市をはじめとする多くの都市が市の鳥に指定されている。
日本では珍しいこのカチガラス(カササギ)ですが、北半球に広く分布する良く知られた鳥らしい。

 カチガラス(カササギ)

 カチガラス(カササギ)


続きを読む>>

クイックシュー

▶ in カメラ関連 posted 2007.01.19 Friday / 21:18

マグネシウム製のクイックシューを昨年ゲットしたので報告をば。

クイックシューって? 初耳、そりはなんじゃ? 
と思われる方に解説をば・・。

簡単に言えば、三脚とカメラの取り付け取り外しがワンタッチで出切るアタッチメントです。
カメラ一台だとそれほど三脚への脱着も不便はありませんが、数台をとっかえひっかえ三脚に取り付け撮影する際にネジによる脱装は結構苦になりますし、時間がかかる。ここ一番の時に撮り逃がさない為にもこれは必要なアイテムです。

 kn_03.jpg

クイックシューはとても重宝します。

三脚の雲台(カメラをセットする部分の事です)にベースを万年装着してきます。
それぞれのカメラにクイックシューを装着しておきます。
そうすれば、毎回三脚の雲台にカメラをあてがってネジを締める事もなく劇的にワンタッチでカメラをとっかえひっかえ三脚に脱着できるのです。

以下に装着等の画像をば

雲台にベースを装着します。(水準器ついてます)

 ベルボンクイックシュー_csl_01.jpg ベルボンクイックシュー_csl_02.jpg

横からみた感じ/クイックシューに取り外し可能な締め工具が内臓されてますのでこれを使ってカメラにクイックシューを装着。

 ベルボンクイックシュー_csl_03.jpg ベルボンクイックシュー_csl_03a.jpg

クイックシューを装着したカメラを、クイックシューベースの装着された三脚へ取り付けます。
まず片側をあてがい、あとはカメラをベース押し付ければレバーが動きワンタッチでガッチリカメラは固定されます。
スキー板のビンディングのようなものです。
(当然ながらこれはいくら力を入れても外れませんが・・)
取り外す時はレバーを元に戻せば浮き上がり簡単に外れます。

 ベルボンクイックシュー_csl_04.jpg ベルボンクイックシュー_csl_05.jpg
 ベルボンクイックシュー_csl_05a.jpg ベルボンクイックシュー_csl_06.jpg
 ベルボンクイックシュー_csl_08.jpg ベルボンクイックシュー_csl_09.jpg 


続きを読む>>

Photo Miyazakiメインページへ戻る

宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

PAGE TOP